AQUOS wishとarrows Weを比較!どちらがおすすめ?

AQUOS wishが2021年1月14日に発売されました。

購入を検討してる人もいるかもしれませんね。

AQUOS wishと一緒に検討されやすいのは2021年12月3日に発売されているarrows Weです。

スマペン

AQUOS wishとarrows Weは本体サイズとスペックが似た機種だよね。

『どちらにしょうか?』

と、なかなか決めれなくなっていませんか?

この記事では、AQUOS wishとarrows Weを比較して違いを解説していきます。

AQUOS wishとarrows Weを取り扱っているのは?

AQUOS wishとarrows Weを取り扱っているところと本体価格は以下の通り。

docomoは、AQUOS wishの取り扱いがありません。

AQUOS wisharrows We
docomo21450円
au26180円26180円
UQモバイル26180円26180円
Softbank33120円27360円
Y!mobile31680円
楽天モバイル29800円

AQUOS wishとarrows Weの両機種を取り扱っているのが

  • au
  • UQモバイル
  • Softbank

の3社です。

SoftbankのAQUOS wishは法人向けでの販売ですが個人での購入ができます。

⇒docomo公式サイトはこちら

⇒au公式サイトはこちら

⇒UQモバイル公式サイトこちら

⇒Softbank公式サイトはこちら

⇒Y!mobile公式サイトはこちら

⇒楽天モバイル公式サイトはこちら

AQUOS wishとarrows Weのスペック詳細

AQUOS wisharrows We
147×71×8.9mm本体サイズ147×71×9.4mm
162g重さ172g
オリーブグリーン
アイボリー
チャコール
ボディカラーホワイト
ネイビー
パープル
レッド
ブラック
ローズゴールド
ターコイズ
Android 11OSAndroid 11
Snapdragon 480 5GCPUSnapdragon 480 5G
5.7インチ
HD+ 1520×720
TFT液晶
ディスプレイ5.7インチ
HD+ 1520×720
TFT液晶
メインカメラ:1300万画素メインカメラメイン:1310万画素
マクロ:190万画素
800万画素インカメラ500万画素
64GB 内部ストレージ64GB
4GB内部メモリ4GB
microSDXC 最大1TB外部ストレージmicroSDXC 最大1TB
3730mAhバッテリー容量4000mAh
USB Type-CUSBポートUSB Type-C
指紋認証(側面)認証機能指紋認証(背面)
nanoSIM+eSIMSIMサイズnanoSIM
IPX5/IPX7/IP6X防水/防塵IPX5/IPX8/IP6X
対応おサイフケータイ対応
本体価格はau公式オンラインショップの価格です

AQUOS wishとarrows Weは

  • 本体サイズ/重さ
  • ボディカラー
  • カメラ
  • バッテリー容量
  • 指紋認証
  • SIM
  • 防水/防塵

7つの違いがあります。

本体サイズはほぼ同じ

AQUOS wisharrows We
本体サイズ147×71×8.9mm147×71×9.4mm
重さ162g172g

本体サイズは、幅が0.5mmほどAQUOS wishのほうが薄いですが高さや幅は同じ。

重さは、AQUOS wish10g軽くなっています。

持っても違いを感じることはほぼないでしょう。

AQUOS wishのボディには、再生プラスチック材が35%使用されていて環境に配慮された機種です。

ボディカラーはAQUOS wishは3色だけどarrows Weはラインアップに違いがある

各社の取り扱いカラーは以下の通り。

AQUOS wisharrows We
docomoネイビー
ホワイト
パープル
レッド
auオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
ローズゴールド
ホワイト
ブラック
UQモバイルオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
ローズゴールド
ホワイト
ブラック
Softbankチャコールターコイズ
ブラック
ホワイト
Y!mobileオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
楽天モバイルオリーブグリーン
アイボリー
チャコール

AQUOS wishは、3色のラインナップでSoftbankだけチャコール1色の取り扱いです。

arrows Weは、取り扱い先でラインナップが違います。

4社共通するカラーはホワイト、auとUQモバイル、Softbankの3社共通するのがブラックです。

各社オリジナルのカラーが

  • docomo:ネイビー
  • au/UQモバイル:ローズゴールド
  • Softbank:ターコイズ

になります。

さらに、docomoのレッドは、docomoオンライショップ限定のカラーになります。

ボディカラーも決め手の一つになりそうですね。

カメラ

AQUOS wisharrows We
メインカメラ1300万画素1310万画素
マイクロカメラ190万画素
AQUOS wisharrows We
インカメラ800万画素500万画素

AQUOS wishがシングルカメラ、arrows Weがデュアルカメラを搭載しています。

インカメラはともにシングルカメラです。

その他の違い

その他に

  • バッテリー容量
  • 指紋センサーの位置
  • SIM
  • 防水/防塵

に違いがあります。

AQUOS wisharrows We
バッテリー容量3730mAh4000mAh
指紋センサーの位置側面背面
SIMnanoSIM+eSIMnanoSIM
防水/防塵IPX5/IPX7/IP6XIPX5/IPX8/IP6X

どちらの機種も指紋認証と認証機能は同じですが指紋センサーの位置に違いあります。

  • AQUOS wish⇒側面
  • arrows We⇒背面

に設置されています。

個人的には側面に指紋センサーがあったほうが使いやすいのかなと思います。

これに関しては、人それぞれですね。

AQUOS wishは、eSIMに対応しています。

取り扱っている4社すべてeSIMで使えます。

どちらの機種も防水/防塵に優れています。

防水に優れているのは本体を洗えてお風呂の中で使えるがarrows Weです。

また、どちらもMIL規格をクリアしていて耐衝撃性に優れています。

どちらの機種も安心して使えますね。

AQUOS wishとarrows Weを比較!まとめ

AQUOS wishとarrows Weを比較を比較しました。

AQUOS wishは、環境に配慮された今までにないスマホです。

性能では大きな差はありませんし、価格もauとUQモバイルは、同じですからね。

迷ってる人もいるはずです。

選ぶ決め手になりそうなのは

  • 環境に配慮された取り組み
  • ボディカラーのラインナップ
  • カメラ
  • 指紋センサーの位置
  • SIM

などといったところでしょうか。

なかなか決めれない人は料金プランを含めて検討してみるのがいいですよ。

個人的にはY!mobileでAQUOS wishを使いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください