ZenFone Live(L1)を一番安く買えるMVNOは?取り扱い6社を比較!

2018年12月21日にZenFone Live(L1)が発売!

 

ZenFone Live(L1)を購入する方法は

  • MVNOで格安SIMとセットで購入
  • 本体とSIMを別々で購入

のどちらかになります。

SIMフリーモデルなのでキャリアでの取り扱いはありません。

 

どちらの方法で購入したほうが安く買えるのか?



ZenFone Live(L1)は格安SIMとセットであればお得に購入でます。

 

今回は、ZenFone Live(L1)格安SIMセットを一番安く買えるMVNOを紹介していきます。

 

ZenFone Live(L1)を取り扱っているMVNOと本体価格は?

 

2020年5月16日現在で、ZenFone Live(L1)を取り扱っているのは、

 

 

上記の6社です。

最新の在庫状況は各MVNOの公式サイトで確認してください。

 

ZenFone Live(L1)の本体価格

 

ASUS Storeで販売されているZenFone Live(L1)の価格は16800円(税別)です。

*MVNOをタップすると公式サイトが表示されます

一括払い(税別)分割払い(税別)
IIJmio(みおふぉん)16800円750円/24回
mineo16800円700円/24回
BIGLOBEモバイルー円700円/24回
支払総額16800円
LINEモバイル9880円ー円
イオンモバイル14800円616円〜/24回
nuro mobile17000円727円/23回
初回1514円

 

ZenFone Live(L1)を一番安く買えるMVNOは?

 

イオンモバイル
 

ZenFone Live(L1)を一番安く買えるLINEモバイルです。

9880円と激安なのですが2020年6月3日までのキャンペーン価格のようです。

しかも、2020年5月16日現在で、在庫切れなので実質キャンペーン価格は終了ということです。

残念…

 

⇒LINEモバイル公式サイトをチェック!

 

LINEモバイルを除くとイオンモバイルの14800円が最安値になります。

イオンモバイルのZenFone Live(L1)は、イオンモバイル限定モデルです。

通常のZenFone Live(L1)と比較すると

  • 内部ストレージが32GB→16GB
  • CPUがSnapdragon430→Snapdragon425

になっています。

実質のグレードダウンで、価格が安くなったという感じですね。

 

⇒イオンモバイル公式サイトでZenFone Live(L1)をチェック!

 

ZenFone Live(L1)のスペック

 

 

本体サイズ71.7×147.2×8.1mm
質量140g
ボディカラースペースブルー
ローズピンク
シマーゴールド
ミッドナイトブラック
対応OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon430 (オクタコアCPU)
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 32GB/RAM 2GB
外部メモリ最大容量microSDXC 最大2TB
バッテリー3000mAh
ディスプレイ5.5インチ
IPS液晶
1,440×720ドット (HD+)
カメラメインカメラ:1300万画素カメラ内蔵
インカメラ:500万画素カメラ内蔵
インターフェイスmicroUSB
認証機能顔認証
SIMnanoSIMスロット×2
microSDカード×1
付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
ZenEar
ユーザーマニュアル
製品保証書

 

以下の機能は、非対応です。

 

  • 耐水・防水機能
  • ワンセグ・フルセグ
  • ハイレゾ
  • おサイフケータイ
  • ワイヤレス充電

 

よくあるエントリーモデル

 

 

CPUはSnapdragon 430、RAM2GBとエントリーモデルによくある性能です。

スマホをよく使う方には物足りないと感じるかもしれませんし、ゲームをガッツリやりたい人には向いていません。

ゲームをやりたい場合は、ハイスペックモデルのZenFone 6を選びましょう。

普段づかいであれば問題なく使えるのでライトユーザーやスマホを初めて使う方にちょうどよい機種です。

 

内蔵ストレージは、32GBです。こちらもちょっと物足りない容量です。

ですが、外部メモリーに対応しています。

microSDXCを利用すれば最大2TBまで対応。

外部メモリを利用すれば容量不足になることはないでしょう。

外部メモリ以外に、ASUS WebStorageサービス5GB (永久無料版)やGoogleドライブ100GB (1年間無料版)を利用することができます。

 

デザイン&ディスプレイ

 

 

ボディカラーは、

  • ミッドナイトブラック
  • スペースブルー
  • シマーゴールド
  • ローズピンク

の4色です。

メタリック加工がされているので、綺麗な色合いです。

ZenFone Live(L1)は、一般的な5インチの本体サイズです。

ですが5.5インチのディスプレイが搭載されています。

スリムでコンパクトなので、片手でも操作がラクラクにできちゃいます。

アスペスト比18:9のワイドディスプレイで画面占有率が82%!コンパクトサイズですが大画面を楽しめます。

 

カメラ

 

 

  • メインカメラが1300万画素
  • インカメラは、500万画素

とカメラもよくあるエントリーモデルの性能のカメラです。

ASUS独自のPixelMasterテクノロジーをメインカメラには搭載しています。

シャッターラグが少なく狙った瞬間をキレイにとらえます。

カメラにこだわりが無ければ十分の性能です。

 

使いやすい操作画面

 

 

操作画面は、通常のモードに加えて、簡単モードとキッズモードがあります。

簡単モードは、大きな文字とわかりやすい画面表示が特徴です。

キッズモードは、使用できるアプリや使用時間を制限したりできます。

 

顔認証機能

 

 

格安スマホの認証機能は、指紋認証が多いのですが、ZenFone Live(L1)には、なんと顔認証機能が搭載されています。

スリープを解除した後に画面に顔を向けるだけでロックが解除できるとても便利な機能です。

この価格帯で顔認証が搭載されているとは驚きです。

ちなみに顔認証だけで指紋認証は搭載されてせん。

 

 

ZenFone Live(L1)は、こんな人におすすめ!!

 

ZenFone Live(L1)はスマホ初心者や子供のスマホデビュー、スマホ代を節約したい方におすすめの機種です。

また、2台目のスマホを検討中やエントリーモデルで問題なしのライトユーザーにもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください