スマホケース選びに迷っている方必見!選び方と素材や種類の特徴を解説

今回は、スマホケースの選び方と素材や種類の特徴を解説していきます。

 

スマホを購入したときに真っ先に必要なものといえば?

スマホケースですよね。スマホと一緒にスマホケースを購入する方も多いのでは。

 

スマホを持っている人には、必要なものになっています。

その理由は、キズや汚れを防いだり、落とした時には、衝撃からを守ってくれて、スマホが破損するのを防いでくれます。

 

かなり重要な役割なのですが、なんとなくでスマホケースを選んでませんか?

確かにいろいろなケースが発売されていてどのケースにしようか迷ってしまいます。

 

 

スマホケースの選び方

 

 

スマホケースをえらぶ時に迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

迷ってしまう理由は、どんなスマホケースを選んでいいのかわからないからです。

 

スマホケースを選ぶときには、どんな用途で使うのか?決めてください。

例えば、

 

  • スマホのデザインを活かしたい
  • 落としたときにスマホにキズをつけたくない
  • 薄くて軽いほうがいい
  • スマホ全体を覆いたい
  • カードを収納したり財布代わりに使いたい

 

などなど、人によって用途は様々です。

用途が決まるとどんな種類のスマホケースを選んでいいのか絞られます。

 

その他には、価格も購入するときの決め手になります。

スマホケースの価格は、数百円〜数千円と金額に幅があります。

クリアケースやソフトケースであれば数百円〜購入できるのものもありますし、ハイブリットケースは、千円〜のものが多くなります。

予算によっては、購入できるスマホケースの種類が限られてきます。

 

スマホケースを選ぶときは、用途と予算を決めるとスムーズに選ぶことができます。

また、用途や予算の他にデザインなども選ぶときの基準にしていかもしれませんね。

 

 

スマホケースには、どんな素材が使われいるの?

 

スマホケースには、いろいろな素材が使われています。柔らかい素材や硬い素材などがあります。

レザー素材のスマホケースには、なんとなく高級感がありますよね。

スマホケースに使われている代表的な素材は、

 

  • シリコン素材
  • TPU素材
  • レザー
  • ポリカーボネート
  • アルミ素材

 

になります。

この他にも、ABS樹脂や木材、カーボンファイバー、チタンといった素材のスマホケースもあります。

 

シリコン素材

 
シリコン素材の特徴は、柔らかく弾力性があります。

クッション性があるので落とした時には、衝撃を吸収してスマホを守ってくれます。

価格は、他の素材に比べると安いですが、劣化が早くて汚れが付着しやすです。

また、長い期間、使っていると伸びるのでサイズが合わなくなってくることもあります。

 

TPU素材

 

ソフトケースやクリアケースでよく使われれているが、TPU素材です。

熱可塑性ポリウレタンという素材でプラスチックの一種です。

TPU素材の特徴は、柔らかくて耐久性があります。衝撃にも強くしっかりとスマホを守ります。

薄くて軽いのでスマホに取り付けても気になりません。

 

レザー

 

レザーは、主に手帳型のスマホケースによく使われています。

手触りがよく見た目も高級感があるものが多いです。

 

レザーには、本革とPUレザーがります。よく使われているのがPUレザーと言われる合成革です。価格は、PUレザーの方が安価です。

PUレザーは、本革と見た目は、あまり変わりませんが、耐久性が本革に比べると劣ります。2年ほど使うとボロボロになってしまう場合もあります。

しかし、軽いくて汚れにくいなどのメリットもあるので使い勝手は、それなりにいいですよ。

 

ポリカーボネート

 

ポリカーボネート素材のスマホケースもよく見かけますね。ポリカーポネートは、硬いので耐衝撃性に優れています。

ハードケースやTPU素材と組み合わせたハイブリットケースの背面によく使われています。また、透明度が高いのも特徴の一つです。

最近のスマホは、デザインが良いものが多くそのデザインを活かすためには、透明度の高い、ポリカーポネート素材のケースと相性は、良いです。

しかし、強い衝撃を与えると割れてしまうことがありますので落下に注意が必要です。

 

アルミ素材

 

アルミ素材は、強度に優れて軽いが特徴です。人気のあるバンパー型のスマホケースによく使われている素材です。

最近では、航空機で使用されるアルミ素材を使ったスマホケースもありますよ。

しかし、価格が他の素材に比べて高くなります。耐久性がよく経年劣化も少ないので長期間使うのであればおすすめの素材なのです。

定期的にスマホケースを変える人の場合は、コスパが悪くなってしまします。

 

 

スマホケースには、どんな種類があるの?

 

スマホケースの種類は、大きく分けたら種類。

  • 背面ケース
  • 手帳型ケース
  • バンパーケース

 

背面ケースには、

  • クリアケース
  • ソフトケース
  • ハードケース
  • シリコンケース
  • ハイブリットケース

これだけの種類が含まれます。これらのケースのわかりやすい違いは、素材です。

 

手帳型ケース

 

 

手帳型ケースは、人気があるので使っている人もいるのではないでしょうか。

レザーやTPU素材などのものがあってシンプルなものからおしゃれなデザインのものまでいろいろあります。

手帳型ケースが他のケースとの大きな違いは、ディスプレイを含んだ全面を保護できることです。

通知の確認や通話するときにフラップを開かなくても良いものもあります。

 

 

バンパー型ケース

 

 

バンパー型ケースは、側面を覆うタイプのケースです。

他の種類のケースに比べて脱着にネジしめをしたりと手間がかかります。

装着するというよりは、組み立てる感じです。なので、気軽に脱着ができないものもあるので注意してください。

アルミ素材のバンパー型ケースは、他の種類のケースに比べて価格が高くなります。

お金がある程度かかってもスマホをしっかり守りたい方におすすめです。

 

クリアケース

 

 

クリアケースは、透明のケースのことです。素材は、TPUやポリカーポネートなどが使われています。

透明なのでスマホ本来のデザインを活かしたい方にはおすすめ。

価格も他の種類のものに比べると安いです。

 

ソフトケース

 

 

ソフトケースの主な素材は、TPUです。柔らかい素材なのでケースの脱着が簡単です。

しっかりとスマホにフィットするので、ボタンの操作性が良いですよ。

価格は、クリアケースと同じく安価なものが多く、お手軽に購入できるのが魅力です。
 

 

ハードケース

 

 

ハードケースは、ポリカーポネート素材でできたものが多く耐久性が高いです。

薄くて軽いのが特徴です。

ケースの背面にプリントがされているもが多数あるので、お気に入りのデザインが見つかるかもしれません。

 

ハイブリットケース

 

 

2種類以上の素材を組み合わせのケースがハイブリットケースです。よくある組み合わせは、側面TPU+背面ポリカーボネートです。

最近では、三重構造のハイブリットケースもありますよ。

 

ハイブリットケースの特徴は、衝撃に強いことです。

落としたときにハイブリットケースのおかげでスマホが無傷だった経験がある方もいますよね。

 

クリアケースやソフトケースに比べると価格は、やや高めです。

ですが、スマホが破損することを考えれば少々高くてもしっかりとスマホが守れるほうがよいですよ。

 

スマホケース選びに迷っている方必見!選び方と素材や種類の特徴を解説まとめ

 

スマホを選ぶときは、最初に用途と価格を決めることです。

また、スマホケースの素材や種類にどんなものがあるかわかったと思います。

スマホケースを選ぶときに参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください