ZenFone5のスペックと特徴をまとめみた!!

どうも!!S.O.Uです。今回は、ZenFone5のスペックを紹介していきます。

 

ZenFone5が2018年5月18日に発売されました。今回のZenFone5シリーズは、5Z/5/5Qの3機種のライナップです。

実は、ZenFone5が発売されるのは、今回が初めてではありません。2014年にすで発売されているのです。

ですが2014年に発売されたZenFone5(A500KL)と今回発売されたZenFone5(ZE620KL)は、全く違うものです。

よくみてください、型番が違いますよね。間違える方もいないとは思います。

早速ですが、ZenFone5のスペックを紹介していきます。

 

 

ZenFone5(ZE620KL)スペック

 

本体サイズ75.6x153x7.7mm
ボディカラースペースシルバー
シャイニーブラック
対応OSAndroid8.0
CPUQualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB/RAM 6GB
バッテリー3300mAh
ディスプレイ6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
2,246×1,080ドット (フルHD+)
カメラインカメラ:800万画素
1,200万画素+800万画素
センサーGPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC
SIMデュアルSIM
付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
クリアケース
ZenEar Pro
ZenEar Pro交換用イヤーピース
ユーザーマニュアル
製品保証書

 

価格は、52,800円(税別)です。ミドルクラスの価格ですがかなりのハイスペックです。

ZenFone5のスペックで十分だという方もたくさん出てくるはずですよ。

 

 

ZenFone5(ZE620KL)の特長

 

 

ZenFone5の大きな特長は2つです。ディスプレイとAI機能です。これらの特長をまとめてみました。

 

ディスプレイ

75.6x153x7.7mmの本体サイズでは、本来5.5インチほどの画面サイズになりますがZenFone5は、6.2インチと大画面です。

これは、オールスクリーンディスプレイを搭載しており画面占有率が90%だからです。ほぼ、ディスプレイということです。

家電量販店でサンプルを確認しましたが本当に画面が大きいです。

 

AI機能

ZenFone5は、とても便利な様々なAI機能が搭載されています。

 

AI CAMERAS

自動で最適なカメラセッティングをしてくれます。誰でも簡単に最高の写真を撮ることができます。

AI POWER

負荷のかかるアプリの実行中も快適に動作できるように設計されています

AI CHARGING

バッテリーの寿命を最大限に引き伸ばしてくれます。AI充電をONにすることで過充電を防ぎ、バッテリーの劣化を防ぎます。

AI CALL EXPERIENCE

囲の騒音レベルに応じて着信ボリュームを自動で調整してくれます。

AI MOBILE EXPERIENCE

従来の指紋認証に加えて、インカメラでの顔認証にも対応。手袋をして指紋認証できない時でも、画面を見るだけでスリープ解除ができます。

 

ZenFone5を取り扱っているMVNOは?

 

ZenFone5を取り扱っているのは、

 

 

上記のMVNOになります。

ZenFone5は、人気機種なだけあって取り扱っているMVNOが多いですね。

 

おすすめの記事

ZenFone5 のおすすめケース!しっかり保護できるスマホケースまとめ
ZenFone 5 おすすめガラスフィルム 液晶保護フィルム6選!!タイプ別に紹介していくよ!!

 

まとめ

 

ZenFone5のスペックを紹介してきました。ディスプレイとAIの機能がすごいですね。

ディスプレイは、他の機種に比べるとやはりデカイです。ゲームをやる方や動画をよく見る方には、おすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください