置くだけで充電できるQIワイヤレス充電器の選び方を4つのポイントで解説!

今日は、QI規格に対応したおすすめのワイヤレス充電器を紹介していきます。

 

置くだけで充電できるワイヤレス充電器。

とっても便利なので重宝している方もいますよね。

現在では、ワイヤレス充電に対応したスマホが多くなってきています。

 

Appleは、iPhone8から対応しています。

iPhone8が対応する以前は、ワイヤレス充電に対応していたのは、Androidスマホだけでした。

 

ワイヤレス充電器の上に置くだけで手軽に充電できるので、ワイヤレス充電に対応している機種であれば使いたいものです。

しかし、いろいろなメーカーがワイヤレス充電器を発売していますし、規格もいろいろあってわかりにくいのが現状です。

 

この記事では、QIワイヤレス充電器の選び方を4つポイントで解説です。

また、おすすめのQIワイヤレス充電器も一緒に紹介していきます。

 

 

QI規格とは?

 

 

日本で普及しているワイヤレス充電の規格は、『QI(チィー)』規格です。

多くのAndroidやiPhoneがスマホがQI(チィー)規格に対応しています。

しかし、すべての機種がQI規格に対応しているというわけではありません。

ワイヤレス充電器を選ぶときには、使っているスマホがQI(チィー)規格に対応しているか調べなければいけません。

 

QI規格に対応しているスマホの機種は?

 

QI規格に対応しているスマホは年々増えています。QI規格に対応しているスマホの機種を調べてみました。

 

iPhone

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
 

Android

  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+
  • Galaxy Note10+
  • Galaxy Z Flip
  • Galaxy Fold
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 3
  • Google Pixel 3 XL
  • AQUOS R3
  • LG G8X ThinQ
  • TORQUE G04
 

などいろいろな機種があります。

これから発売される機種の中にもQI規格のワイヤレス充電に対応した機種が増えていくはずです。

 

 

iPhoneとAndroidに対応したQI規格ワイヤレス充電器の選び方4つのポイント

 

 

QI規格ワイヤレス充電器を選ぶ前にやらなければいけないことが

持っているスマホがQI規格に対応しているかどうかの確認です。

スマホには、エントリーモデルからハイエンドモデルまでいろいろあります。

これらの全てのスマホがすべてがワイヤレス充電できるわけではありません。

スマホとワイヤレス充電器の両方がQI規格に対応している必要があります。

 

持っているスマホがQI規格ワイヤレス充電器に対応していることが分かればあとはワイヤレス充電器を選ぶだけです。

ですが、多くのメーカーからQI規格ワイヤレス充電器が発売されていて迷う方も多いと思います。

ワイヤレス充電器選ぶときには、

 

  • 置き方
  • 出力
  • コイル数
  • 機能

 

この4つがポイントが選ぶときの基準になります。

 

置き方

 

ワイヤレス充電器は、パット型とスタンド型があります。

  • パット型⇒充電器の上にスマホを置くタイプ
  • スタンド型⇒充電器に立てかけるタイプ

 

パット型は、薄く高さがないので邪魔になりませんが充電しながらのスマホ操作には、向いていません。

スタンド型は、スマホを充電しながら動画を視聴したり、SNSの通知を確認することができます。

 

出力

 

ワイヤレス充電は、優先の充電器に比べると電力のロスが多いので充電スピードが遅いです。出力が大きいほど充電スピードが速くなります。

充電スピードは、速い方がいい方は、出力の大きいものや急速充電に対応したワイヤレス充電器を選ぶようにしてください。

 

コイル数

 

ワイヤレス充電器の仕組みは

 

ワイヤレス充電はなぜケーブルなしで充電できるのか、それは「電磁誘導の原理」という呼ばれる仕組みが働いているんです。

1. 充電パッドの中には「送電用コイル」が入っています。電気を流すとこのコイルが反応して磁界(磁束)が発生して空気中に放出されます。

ちなみに、電気が空気中に流れるのではなく、磁界が発生するので危険はありません。

2. 充電パッドに「受電用コイル」が入ったスマホを近づけます。スマホの中のコイルは空気中の磁界に反応して電力に変換します。

3. このとき誘導電流が発生し、その電力をバッテリーに蓄える仕組みです。

引用元:https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20181017_01

 

スマホをワイヤレス充電するのにコイル数は、重要になっています。

コイルの数が1つしかないと置く位置がずれると充電しているつもりでもされない場合があります。充電するたびに置く位置を微調整するのは、面倒ですよね。

コイルが複数あれば充電できる範囲が広くなります。できるだけ、コイルの数が多い充電器を選んだ方がいいですよ。

 

温度調節機能

 

充電していて、スマホが熱くなった経験ありませんか?長時間熱を持ったままでは、スマホがダメになってしまうことがあります。

温度調節機能がついていれば、スマホが熱くなるのを防ぎます。あったら嬉しい機能ですよ。

 

 

置くだけで充電できるQI規格ワイヤレス充電器のおすすめを厳選!

 

置くだけで充電できる便利なQI規格ワイヤレス充電器。

AndroidとiPhoneに対応したおすすめのQI規格ワイヤレス充電器を厳選しました。

 

Anker スリムデザインのパット型ワイヤレス充電器

 

 

おなじみAnker製のパット型ワイヤレス充電器です。スリムデザインで邪魔になりません。

iPhone11、11 Pro、11 Pro Maxを含むiPhoneへは最大7.5W出力、Samsung製の最新機種へは最大10W出力によるフルスピード充電が可能です。

ほとんどのスマホケースは、装着したままで充電することが可能です。

 

他のワイヤレス充電器が気なるなら公式サイトで比較しよう!
 

特徴
  • スリムデザイン
  • スピード充電
  • ケースを装着したままで充電可能

 

 

オウルテック 角度が調整できるスタンド型ワイヤレス充電器

 

 

角度が調整できるスタンド型ワイヤレス充電器です。角度は、0~90度まで調整できます。

充電しながらの顔認証や動画視聴に便利です。

また、厚さが11.5mmで薄いので持ち運びに便利です。

コイルは、2つ搭載されているので、縦横どちらの向きでも充電することができます。

充電状態は、LEDインジケータを搭載しているのでひと目で確認できます。

1年保証がついていてしっかりとサポートしてくれるので、安心です。

 

特徴
  • スタンドの角度が調整できる
  • コイルは2つ搭載
  • LEDインジケータを搭載

 

 

角度調節ができる持ち運びに便利なワイヤレス充電器

 

 

0〜90°の間で角度調整できるワイヤレス充電器です。

コンパクトサイズなので持ち運びも便利。

ソフトケースやハイブリットケースなどを装着したままでも充電が可能です。

 

特徴
  • スタンドの角度が調整できる
  • 持ち運びに便利
  • ケースを装着したままで充電可能

 

 

 

置くだけで充電できるQIワイヤレス充電器の選び方を4つポイントで解説!まとめ

 

QIワイヤレス充電器の選び方のポイント、おすすめのワイヤレス充電器を紹介しました。

いろいろなワイヤレス充電器が発売されていますが置き方、出力、コイル数、機能の4つポイントを抑えれば自分にあったものが見つかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください