arrows Weのスペックと特徴を評価レビュー!シニアと子どもにおすすめの機能を搭載!

arrows Weのスペックと特徴を評価レビュー!シニアと子どもにおすすめの機能を搭載!

FCNTから12月3日にarrows Weが発売!

2万円台で購入できるエントリーモデルです。

arrows Weはこんな機種
  • エントリーモデル
  • 5.7インチのコンパクトサイズ
  • デュアルカメラを搭載

この記事では、arrows Weのスペックと特徴を評価レビューしていきます。

また、arrows Weをどこが取り扱っていてお得に購入できるのか紹介していきます。

arrows Weを取り扱っているのは?

arrows Weを取り扱っているのは

  • docomo
  • au
  • Softbank
  • UQモバイル

の4社。

本体価格と実質負担額は以下の通り。

キャリア本体価格キャンペーン実質負担額
docomo21450円5G WELCOME割MNP 4950円
au26180円スマホトクするプログラム22001円
Softbank27360円新トクするサポート13680円
UQモバイル26180円新規規約 15180円
MNP 4180円

4社の中で最安値は、UQモバイルの4180円。

ドコモでは、5G WELCOME割の対象機種です。

MNPなら4950円とUQモバイルについで安くなっています。

新規契約の場合は割引はありませんが、購入時に利用者が15歳以下であれば5G WELCOME割が適用されて11000ポイントがもらえます。

新規契約では、条件次第で実質負担額が10450円のドコモが最安値になります。

どこでで購入するかは初期費用や料金プランなどトータルでいくらになるのかで選ばないといけません。

各社、料金シュミレーションが用意されているので比較検討してみてください。

個人的にはドコモオンライショップでの購入がおすすめです。

⇒ドコモオンライショップはこちら

⇒auオンラインショップはこちら

⇒UQモバイル公式サイトはこちら

arrows Weのスペック詳細

arrows We
本体サイズ147×71×9.4mm
質量172g
ボディカラーターコイズ
ブラック
ホワイト
ネイビー
パープル
レッド
ローズゴールド
対応OSAndroid11
CPUSnapdragon 480 5G 
5G対応
内部ストレージ64GB
RAM4GB
外部ストレージmicroSDXC 最大1TB対応
バッテリー4000mAh
ディスプレイ5.7インチ
TFT液晶
720×1520 HD+
アウトカメラデュアルカメラ
1310万画素
190万画素
インカメラ500万画素
SIMカードサイズ/スロットnano SIM
eSIM
認証機能指紋認証:対応
顔認証:非対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IPX5/IPX8/IP6X
イヤホンジャック対応
おサイフケータイ対応
付属品クイックスタートガイド

arrows Weは5Gに対応したエントリーモデル

Snapdragon 480 5Gを搭載したエントリーモデルです。

RAMは4GBで容量とちょっと少なめ。

Snapdragon 480 5Gは、数年前の400番代の性能と比べて格段にアップしています。

メールやweb検索、SNSなどの普段使いなら問題なく利用できます。

しかし、ゲームをプレイするには向いていません。

ゲームをよくプレイするのであれば、性能の良い機種を検討したほうが良いでしょう。

内部ストレージは、64GBの容量です。

よくあるエントリーモデルの容量で普段使いであれば十分です。

いろいろなアプリや写真、動画などをよく保存する場合は物足りない容量と感じてしまいます。

そのような人は、外部ストレージを利用するのがおすすめです。

最大で1TBに対応しているので容量不足に困ることはまずないでしょう。

カラーバリエーションはキャリアで違いあり

引用元:FCNT

3社に共通するカラーがホワイト。

ブラックは、auとSoftbankの2社で共通しています。

各キャリアのカラーバリーエーションは以下のとおりです。

docomoau/UQモバイルSoftbank
ネイビーローズゴールドターコイズ
ホワイトホワイトホワイト
パープルブラックブラック
レッド

docomoのみカラーバリーエーションが4色あります。

レッドは、オンライン限定色です。

コンパクトサイズで画面割れに強い

引用元:FCNT

スマホ本体の厚みはあるものの小さめで持ちやすいサイズになっています。

ディスプレイサイズは、5.7インチで水滴型ノッチを採用。

同じ時期に発売されたAQUOS wishと同じような本体サイズですね。

 arrowsシリーズは、頑丈な作りなのが特徴の1つです。

もちろんarrows Weも発売されているarrowsシリーズと同様に衝撃に強くて画面が割れにくくなっています。

独自の落下試験をおこなっていて、高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させる試験をクリアしています。

指紋センサーは背面にあります。

使いやすさはひとそれぞれだと思いますが。個人的には背面よりも側面にあったほうが使いやすいかなと。

デュアルカメラを搭載

引用元:FCNT

アウトカメラは、デュアルカメラを搭載。

アウトカメラ画素数
メインカメラ(広角)1310万画素
マクロカメラ190万画素

インカメラは、シングルカメラ。

インカメラ画素数
500万画素

カメラの機能は以下のとおり。

カメラの機能
ポートレートモード背景をぼかした写真が簡単に撮れます。
ぼかし具合は、調整が可能。
Adobe Photoshop Express モード写真を自動補正します。
あとから調整ができて写真に不要なものは、編集で消すこともできます。
自動シーン認識自動で人物、夜景、逆光/HDRとして認識。
簡単にきれいな写真が撮れます。
スマートセルフィーロック中でも素早く起動できます。
指紋センサーの長押しで写真が撮れます。
Live Auto Zoomカメラ自らが被写体を追い、なめらかにズームで写真を取ります。

カメラの性能は高くないですが、簡単に写真が撮れる機能があります。

こだわりが無ければ十分ではないでしょうか。

ハンドソープで丸洗いできて除菌シートもOK!

ハンドソープで丸洗いOK。

アルコール除菌シートでも拭くことができます。

arrows Weをきれいな状態で保てます。

また、お風呂でも使うことができます。

子供とシニアにあんしんに独自機能

arrows Weは、

  • 公益財団法人防犯協会連合会
  • 公益財団法人全国子ども会連合会

上記の連合会に推奨認定された安心で安全に使えるスマホです。

安心、安全に使える機能が以下のとおりです。

シニアに安心の機能
  • 迷惑電話対策
  • 還付金詐欺対策
  • フィッシング詐欺警告
子どもに安心の機能
  • ジュニアモード
  • 緊急時ブザー
  • イミテーションコール

その他に初めてスマホを使う人に便利な

  • シンプルモード
  • ウィジット配置
  • 読みやすいフォント
  • かんたん電話/かんたん電話帳
  • かんたんキーボード

など、スマホを使いやすくする機能が搭載されています。

arrows Weがおすすめな人は?

arrows Weがおすすめな人
  • スマホデビューの人
  • 使いやすさ重視のシニア
  • 子ども
  • コスパを重視してる人

安心できて便利な機能がいろいろと搭載されているのでスマホデビューの人や使いやすさを重視するシニアにおすすめです。

搭載されている機能は、簡単な操作なので使いこなせないということもないでしょう。

子どもには、見守るために持たせるという使い方ができます。

小学生、中学生、高校生と年代に合わせて設定の変更もできるので子供の不満が少なくなります。

また、落とすことも多いでしょうから頑丈なのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください