moto g100のスペックと特徴を評価!5Gに対応したハイエンドモデル

2021年5月28日にMOTOROLAからmoto g100が発売されました。

moto gシリーズと言えばミドルレンジモデルが充実しています。

moto g100は、5Gに対応したハイエンドモデルでmoto gシリーズの中では最上位の位置づけられています。

moto g100の主な特徴
  • Snapdragon 870を搭載したハイエンドモデル
  • 6400万画素カメラを搭載したクアッドカメラ
  • 6.7インチの大画面ディスプレイ

moto g100は5Gに対応したハイエンドモデルにしては格安の58800円です。

2021年5月30日現在で取り扱いがあるのは

  • MOTOROLA公式オンラインストア
  • AmazonなどのECショップ
  • 家電量販店

になります。

MVNOでも取り扱いを開始してほしいですね。

moto g100のスペック

価格(税込)58800円
本体サイズ168.38×73.97×9.69mm
質量215g
ボディカラーイリディセントスカイ
対応OSAndroid11
CPUSnapdragon 870
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM:128GB/ RAM:8GB
外部ストレージmicroSD 最大1TB対応
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.7インチ
2520×1080 FHD+
21:9 シネマビジョン
リフレッシュレート 90Hz
アウトカメラ6400万画素+1600万画素+200万画素+TOF
インカメラ1600万画素+800万画素
認証機能指紋認証
顔認証
インターフェースUSB Type-C
SIMnanoSIM
DSDS(5G+4G) 
付属品チャージャー
USB Type-C ケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
ガイド類
LG(法令/安全/規制)
価格はMOTOROLA公式オンラインストアを参照

対応しているmotoアクション

使いこなすことで利便性がグッと上がるのがmotoアクションです。

moto g100が対応しているmotoアクションが以下になります。

moto g100が対応しているmotoアクション
親切ディスプレイ対応
ピークディスプレイ対応
カメラ起動対応
LEDライト点灯対応
持ち上げてロック解除対応
パワータッチ対応
持ち上げて消音対応
下向きでマナーモード対応
3本指でスクリーンショット対応
スワイプで分割対応
スクリーンショットエディター対応
ゲームタイム対応
メディアコントロール対応
オーディオ効果対応

14パターンあるすべてのmotoアクションに対応しています。

さすがmoto gシリーズ最上位モデルです。

moto g100のスペックと特徴を評価

Snapdragon 870を搭載したハイエンドモデル

moto g100は

  • Snapdragon 870
  • 5Gに対応
  • ROM:128GB/ RAM:8GB

の性能を搭載したハイエンドモデルです。

普段遣いはもちろん、3Dゲームも快適にプレイできます。

内部ストレージは128GBと外部ストレージは最大で1TBに対応しています。

これだけの容量があればまず困ることもないでしょう。

これだけの性能で58800円ってかなりコスパのよい機種ですよね。

本体サイズは大きめ カラーはイリディセントスカイの1色のみ

168.38×73.97×9.69mm/215gで大きめの本体サイズ。

片手での操作は難しいですがエッジがカーブになっているので持ちやすいデザインになります。

重さが215gあるので必要であればリング付きのケースやスマホリングを取り付けて使用するのがいいかもしれません。

ボディカラーはイリディセントスカイの1色のみです。

ちょっと寂しい感じがします。

イリディセントスカイは白っぽい水色、薄い水色いった感じの色です。

光が当たる角度によっては色合いが変わるのを楽しめます。

21:9の縦長ディスプレイ

ディスプレイサイズは6.7インチでパンチホールを採用しています。

Xperia8などと同じ21:9のアスペクト比で縦長ディスプレイが特徴的です。

リフレッシュレートは90Hzに対応しているので画面のスクロールがなめらかでスマホゲームも十分に楽しめます。

クアッドカメラ+デュアルカメラを搭載

moto g100のカメラ構成は

アウトカメラ
メイン(f/1.7)6400万画素
超広角117°/マクロ(f/2.2)1600万画素
深度センサー(f/2.4)200万画素
TOFレーザーオートフォーカス
インカメラ
メイン(f/2.2)1600万画素
超広角118°(f/2.4)800万画素

アウトカメラがクアッドカメラ、インカメラはデュアルカメラになっています。

カメラで特に注目の機能が

  • マクロ用リンクライト
  • デュアルキャプチャモード

の2つ。

moto g100はマクロモードを搭載しています。

マクロレンズの周りにリングライトがあり、マクロモードで撮影するときにライトが点灯します。

被写体に近づいて撮影しようとするとどうしても影になって暗くなりがちです。

そんなときにリングライトがあると明るくなるので接写でもきれいな写真を簡単に撮ることができます。

デュアルキャプチャモードは、アウトカメラとインカメラで同時に撮影することができる機能です。

1つの画面に分割されて表示されます。

使い方によってはかなり面白い動画取れそうですね。

新機能Ready Forを搭載

moto g100は新機能としてReady Forに搭載しました。

Ready Forは、ディスプレイとmoto g100をケーブルでつなぐとディスプレイでmoto g100を操作できる機能です。

キーボードとマウスをつなげればほぼPCです。

ディスプレイとmoto g100をつなぐケーブルは付属していません。別途、購入する必要があります。

また、大画面でゲームや動画を楽しむことができます。

Ready Forの機能があればPCが必要なくなりますね。

指紋センサーは側面に配置

moto g100の生体認証は

  • 指紋認証
  • 顔認証

に対応しています。

moto g100では指紋センサーにちょっとした変化がありました。

moto gシリーズの指紋センサーといえば背面ですよね。

moto g100は、背面ではなく側面にある電源ボタンが指紋センサーになっています。

個人的には背面よりも側面に指紋センサーがあるほうが使いやすいです。

まとめ

moto g100のスペックと特徴を紹介してきました。

ゲームはもちろんビジネスでも大活躍できる機能を搭載しています。

特に注目したい機能は、

  • デュアルキャプチャモード
  • Ready For

の2つです。

これだけでも十分楽しめそうです。

これだけの性能で58800円とは思えない高性能なスマホですね。

MOTOROLA公式オンラインストアでは、期間限定でSDカードプレゼント中なのでお得ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください