日本通信SIM合理的20GBプランを解説!使い方次第では最強のプラン!

日本通信から2020年12月10日にスタートしたのが合理的20GBプランです。

開始当初は、データ量が16GBでの提供でしたが2021年2月18日には利用料金はそのままで20GBに容量がアップ。

 

かなり気になるプランだったので

BIGLOBEモバイル⇒日本通信

にMNP(乗り換え)ました!

 

申込みから2日ほどでsimが到着です。

特に急いでいたわけではありませんが素早い対応していただくと気持ちいいですね。

⇒日本通信合理的20GBプランをいますぐチェックする!!

 

この記事では、合理的20GBプランについて解説していきます。

 

日本通信sim 合理的20GBプランとは?

 

 

合理的20GBプランは月額2178円で

  • データ容量20GB
  • 70分無料通話

が含まれたプランです。

 

日本通信の合理的20GBプランは、月額2178円で20GBデータ量は魅力の一つです。

これだけのデータ量なら気にする必要がありません。

さらに、2178円の中には無料通話70分が含まれています。70分あれば十分というかも多いのでは。

 

今回、BIGLOBEモバイル⇒日本通信にMNP(乗り換え)した決め手は、20GBデータ量よりも70分の無料通話付きというのが大きな理由です。

5分かけ放題よりも無料通話70分のほうが使い勝手いいですからね。

 

合理的20GBプランはこんな方におすすめ!
  • データ量は20GBあれば十分
  • 通話はするが通話オプションをつけるほどではない

上記のような方ならデータ量も通話料も気にすることなく使えるプランです。

 

月額2181円!!
 

合理的20GBプランの料金

 

合理的20GBの毎月のトータルの支払額は2181円(税込)です。

基本料金以外にユニバーサル料がかかります。

内訳金額
基本料金2178円
ユニバーサル料(2021年1月〜6月)3円

ユニバーサル料の詳細はコチラから確認できます。

 

基本料金とユニバーサル料以外に

  • データ量を追加した
  • SMSを送信
  • 70分以上の通話

を利用した場合に別途で料金が発生します。

料金
データ量追加(上限30GB)275円/1GB
SMS送信料(SMSの受信は無料)3円〜/文字数で金額がかわります
70分を超えた通話料11円/30秒

SMS送信料の詳細料金はコチラから確認できます。

 

契約してまだ2ヶ月ほどですが今のところ月々の支払金額は2181円(税込)です。

前に比べて1200円ほど支払額が減りました。

 

月額2181円で20GB/70分無料通話付
 

 

初期費用と解約金はいくらかかる?

 

初期費用は、3300円(税込)。

新規、MNPともに初期費用は必ずかかります。

 

初期費用以外に、かかるのはMNP転出手数料です。

docomo、au、Softbankの3キャリアは、2021年4月からMNP転出手数料が無料になります。

MVNOに関しては各社対応が違います。

詳しくは、転出先の各キャリアや各MVNOでご確認ください。

 

解約するときに解約金や違約金などお金はかかりません。

また、最低使用期間はありません。

いつでも解約金や違約金がかからずに解約することができます。

解約金や最低使用期間がないのは安心して契約できる要素の一つですね。

 

 

基本料金の日割りはない 利用開始日が月初め

 

日本通信は、利用開始日が月初めになるため基本料金の日割りがありません。

 

例えば、1/10から利用開始した場合は

日本通信

  • 1/10が月初め
  • 1/10〜2/9で1ヶ月分の利用料金が発生
  • 以降、10日〜9日がひと月の利用期間

 

他社

  • 1/10〜1/31は基本料金が無料もしくは日割り
  • 2/1が月初め
  • 2/1〜2/28で1ヶ月分の利用料金が発生
  • 以降、1日〜末日がひと月の利用期間

 

 

日本通信の決済スジュールは

  • 初期費用は契約した月に請求⇒翌月の支払い(カード会社の決済日)
  • 使用料金は翌月に請求⇒翌々月の支払い(カード会社の決済日)

 

 

支払い方法はクレジットカードのみになります。

デビットカードや口座振替、コンビニ払いには対応していません。

 

合理的20GBプランはどこの回線を使っているの?

 

 

合理的20GBプランはドコモ回線を使用しています。

エリアはドコモと同じなので全国で使えます。

 

  • LTE(PREMIUM 4G)
  • LTE
  • LTE(800MHz)
  • FOMA(3G)

のエリアに対応しています。

 

 

19:00ごろに3回ほど速度を計測してみました。

スマホは、OPPO reno3Aです。

 

使っていて特に遅いなと感じることがない理由が速度を計測してわかした。

これだけ快適な速度がでてれば遅いと感じることもないですよね。

 

速度に関して気になるのは『ユーザーが増えてきたら遅くなるのではないか』と言われていることです。

こればかりは増えてみないとわかりません。

 

まぁ、2021年3月13日現在では快適に使えているということです。

 

データ容量は20GB!使いきれなかったデータ量は繰越できる?

 

 

合理的20GBプランは、プラン名にもあるようにデータ容量は20GB。

 

月間のデータ容量が7GBあれば約8割のユーザーが足りると言うデータがあります。

なので20GBもあると使いきれない方もでてきます。

実際使ってみると普段遣いでは、20GBを使いるのはかなり大変ですよ。

 

ここで気になるのは、

『使い切れなかったデータ容量は繰越できるのか?』

です。

日本通信ではデータ容量の繰越はできません。

 

20GBのデータ容量を使い切った場合は?

 

20GBのデータ容量を使い切った場合は

  • データ量を追加する
  • 速度制限がかかったまま使う

のどちらかの選択になります。

 

1GB/275円(税込)でデータ量の追加ができます。

データ量を追加することで上限を30GBまで変更可能。(実質、追加できるデータ容量は10GBです)

データ容量の上限はマイページで変更できます。

 

20GBを使い切ったあとデータ量を追加しないと速度制限がかかって低速通信になります。

低速通信の速度は公開されていませんがメールなどのテキストであれば使える程度となっています。

 

 

通話70分まで無料!通話アプリは不要

 

 

合理的20GBプランには、70分の無料通話がついています。

他社とは、違って通話アプリは不要。

毎日つかっていますが通話品質が悪いと感じることはありません。

 

70分を超えた通話料は30秒/11円でdocomoと比べると半額です。

通話料が30秒/11円のところもありますがその場合は、専用の通話アプリを利用しなければいけません。

専用のアプリを利用しない場合は通常の通話料金になってしまいます。

 

 

日本通信合理的20GBプランを他社と比較

 

 

日本通信とキャリア、独立系MVNO2社のデータ容量20GBのプランを比較していきます。

プラン名月額料金データ容量通話定額5G
日本通信合理的20GBプラン2178円20GB11円/30秒
70分無料通話付
非対応
docomoahamo2970円20GB22円/30秒
5分以内かけ放題無料
対応
無料
aupovo2728円20GB22円/30秒
5分以内かけ放題
550円/月
対応
無料
SoftbankLINEMO2728円20GB22円/30秒
5分以内かけ放題
550円/月
対応
無料
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI2178円3GB〜20GB22円/30秒
専用アプリ利用
無料
対応
無料
IIJmio(みおふぉん)20ギガプラン2068円20GB22円/30秒
10分以内かけ放題
913円/月
対応
無料
mineoマイピタ2178円20GB22円/30秒
10分以内かけ放題
935円/月
対応
220円/月

 

各社データ量は追加できる

 

各社20GBを使い切った場合はデータ量を追加できます。

1GBあたり
合理的20GBプラン275円
ahamo550円
povo550円
LINEMO550円
Rakuten UN-LIMIT VI20GB〜 3278円/月額料金
20ギガプラン220円
マイピタ

*Rakuten UN-LIMIT VIは、使ったデータ量によって月額料金が変動するプランです。

 

毎月20GB以上使ってしまう場合は、楽天モバイルもしくは、docomoやau、Softbankの大容量プランを検討することも考えたほうが良いです。

 

無料通話が含まれているのは合理的20GBプランとahamo

 

基本料金に通話が含まれているのは、

  • 合理的20GBプラン
  • ahamo

の2プランです。

楽天モバイルは専用通話アプリRakuten Linkを利用すれば無料です。

 

ahamoかpovo、LINEMOはかけ放題オプションが用意されています。

ahamopovoLINEMO
かけ放題金額1100円1650円1650円

 

 

合理的20GBプランは5Gに非対応

 

5Gが非対応なのは合理的20GBプランだけです。

mineoは、対応していますが月額220円かかります。

4キャリアとIIJmioは無料できます。

 

どうしても5G対応が必要な場合は、無料で対応している5社のなかでもahamoかpovo、LINEMOを選択するのが無難かと思います。

 

日本通信 合理的20GBプランの申し込み手続きは簡単

 

 

合理的20GBプランの手続方法です。

事前に用意するもの

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • キャリアメール以外のメールアドレス
  • MNP予約番号(電話番語を引く次ぐ場合)

 

乗り換えの場合は4点、新規の場合はMNP予約番号を除く3点が必要です。

 

キャリアメール以外のメールアドレスとは、Gmailやyahooメールなどになります。

メールアドレスがない方はどちらかのメールアドレスを作成してください
↓↓

⇒Gmail作成はコチラから

⇒yahooメール作成はコチラから

 

申込方法は動画でご確認ください。

申し込み手続きは簡単!
 

日本通信のサポートのメインはメールかチャット

 

日本通信のサポートは、問い合わせメール・チャット・電話で対応。

申し込み検討中の方も問い合わせ可能です。

 

わからないことがあったので問い合わせメールで質問したところ2日ほどで回答がありました。

通常は、2〜3日以内には回答があるようです。

 

問い合わせをするときの注意点は、お問合せフォームのページによくある質問が記載されているのでまずはそちらを確認しましょう。

 

通常の電話サポートは、諸事情により休止中(お察し下さい)です。

電話予約フォームから予約をすれば指定した日時に電話をくださるそうです。

 

日本通信SIM合理的20GBプランを解説!使い方次第では最強のプラン!まとめ

 

合理的20GBプランについて解説しました。

  • データ量は20GBあれば十分
  • 通話はするが通話オプションをつけるほどではない

このような方には、おすすめのプランです。

 

BIGLOBEモバイル6GBプランを使っていたときはWi-Fiにつなげてデータ量を節約しながら使っていました。

合理的20GBプランにMNP(乗り換え)してからはデータ通信につないだまま。

どれだけデータ量を使ったのかまったく気にする必要がなくなりました。

月額2181円でデータ通信と通話ともに快適に利用できています!

 

月額2181円で20GB/70分無料通話付
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください