Qoo10でスマホケースとフィルムを探す

ZenFone 6のスペックと特徴!格安SIMセットを取扱っているMVNOは?

ZenFone 6のスペックと特徴まとめ!格安SIMセットを取扱っているMVNOは?

今回は、ZenFone 6のスペックと特徴、取り扱いのあるMVNOを紹介していきます。

 

ASUSからZenFoneシリーズの最新フラッグシップモデル、ZenFone 6が発売されます。

前モデルのZenFone5シリーズは、

  • ZenFone5
  • ZenFone5Z
  • ZenFone5Q

の3モデルありましたが、ZenFone 6は、256GB/8GBと128GB/6GBの容量違いの2モデルが発売されます。
発売日は、2019年8月23日ですがトワイライトシルバーの256GB/8GBモデルのみ2019年8月30日の発売になります。

 

ZenFone 6はこんな機種
  • 0°~180°動かすことができるフリップカメラ
  • オールスクリーンナノエッジディスプレイを搭載
  • 5000mAhの大容量バッテリー

 

 

ZenFone 6のスペック

 

まずは、 ZenFone 6の基本的なスペックを確認しましょう。

 

本体サイズ75.4×159.1×9.1mm
質量190g
ボディカラートワイライトシルバー
ミッドナイトブラック
対応OS(出荷時)Android 9.0
CPUSnapdragon 855
内臓メモリ(ROM / RAM)256GB/8GB
128GB/6GB
外部メモリ最大容量
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.4インチ
IPS液晶
Corning® Gorilla® Glass 6
2340×1080ドット フルHD+
カメラメインカメラ:4800万画素+1300万画素
USB端子USB Type-C
認証機能指紋認証
顔認証
Wi-Fi ワイヤレスLANIEEE802.11a/b/g/n/ac
防水/防塵非対応
おサイフケータイ非対応
付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
クリアケース
ZenEar Pro
ZenEar Pro交換用イヤーピース
ユーザーマニュアル
製品保証書

 

ZenFone 6の公式サイトはこちら

https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-6-ZS630KL/Tech-Specs/

 

 

ZenFone 6の特徴

 

 

ここからは、ZenFone 6のスペックと特徴を紹介していきます。

 

フラッグシップモデルならでは!抜群の処理能力

 

 

処理能力やスペックは、他のメーカーのフラッグシップモデルに負けていません。

CPUは、最新のSnapdragon 855を搭載しています。また、処理能力が瞬時に向上するAIブーストにも対応。

内部メモリは、128GB/6GBと256GB/8GBの2種類あります。

多くの方は、128GB/6GBモデルで十分に足りる容量ではないでしょうか。

 

オールスクリーンのディスプレイ

 

 

6.4インチのオールスクリーンナノエッジディスプレイを搭載しています。

映製作でも使われる高色域DCI-P3比100%と高い色再現性でリアルな色を映し出し、こだわりがあります。

 

インカメラがないのノッチがなくベゼルレレスデザイン。画面占有率は、92%となっています。

ディスプレイには、Corning® Gorilla® Glass 6を採用。強度が高く割れにくく、耐久性に優れています。

 

カラーバリエーションは2色

 

 

ZenFone 6のカラーバリーエーションは、

  • トワイライトシルバー
  • ミッドナイトブラック

の2色です。

本体の背面は、Corning Gorilla Glassを採用。

エッジ部分には、デュアルダイアモンドカット処理がされていて、手にフィットするカーブデザインになっています。

 

フリップカメラを搭載

 

 

ZenFone 6は、4800万画素+1300万画素のディアル構成のフリップカメラを搭載しています。

メインカメラは、4800万画素のSony IMX586イメージセンサーを搭載。明るい場所でも暗い場所でも変わらず、キレイな写真を撮ることができます。

セカンドカメラは、1300万画素の超広角カメラを搭載。125°の範囲を撮影することができます。

 

 

ZenFone 6には、インカメラがありません。フィリップカメラが180°起き上がりインカメラになります。

 

通常のスマホだとインカメラは、アウトカメラに比べて性能が劣ります。

ですが、ZenFone 6は、アウトカメラがインカメラになるので、高性能な性能カメラで、自撮りできます。

フリップカメラは、0~180°までの角度で自由に動かすことができフリーアングル撮影が可能。

フリップカメラの角度を変えるだけでいろいろな構図の写真を撮ることができます。

 

大容量のバッテリー

 

 

5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

  • 連続待受最大35日間
  • 連続通話時間最大40時間
  • webブラウジング最大23時間

 

これだけの容量があれば外出するときにモバイルバッテリーを持ち歩く必要がありませんね。

OTGケーブルがあればリバース・チャージが可能。

また、Quick Charge 4.0にも対応。

 

ZenFone 6を取り扱っているMVNOと本体価格は?

 

ZenFone 6を取り扱っているのは、

 

 

上記の3社になります。

 

ZenFone 6の価格は?

 

IIJmio(みおふぉん)256GB/8GB 79800円
128GB/6GB 64800円
mineo256GB/8GB ー円
128GB/6GB 67200円
BIGLOBEモバイル256GB/8GB ー円
128GB/6GB 69600円(総額)

*税別価格です。

256GB/8GBと128GB/6GBの両モデルを取り扱っているのはIIJmio(みおふぉん)だけです。

 

⇒IIJmio(みおふぉん)でZenFone 6をチェックする!

 

 

ZenFone 6のスペックと特徴まとめ!格安SIMセットを取扱っているMVNOは?まとめ

 

ZenFone 6のスペックと特徴をまとめました。

スペックや性能は、ハイエンドモデルですが、かなりお得な価格になっています。

ZenFone 6の最大の特徴は、カメラですね。

フリップカメラが回転するのでインカメラとアウトカメラは同じなので、高性能カメラで自撮りができます。

また、アングルも0~180°までなら自由に調整できるので、カメラを動かさずアングルの変更OK!

カメラにこだわっている方にはおすすめでの機種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください