TONE e22を実機で評価レビュー!どんなスマホなのか詳しく解説!

2022年6月1日にトーンモバイルからTONE e22を発売しました。

トーンモバイルのAndroidプランには、TONE e22とTONE e21の2機種が対応しています。

オリジナル端末の最新モデルがTONE e22です。

TONE e22を実際に確認するために店舗まで行くのは面倒ですよね。

とはいえ、どんなスマホかよくわからずには申し込めません。

この記事では、TONE e22がどんなスマホなのか実機を交えて詳しく解説していきます。

TONE e22をお得に購入するには?

TONE e22の通常本体価格は32780円。

エントリーモデルとしては特に安いわけではありませんね。

しかし、TONE Laboに参加すること大幅に割引されます。

TONE Laboに参加すれば最安値で購入できる!

トーンモバイルが実証実験プロジェクトとしておこなっているTONE LaboにTONE e22を購入時に同時参加することで

32780円⇒21780円

で購入可能!

もちろん、TONE Laboは無料なので必ず参加することおすすめします。

⇒TONE Laboに参加してTONE e22を購入する

TONE Laboって何?

TONE Laboとは、

  • TONE Care
  • TONE Coin
  • アンチバブルフィルター

の3つのサービスを提供しています。

2022年11月現在ではTONE CareとTONE coinが稼働しています

TONE Labo内容
TONE Careオンラインで医師に無料で健康相談できる
TONE Coin充電中にプログラムを動かすとTONE coinが貯まる
アンチバブルフィルター安心してインターネットに接続できる

店舗で申し込む場合は、承認コードの発行が必要になります。

⇒承認コード発行ページはこちら

webから申し込む場合は、申込手続きするとに参加手続きができるので承認コードは必要ありません。

⇒トーンモバイル公式サイトはこちら

TONE e22のスペック詳細

TONE e22
本体サイズ164.7×76.5×8.9mm
質量191g
ボディカラーゼンホワイト
対応OSAndroid 11
CPUMediaTek Dimensity 700
5G対応
内部ストレージ128GB
RAM6GB
外部ストレージ最大512GB
バッテリー4000mAh
ディスプレイ6.67インチ
FHD+(2400×1080)
アウトカメラトリプルカメラ
4800万画素
800万画素
200万画素
インカメラ1300万画素
SIMカードサイズ/スロットnanoSIM/eSIM
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵非対応
イヤホンジャックなし
おサイフケータイ非対応
付属品SIMピン
置くだけサポート
TONE e22のいいところ
  • 本体価格が安い
  • エントリーモデルだが性能がよい
  • 5G対応
  • 指紋認証と顔認証に対応
  • ステレオスピーカー
  • 便利なワイヤレス充電に対応
TONE e22のいまいちなところ
  • カラーが選べない
  • カメラの性能がイマイチ
  • イヤホンジャックがない
  • 付属品にACアダプターとUSBケーブルが付いていない

本体サイズは大きめでボディカラーは1色のみ

本体サイズは、164.7×76.5×8.9mm。

厚みは8.9mmと少し厚めです。

ですが、持ってみると思ったよりも薄く感じます。

横幅が76.5mmと広めで片手での操作は無理なサイズです。

スマホケースなどのアクセサリーを利用するのがおすすめ。

TONE e22のボディカラーはZenWhiteの1色。

サラサラとした手触りで指紋が付きにくくなっています。

重さは194g。

保護フィルムが貼ってあるので公式サイトで公表されている191gよりも少しだけ重くなっています。

持ってみても重さが気になることはありません。

上部

スピーカーを搭載。

前モデルのTONE e21で搭載視されていたイヤホンジャックは非搭載になりました。

個人的には、イヤホンジャックは欲しかったですね。

下部

スピーカー、マイク、Type-Cコネクタ、SIMスロットを搭載。

TONE e22は、ステレオスピーカーなので、迫力のある音でスマホゲームを楽しめます。

左側面

電源ボタンと音量ボタンが搭載。

電源ボタンには、指紋指紋センサー内蔵されています。

認証機能は、指紋認証と顔認証に対応。

側面に指紋センサーがあるとスムーズにロック解除ができるのでストレスがありません。

右側面

何もありません。

SIMは、nanoSIMとeSIMに対応。

現在は、nanoSIMのみの提供ですが2022年中に、eSIM提供開始予定になっています。

SIMスロットは、nanoSIM+SDカードが入れるようになっています。

通常であれば横並びで入れるのですが、裏表で入れるようになっているちょっと変わったトレイです。

MediaTek Dimensity 700を搭載したエントリーモデル

CPUは、MediaTek Dimensity 700を搭載。

モトローラのmoto g50と同じCPUですね。

スマホの性能の目安になるベンチマークは以下の通り。

エントリーモデルなら十分な処理能力です。

負荷の軽いゲームなら問題なくプレイできますよ。

5Gにも対応しているのがうれしいですね。

ROMが128GB、RAMが6GBとエントリーモデルなら十分の容量。

外部ストレージは、最大で512GBに対応しているので容量不足になることはまずないでしょう。

6.67インチの大きめディスプレイ

6.67インチの大型ディプレイを搭載。

画面の中央上部には、パンチホールがあります。

リフレッシュレートは公表されていません。

ディプレイのテーマは、

  • Android標準ホーム
  • スタイル
  • シンプル

の3種類から選択ができます。

また、TONEファミリーオプションに加入すれば、アプリの利用制限や端末の利用時間制限などができるテーマのTeenの利用ができます。

カメラ性能はそれほど高くない

アウトカメラは、トリプルカメラを搭載。

カメラ構成は以下の通り。

アウトカメラ画素数
標準カメラ4800万画素
広角カメラ800万画素
深度センサー200万画素
インカメラ画素数
1300万画素

実際にカメラで撮影してみました。

標準カメラ
広角カメラ
2倍ズーム
4倍ズーム

ズームは最大で4倍。

左:夜景モードOFF 右:夜景モードON

夜景モードをONで撮影すると看板などがは、文字が読めるようになって全体的にくっきりとします。

カメラの性能はそれほど高くありませんが、こだわりがなければ十分です。

4000mAhの大容量バッテリーを搭載 

バッテリーは4000mAhと大きめの容量。

ACアダプターとUSBケーブルは、付属品についていないので持っていない人は別途、購入する必要があります。

TONE e22は、ワイヤレス充電と急速充電に対応しています。

充電器に置くだけで充電できるのでかなり便利ですね。

ワイヤレス充電に慣れるとケーブルを挿して充電するのが面倒に感じてしまします。

公式サイトでは、急速充電は約100分でフル充電可能とのこと。

実際に、0%からフル充電までの時間を計測してみたら約135分かかりました。

充電器よって違いがあるので参考程度にしてください。

使い方にもよるので断言はできませんが、、充電の減りが速さがちょっと気になるところですね。

4000mAhの容量があるものの1日外出するならモバイルバッテリーを持ち歩いた方がいいかもしれません。

⇒トーンモバイル公式サイトはこちら

TONE e22を実機で評価レビュー!まとめ

TONE e22について実機を交えて解説しました。

特に大きな不満もなく使いやすい機種といった印象です。

トーンモバイルがおすすめな人
  • 子供やシニアなどのスマホライトユーザー
  • スマホ代を安く抑えたい人
  • 2台目のスマホとして

しかし、スマホでガッツリとゲームをプレイする人や動画を見たい人はそもそもトーンモバイルを利用するには向いていません。

ahamoやOCNモバイルONEなどで契約しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください