moto g13のスペックを評価レビュー!どんな人に向いている?

moto g13のスペックを評価レビュー!どんな人に向いている?

2023年4月21日にmoto g13が発売!

moto gファミリーのメインは、ミドルエンジモデルですが今回発売されたmoto g13は、エントリーモデルになります。

性能は、ミドルレンジモデルに近いものの全体的に見るとやっぱりエントリーモデルといった感じ。

では、moto g13はどんな人に向いているのか?

この記事では、

  • スペックの評価レビュー
  • 安く購入する方法
  • どんな人に向いているのか

を紹介していきます。

moto g13を安く購入できるのは?

moto g13は、モトローラ公式オンラインストア以外に

  • 家電量販店
  • MVNO
  • AmazonなどのECサイト

で購入できます。

モトローラ公式オンラインストアの本体価格は22800円。

家電量販店やAmazonなどのECサイトでの価格はモトローラ公式オンラインストアとほぼ同じ価格。

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥20,000 (2024/06/18 21:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

一番お得に購入できるのは、SIMとセットが条件になりますがMVNOです。

⇒moto g13はどんな人におすすめ?

moto g13を取り扱っているMVNOと本体価格は?

moto g13を取り扱っているMVNOと通常本体価格は以下の通り。

MVNO本体価格
IIJmio(みおふぉん)19800円
イオンモバイル20680円
NifMo21120円
QTモバイル22704円
HISモバイル21800円

5社ともモトローラ公式オンラインストアより安く販売されています。

その中での最安値は、IIJmio(みおふぉん)の19800円。

IIJmio(みおふぉん)では、さらにmoto g13を安く買えるキャンペーンが開催中。

⇒IIJmio(みおふぉん)公式サイトでmoto g13を購入する

moto g13を安く買うならIIJmio(みおふぉん)がおすすめ!

moto g13は、お得なMNP限定特価の対象機種です。

他社からの乗り換えでギガプランとセットなら2023年7月31日までの期間限定で

19800円⇒1980円で購入できます。

さらに、期間限定で初期費用の3300円が

3300円⇒1650円の半額!

こちらの期間も2023年8月31日まで。

⇒IIJmio(みおふぉん)公式サイトで初期費用半額でmoto g13を購入する

moto g13のスペック詳細

moto g13
公式オンラインストア価格22800円
本体サイズ162.7x 74.66×8.19mm
質量184g
ボディカラーマットチャコール
ラベンダーブルー
対応OSAndroid 13
CPUMediaTek Helio G85
5G非対応
内部ストレージ128GB
内部メモリ4GB
外部ストレージ最大で512GB
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.5インチ
LCDディスプレイ
1600×720 HD+
アウトカメラトリプルカメラ
5000万画素
200万画素
200万画素
インカメラ800万画素
SIMnanoSIM×2
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IP52
イヤホンジャック
おサイフケータイ非対応
付属品保護カバー
SIM取り出しピン
ガイド類
LG(法令/安全/規制)

MediaTek Helio G85を搭載

moto g13はmMediaTek Helio G85を搭載。5Gは、残念ながら非対応で4Gのみ。

2020年に発表されたCPUなので性能は、今のミドルレンジモデルと比べると物足りなく感じるでしょう。

メールやweb検索、SNSなどの普段使いや負荷の軽いスマホゲームなら問題なく使えますが、負荷の高い3Dスマホゲームには向いていません。

内部ストレージは128GB、外部ストレージ512GBと十分な容量ですが内部メモリは4GBとでもの足りません。

性能は、ライトユーザー向けのスマホになります。

本体サイズは大きめだけど軽い

本体サイズ162.7x 74.66×8.19mm
重さ184g

本体サイズは、162.7x 74.66×8.19mmと大きめなので片手の操作はほぼ無理でしょう。

モトローラは、200g前後の機種が多いですがmoto g13は、184gと軽め。

IP52の防水防塵機能に対応。

完全防水ではありませんがこの価格ならこれで十分です。

ボディカラーは

  • マットチャコール
  • ラベンダーブルー

の2色から選べます。

グレー系とブルー系のmotorolaぽいカラーラインナップになっていますね。

あなたにおすすめの関連記事

認証機能は

  • 顔認証
  • 指紋認証

に対応。状況によって使い分けができるので便利。

指紋センサーは、側面の電源キーと一体型で使いやすい位置に設置されています。

6.54インチの大きめディスプレイでリフレッシュレートは90Hzに対応

引用元:モト部

ディスプレイサイズは、6.5インチと大きめでリフレッシュレートは90Hzに対応。

Dolby Atmos対応のステレオスピーカーが搭載されています。

しかし、LCDディスプレイで解像度が1600×720 のHD+とものすごく微妙。

同じような価格帯のRedmi Note 11は、有機ELで解像度が2400×1080のフルHD+。

比較するとかなり残念な感じになってます。

あなたにおすすめの関連記事

トリプルカメラを搭載

トリプルカメラを搭載。

機能は、最低限といった感じですね。

カメラ構成は以下の通りです。

カメラ画素数
メインカメラ50000万画素
マクロカメラ200万画素
深度センサー200万画素

メインカメラは、低光量でもきれいな写真が撮れます。

カメラ機能は

  • デュアル撮影
  • ナイトビジョン
  • ポートレート
  • ライブフィルタ
  • パノラマ
  • プロモード

などを搭載しています。

インカメラは、800万画素のシングルカメラになります。

バッテリーは5000mAhの大容量

5000mAhの大容量バッテリーを搭載。

20WのTurboPowerチャージに対応しています。

付属品には、ACアダプタとUSBケーブルはついていないので必要な場合は別途購入しなければいけません。

Motoアクション 

moto g13がMotoアクションは

  • パワータッチ
  • クイックキャプチャー
  • LEDライト点灯

の3つとかなり寂しい感じになってます。

moto g13はどんな人におすすめ?

moto g13は、ミドルレンジモデルになりますが機能は控えめ。

スマホをよく使う人は、物足りなく感じるでしょう。

moto g13がおすすめなのはライトユーザーです。

以下に当てはまるならmoto g13の購入を検討してもいいかもしれません。

  • それほどスマホを使わない
  • 性能よりもコスパを抑えたい
  • 音楽をよく聞く
  • サブスマホを検討

⇒moto g13をお得に購入する

moto g13はちょっと無理というひともいるかもしれません。

その場合は、同じ2万円台のAQUOS wish2やXperia Ace IIILibero 5G IIIなども検討してみてはいかがでしょうか。

Y!mobileでお得に購入できますよ。

⇒Y!mobileで同じ2万円台の3機種を確認してみる