【比較】ZenFone 7とZenFone 7 proの違いは?安く購入する方法とは?

【比較】ZenFone 7とZenFone 7 proの違いは?安く購入する方法とは?

2020年10月23日にZenFone 7とZenFone 7 proが発売!

ZenFoneシリーズ初の5G対応です。

 

ZenFone 7 proがZenFone 7 の上位機種になります。

この2機種を比べてみると見た目は同じで違いがわかりません。

 

何が違うのか気になります。

この記事では、ZenFone 7とZenFone 7 proを比較してみました。

また、最安値で購入する方法を紹介していきます。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proをすぐにチェックする!
 

 

ZenFone 7とZenFone 7 proのスペックを比較違いはどこ?

 

 

 

ZenFone 7とZenFone 7 proの見た目で違いはわかりません。

どこに違いがあるのか比較してみました。

 

 

価格はASUS Storeを参考にしています

ZenFone 7ZenFone 7 pro
85800円価格(税別)99800円
77.2x165x9.6mm本体サイズ77.2x165x9.6mm
235g重さ235g
パステルホワイト
オーロラブラック
ボディーカラーパステルホワイト
オーロラブラック
Android 10OSAndroid 10
Snapdragon 865CPUSnapdragon 865 Plus
128GB/8GBROM / RAM256GB/8GB
6.67インチ
AMOLED
2400×1080ドット
フルHD+
ディスプレイ6.67インチ
AMOLED
2400×1080ドット
フルHD+
6400万画素広角カメラ
1200万画素超広角カメラ
800万画素望遠カメラ
デュアルLEDフラッシュ
カメラ6400万画素広角カメラ(光学式手ブレ補正対応
1200万画素超広角カメラ
800万画素望遠カメラ
デュアルLEDフラッシュ
5000mAhバッテリー5000mAh
Wi-Fi通信時: 約11.2時間
モバイル通信時: 約10時間 (LTE) 約6.2時間 (5G)
連続通話時間: 約1,914分 (3G) 約1,848分 (VoLTE)
連続待受時間: 約400時間 (3G) 約438時間 (VoLTE) 約438時間 (5G)
バッテリー駆動時間Wi-Fi通信時: 約10.7時間
モバイル通信時: 約9.5時間 (LTE) 約6.1時間 (5G)
連続通話時間: 約1,914分 (3G) 約1,848分 (VoLTE)
連続待受時間: 約400時間 (3G) 約438時間 (VoLTE) 約438時間 (5G)
指紋認証
顔認証
生体認証指紋認証
顔認証
USB Type-CインターフェイスUSB Type-C
EEE802.11a/b/g/n/ac/ax無線LANEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
nanoSIMスロット×2SIMnanoSIMスロット×2
USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
クリアケース
Active case
ユーザーマニュアル
製品保証書
付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
クリアケース
Active case
ユーザーマニュアル
製品保証書

 

外観からではわからないZenFone 7とZenFone 7 proの違いは

  • 価格
  • CPU
  • ROM
  • カメラ
  • バッテリー駆動時間

の5つ。

どれも気になる違いですが思ったよりすくないですね。

 

では、違いを解説していきます。

 

価格差は14000円!

 

 

  • ZenFone 7⇒85800円(税別)
  • ZenFone 7 pro⇒99800円(税別)

価格差は14000円

価格以外の4つの違いの差は14000円の価値があるのか?

 

特に

  • CPU
  • カメラ

の違いが気になるのではないでしょうか。

 

価格差以上と思う方もいればちょっとがっかりと思う方もいるかもしれません。

選ぶときに価格差の価値が重要になってきます。

 

ゲームに向いているのはZenFone 7 pro

 

 

  • ZenFone 7⇒Snapdragon 865
  • ZenFone 7 pro⇒Snapdragon 865 Plus

 

今後、ハイスペックモデルの主流になると思われるCPUがSnapdragon 865 Plusです。

 

Snapdragon 865 PlusはSnapdragon 865より

  • CPUの最大動作周波数とGPU性能が10%
  • Wi-Fiの最大通信速度が1.7Gbpsから3.6Gbps

性能が向上しています。

 

よりゲーム向きの機種がSnapdragon 865 Plusを搭載したZenFone 7 proです。

 

ZenFone 7 proのROMはZenFone 7の2倍

 

 

  • ZenFone 7⇒128GB
  • ZenFone 7 pro⇒256GB

ZenFone 7 proのROMは256GBでZenFone 7の2倍!

 

256GBあれば写真なら約56000枚ほど保存できます。

よほどのことがない限り、容量不足になることもほとんどないでしょう。

たくさんの思い出を残せますね。

カメラ構成は同じだがZenFone 7 proはOISを搭載

 

 

カメラ構成は、共に

  • メイン:6400万画素広角カメラ
  • セカンド:1200万画素超広角カメラ
  • サード:800万画素望遠カメラ
  • デュアルLEDフラッシュ

と同じです。

 

違いは、メインの広角カメラに光学式手ブレ補正(OIS)が搭載されているかいないかです。

  • ZenFone 7⇒非搭載
  • ZenFone 7 pro⇒搭載

となっています。

 

バッテリー駆動時間が何故違う?

 

 

ほとんど同じなのになぜバッテリー駆動時間が違うのか?

CPUとROMの違いでバッテリー駆動時間が変わってきます。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを安く購入する方法とは?

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを購入する方法は

  • 本体のみを購入
  • 本体と格安SIMのセットで購入

する2つの方法があります。

 

どちらの方法がZenFone 7/ZenFone 7 proを安く購入できるのか?

本体と格安SIMのセットのほうが安く購入できます。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 pr本体のみは、Amazonや家電量販店などで購入できます。

価格は、公式価格での販売で値引きなどはありません。

 

なぜ、本体と格安SIMのセットほうが安く購入できるのか?

ZenFone 7/ZenFone 7 proを取り扱っているMVNOが独自のキャンペーンをやっているからです。

キャンペーンにもよりますが

  • 特別価格
  • 本体価格の割引
  • 初期費用や利用料などの割引
  • ポイント還元

などがあるのでお得に購入できます。

特別価格や本体価格の割引があればZenFone 7/ZenFone 7 proを最安値で購入できるかもしれません。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを取り扱っているMVNOは?

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを取り扱っているMVNOはどこなのか?

2020年10月25日現在では、

の2社です。

もしかしたら、取り扱いを開始するMVNOが増えるかもしれません。

 

この2社を比較してZenFone 7/ZenFone 7 proを安く購入できるのはOCN モバイル ONEです。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを購入するならOCN モバイル ONEがお得!

 

OCNモバイルONE
 

OCN モバイル ONEは、他のMVNOと比べると本体価格がダントツで安いのです。

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proの通常価格

ZenFone 7⇒71600円 公式価格との価格差14200円

ZenFone 7 pro⇒84100円 公式価格との価格差15700円

 

公式価格と比べるとかなり安くなっています。

 

さらに2020年11月4日11:00までは発売記念特価で

  • ZenFone 7⇒64800円
  • ZenFone 7 pro⇒76800円

とさらにお得になっています。

期間限定なので検討中の方はお早めに!

 

ZenFone 7/ZenFone 7 proを最安値で購入する
 

【比較】ZenFone 7とZenFone 7 proの違いは?安く購入する方法とは?まとめ

 

ZenFone 7とZenFone 7 proを比較してみました。

違いは

  • 価格
  • CPU
  • ROM
  • カメラ
  • バッテリー駆動時間

の5つ。

 

どちらの機種もハイスペックなので迷ってしまう方も多いかもしれません。

そんなときは、違いをしっかりと比較して選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください