moto g53j 5Gのスペックを評価レビュー!スペックはちょっと物足りない?

moto g53j 5Gのスペックを評価レビュー!スペックはちょっと物足りない

2023年6月16日にMotorolaからmoto g53j 5G発売!

各社から順次取り扱いを開始します。

moto g53j 5Gの前モデルは、moto g52j 5G

主なスペックは

  • Snapdragon 480+ 5G
  • デュアルカメラ
  • 6.5インチの大型ディスプレイ

などを搭載。

この記事では、moto g53j 5Gのスペックを評価レビューしていきます。

また、moto g53j 5Gをお得に購入する方法を一緒に紹介していきますね。

moto g53j 5Gが買えるのはどこ?

moto g53j 5GのSIMフリーモデルは、モトローラ公式オンラインストアで34800円。

そのほかには

  • 家電量販店
  • ECサイト
  • MVNO

で購入できます。

moto g53j 5Gを取り扱っている中で一番お得に購入できるのがMVNO。

MVNO通常本体価格
IIJmio31000円
mineo32208円
QTモバイル34848円
MVNO名をタップすると公式サイトに移動します

2023年6月17日現在で、上記3社が取り扱っています。

mineoは2023年6月22日から取り扱いを開始

最安値は、IIJmioの31000円。

更にお得に購入したいならIIJmioのキャンペーンを利用するのがおすすめ。

MNP対象!ギガプランの音声SIMセットなら14800円

現在開催中のIIJmioサプライサービスならmoto g53j 5Gが

31000円⇒14800円

で購入できます!

条件は、MNPでギガプランの音声SIMとセットで購入すること。

2023年7月31日までの期間限定なので検討中の方はお早めに。

moto g53j 5Gを
お得に購入!

moto g53j 5GはY!mobileでも取り扱っている!

上記MVNO以外にY!mobileでも2023年6月29日から取り扱いを開始します。

予約は2023年6月23日から開始

Y!mobile版のモデル名は、moto g53y 5G。

基本的なスペックは同じですが

  • 内部メモリ
  • ボディカラー

の2つに違いがあります。

内部メモリが8GB⇒4GB、Y!mobile限定カラーのペールピンクが追加されます。

更にマートロックスクリーンソフトウェアglanceを搭載。

moto g53j 5Gにglanceは搭載されていません。

moto g53y 5Gの本体価格は以下のとおり。

モデル名通常価格
moto g53y 5G21996円

内部メモリが半分の4GBの容量になったことでモトローラ公式オンラインストアの価格よりも大幅に安くなってます。

Y!mobileでも条件はありますがお得に購入可能。

M/Lプランに乗り換えならMNP一括で1円

Y!mobileオンラインストア限定の割引が適用されます。

オンラインストアなら
事務手数料と送料が無料

moto g53j 5Gのスペック詳細

moto g53j 5G
(moto g53y 5G)
スペック
公式価格34800円
(21996円)
本体サイズ162.7×74.66×8.19mm
質量183g
ボディカラーインクブラック
アークテックシルバー
ペールピンク(Y!mobile限定カラー)
対応OSAndroid 13
CPUSnapdragon 480+ 5G
5G対応
内部ストレージ128GB
内部メモリ8GB
4GB(moto g53y 5G)
外部ストレージ最大1TB
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.5インチ
1600×720  HD+
LCD
リフレッシュレート 120Hz
アウトカメラデュアルカメラ
5000万画素
200万画素
インカメラ800万画素
SIMnanoSIM/eSIM
認証機能指紋認証
顔認証
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IP52
イヤホンジャック
スピーカーステレオスピーカー
おサイフケータイ対応
付属品カバー
SIM取り出しピン
ガイド類
LG(法令/安全/規制)

Snapdragon 480+ 5Gを搭載したエントリーモデル

CPUは、Snapdragon 480+ 5Gを搭載したエントリーモデル。

ベンチマークスコアは約31万点でSIMフリー版の内部メモリは8GBの容量。

どちらかというとエントリーモデルというよりミドルレンジモデルよりの性能と思ってもらってOK。

ワイモバイル版の内部メモリは4GBと半分の容量。

SIMフリー版に比べると使い方によっては動作が遅くなるかもしれませんので要注意。

内部ストレージが128GB、外部ストレージが最大1TBに対応。

こちらは十分な容量。

写真などをよほどの数を保存しなければ容量不足になることはないでしょう。

写真や動画を保存したい場合は、外部ストレージの利用を考えて見てください。

本体サイズは大きめ ボディカラーはワイモバイル版限定色があり

本体サイズは、162.7×74.66×8.19mm。

大きいめのサイズなので片手で操作は難しいものの厚みが8.19mmと薄めでエッジのたったデザインで持ちやすくなっています。

重さは、183gとMotorolaから発売されているスマホの中では、軽いほうです。

ボディカラーは、

  • インクブラック
  • アークテックシルバー
  • ペールピンク

の3色のラインナップ。

ペールピンクは、ワイモバイル版限定になります。

認証機能は、指紋認証と顔認証に対応。

指紋センサーは、電源ボタンと一体型で使いやすくスムーズにロック解除が可能。

状況に応じてどちらで解除するかを選択できるので便利ですね。

防水防塵機能は、IP52に対応。

多少の雨や水をこぼしてしまっても保護できます。

完全防水では無いので要注意。

6.5インチの大きめディスプレイ 

6.5インチの大型ディスプレイを搭載でパンチホールを採用。

アスペクト比は、20:9で見やすい比率になってます。

解像度が1600×720でリフレッシュレートは最大120Hzに対応。

ステレオスピーカーを搭載。

Dolby Atmosを採用しているので音楽や映画がより楽しめます。

5000万画素のデュアルカメラを搭載

デュアルカメラを搭載。

インカメラは800万画素のシングルタイプ。

アウトカメラ構成は以下のとおりです。

アウトカメラ画素数
メインカメラ5000万画素
マクロカメラ200万画素

メインカメラは、クアッドピクセルテクノロジーを採用。

光の少ない場所でもきれいな写真を撮ることができます。

カメラ機能は

  • デュアル撮影
  • ナイトビジョン
  • ポートレート
  • ライブフィルタ
  • パノラマ
  • プロモード (長時間露出可能)
  • 自動スマイルキャプチャ

などを搭載。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載

5000mAhの大容量バッテリーを搭載。

日帰り旅行ぐらいならバッテリー切れを心配する必要がありません。

18WのTurboPowerチャージャーに対応しているので短時間でフル充電が可能。

付属品にACアダプターとUSBケーブルは付いていないので必要な場合は別途購入しなければいけません。

moto g53j 5Gのスペックを評価レビュー!まとめ

moto g53j 5Gを評価レビューしました。

ミドルレンジモデルよりのエントリーモデル。

ちょっと物足りないスペックですね。

スペックをそれほど重視しないライトユーザー向けのスマホになります。

SIMフリー版とY!mobile版の2種類。

価格だけ見るとY!mobile版が買いだと思ってませんか?

Y!mobile版の内部メモリは、SIMフリー版と比べると半分の4GBの容量。

また、通信品質は良いですがMVNOに比べると月々の基本料金が高め。

本体価格が安いという理由だけではY!mobile版を選べません。

使い方やトータルコストで選ぶようにしましょう。