moto e7のスペックを評価レビュー!最安値で乗り換えできるのは?

2021年2月26日にMOTOROLAからmoto e7が発売!

同じ日には、moto e7 powerも発売されています。

moto e7は、エントリーモデルでスペックが低めですが1万円台と購入しやすい価格になっています。

2台目のスマホやコスパを抑えたい人におすすめの機種です。

moto e7はこんな機種
  • エントリーモデル
  • 6.5インチの大画面
  • デュアルカメラ

格安SIMとセットでmoto e7を取り扱っているMVNOは?

moto e7を取り扱っているMVNOは、2022年5月1日現在では7社あります。

発売されてから1年以上経つので在庫切れのMVNOがでてきてますね。

IIJmioでは在庫切れで入荷未定、mineoでは入荷待ちになっていてこのまま販売終了になりそうな感じです。

上記のMVNO以外には、amazonなどのECサイトや家電量販でmoto e7を購入することができます。

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥17,800 (2022/05/27 19:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

moto e7はSIMフリーモデルですが楽天モバイルのRakuten UN-LIMITには対応していません。

MNPでお得にmoto e7を購入できるMVNOは?

IIJmio(みおふぉん)

MOTOROLA公式オンラインストアの販売価格は、18800円(税込)です。

Motorola公式オンラインサイトはmoto e7の販売終了しています。

MVNO本体価格音声通話SIM月額料金
IIJmio(みおふぉん)17050円850円/2ギガプラン〜
mineo16104円1298円/1GBプラン〜
BIGLOBEモバイル18691円1078円/プランS〜
イオンモバイル18480円803円/0.5GBプラン〜
NifMo19580円1760円/3GBプラン〜
QTモバイル18480円880円/2GBプラン〜
LIBMO18480円980円/3GBプラン〜
MVNO名をタップすると公式サイトが表示されます

7社の中で通常本体価格の最安値は、mineoです。

ついで、IIJmioですが、2社とも在庫切れになっています。

IIJmioは、MNP限定特価の対象機種なので在庫切れなのは残念です。

上記2社を除くと

  • イオンモバイル
  • QTモバイル
  • LIBMO

の3社が最安値になります。

どのMVNOを選べばいいのか?

3社の中では一番認知度は低いですが、LIBMOがおすすめ。

moto e7はmエントリーモデルやスマホ初心者や2台目として使う人におすすめの機種です。

これらの人に最適な3GBプランを比較したときに一番お得なのがLIBMOなのです。

今なら3300円の事務手数料が0円なのでトータルコストを抑えることができます。

詳しくは以下からチェックできます。

⇒LIBMO公式サイトはこちらから

moto e7のスペック詳細

moto e7
本体サイズ164.93×75.73×8.89mm
質量180g
ボディカラーミネラルグレイ
サテンコーラル
対応OSAndroid 10
CPUMediaTek Helio G25
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM:64GB/RAM:4GB
外部ストレージ最大512GBに対応
バッテリー4000mAh
ディスプレイ6.5インチ
1600×720 HD+
IPS液晶
アウトカメラ4800万画素+200万画素
インカメラ800万画素
認証機能指紋認証
インターフェースUSB Type-C
SIMnano-SIM
DSDV
付属品チャージャー
USB Type-C ケーブル
ヘッドセット
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(法令/安全/規制)

motoディスプレイとmotoアクション

MOTOROLAの便利機能といえばmotoディスプレイとmotoアクション。

moto e7は、対応している機能と対応していない機能があります。

motoディスプレイ
親切ディスプレイ未対応
ピークディスプレイ未対応

motoアクション
カメラ起動対応
LEDライト点灯対応
持ち上げてロック解除対応
ワンボタンナビ未対応
片手操作切替未対応
持ち上げて着信音停止対応
伏せて置いて無音化未対応
メディアコントロール未対応
3本でスクリーンショット対応
スクリーンショットエディター未対応

ゲーム性能を重視したCPUだが性能は低め

CPUは、ゲーム性能を重視したMedia Tek Helio G25を搭載。

ゲーム性能を重視しているものの3Dゲームをプレイするのには向いていません。

エントリーモデルに搭載するぐらいなのであまり期待しないほうがいいかも。

普段遣いは問題なく使えるレベル。

性能よりもコスパを重視する人向けの機種です。

内部メモリは、ROM:64GB/RAM:4GBとミドルレンジモデル並の容量。

外部ストレージは、最大で512GBに対応してるので容量不足で困ることはないでしょう。

本体サイズとディスプレイサイズは大きめ 2色のカラーバリエション

  • 本体サイズ:164.93×75.73×8.89mm/180g
  • ディスプレイサイズ:6.5インチ

本体サイズは大きめで片手で操作は厳しいです。

操作性を重視する場合は、スマホリングなどのアクセサリーが必要です。

あなたにおすすめの関連記事

カラーは

  • ミネラルグレイ
  • サテンコーラル

の2色。

デュアルカメラを搭載 エントリーモデルだけど機能はそれなりに充実

デュアルカメラを搭載。

  • メインカメラ:4800万画素
  • マクロカメラ:200万画素

のカメラ構成です。

光の感度が4倍するクアッドピクセルテクノロジーを採用。

ナイトビジョンモードは、暗い場所でも明るい写真が撮れます。

上記以外に

  • ポートレートモード
  • ビューティーモード
  • HDR
  • マクロビジョン
  • マニュアルモード
  • Google レンズ™

などの機能を搭載。

エントリーモデルのわりにカメラの性能は、充実しています。

インカメラは、800万画素のシングルカメラ。

  • ポートレートモード
  • ビューティーモード
  • マニュアルモード
  • HDR

などの機能を搭載しています。

moto e7のスペックを評価レビューまとめ

moto e7のスペックは、エントリーモデルなのでスペックは低めです。

2台目として使うにはいいかもしれませんがスマホに慣れた人がメインでは使うにはかなり物足りないですね。

発売から1年以上経っているのでお得に購入できるIIJmioとmineoでは在庫切れになってます。

スペックはなんでもいいから安いスマホが欲しい!

そんな人は、moto e7 powerを検討してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください