Xiaomi 11Tのスペックを評価!ハイエンドモデル並みの性能でコスパがよいスマホ!

2021年11月5日にXiaomi 11Tが発売!

同じ日にはXiaomi 11T Proの発売されています。

Xiaomi 11Tは、バランスのとれた高性能なスマホです。

Xiaomi公式サイトでの本体価格は54800円。

コスパのよい機種です。

Xiaomi 11Tはこんな機種
  • ハイエンドモデル並のMediaTek Dimensity 1200-Ultraを搭載
  • 10800万画素を搭載したトリプルカメラ
  • カラーは3色

この記事では、Xiaomi 11Tのスペックを評価とお得に購入できる方法を紹介しています。

Xiaomi 11Tを取り扱っているのは?

Xiaomi 11Tを取り扱っているのは、Xiaomi公式サイト以外に

  • ECサイト
  • 家電量販店
  • MVNO

で購入できます。

機種変更ならECサイトや家電量販店で購入するのも良いですが、MNPでお得に購入できるMVNOがおすすめです。

Xiaomi 11Tを取り扱っているのは

Xiaomi 11Tを取り扱っているMVNO特徴
IIJmio(みおふぉん)格安SIMとスマホのセットが充実している
OCN モバイル ONE音声対応SIMセットなら機種が安く購入できる

MVNOの大手2社が取り扱っています。

かなりお得な価格が期待できそうです。

IIJmio(みおふぉん)とOCNモバイルONEの本体価格は?

MVNOは、基本的にSIMとセットでの購入になります。

なので、MNP(他社からの乗り換え)や新規契約の人におすすめです。

Xiaomi 11Tを取り扱っているMVNO通常本体価格
IIJmio(みおふぉん)49800円
OCN モバイル ONE43409円

どちらも4万円台で購入できますが価格が安いのは43409円で販売しているOCNモバイルONEです。

両社ともに条件を満たせば大幅な割引が適用されてXiaomi 11Tをお得に購入できます。

OCNモバイルONEの特別割引
  • MNP(他社からの乗り換え)⇒14300円OFF
  • 対象オプション同時加入⇒2200円OFF

最大で16500円が割引されてXiaomi 11Tが26909円で購入可能!

MNPだけでも14300円の割引で29109円に!

新規契約を検討中の人は
要チェック!

⇒OCNモバイルONEでお得なチャット限定クーポンを貰おう!新規規約でもお得にスマホを購入できる!

IIJmio(みおふぉん)の特別割引

ギガプランにMNP(他社からの乗り換え)する人限定

49800円が12000円割引の37800円で購入可能!

今なら、初期費用が3300円⇒1円に!

2021年11月30日までのお得なキャンペーン開催中!

⇒OCN モバイル ONEの公式サイトはこちら

⇒IIJmio(みおふぉん)の公式サイトはこちら

OCNモバイルONEの
その他のキャンペーンもチェックしよう!

OCNモバイルONEの最新キャンペーン!セール開催中はスマホが最安値で購入できる

Xiaomi 11Tのスペック

Xiaomi 11Tのスペックは次の通り。

Xiaomi 11T
本体サイズ164.1×76.9×8.8mm
質量203g
ボディカラームーンライトホワイト
メテオライトグレー
セレスティアルブルー
対応OSMIUI 12.5(Android 11)
CPUMediaTek Dimensity 1200-Ultra
5G対応
内部ストレージ128GB
RAM8GB
外部ストレージ
バッテリー5000mAh
67W ターボチャージ(急速充電)
ディスプレイ6.67 インチ
AMOLED ドットディスプレイ
2400×1080 FHD+
アスペクト比:20:9
リフレッシュレート最大120Hz
Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
アウトカメラトリプルカメラ
10800万画素
800万画素
500万画素
インカメラ1600万画素
SIMカードサイズ
スロット
nanoSIM
デュアルSIM
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵
イヤホンジャック
おサイフケータイ非対応
付属品アダプター
USB Type-C ケーブル
SIM 取り出しツール
保護ケース
クイックスタートガイド
保証カード

MediaTek Dimensity 1200-Ultraを搭載

MediaTekの5Gに対応したDimensity 1200-Ultraを搭載。

2年前ぐらいのハイエンドモデルクラス並に性能があるCPUです。

最新のSnapdragon 888と比較すると性能は劣りますが高性能に違いはありません。

内部ストレージの容量は128GBと十分な容量があります。

ですが、外部ストレージには対応していません。

よほどのことがなければ容量不足になることはないと思います。

よく写真や動画などを保存したり、アプリをたくさんインストールしている人は注意が必要です。

本体サイズは大きめ ボディカラーは3色のラインナップ

本体は、164.1×76.9×8.8mm/203gと大きめのサイズでそこそこの重さです。

手帳型ケースを装着したら250gは超えそうです。

スマホを保護するためにケースは、必要ですが重さが気になる人は慎重に選ぶ必要があります。

あなたにおすすめ!Xiaomi 11Tの関連記事

ボディカラーは

  • グレー系のメテオライトグレー
  • ホワイト系のムーンライトホワイト
  • ブルー系のセレスティアルブルー

の無難なカラー3色のライナップです。

メティオライトグレーはブラッシュメタル仕上げ、ムーンライトホワイトとセレスティアブルーはアンチグレア仕上げとカラーによって感じが違います。

ディスプレイ

6.67 インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

解像度は、多くの機種で採用されているFHD+(2400 x 1080)です。

カバーガラスは、Corning Gorilla Glass Victusを採用しています。

画面が割れにくく耐久性に優れていますが、指紋や汚れの付着、キズや割れから守るためにはガラスフィルムを貼っておくことをおすすめします。

あなたにおすすめ!Xiaomi 11Tの関連記事

リフレッシュレートは、最大で120Hzに対応。

スムーズなスクロールでストレスなく楽しめます。

また、ゲームをプレイするのに重要なのがタッチサンプリングレートです。

タッチサンプリングレートは、最大で480Hzに対応しているので快適にゲームをプレイできます。

10800万画素のトリプルカメラを搭載

10800万画素のトリプルカメラを搭載。

インカメラは、1600万画素のシングルカメラです。

カメラ構成は次のとおりです。

メインカメラ10800万画素
超広角カメラ800万画素
テレマクロカメラ500万画素

メインカメラは10800万画素の広角カメラです。

昼夜を問わず、くっきりとした写真が撮ることができます。

超広角カメラの画角は120°あります。

Redmi Note 10 Proの118°やMi 11 Lite 5Gの119°と比較すると広くなっています。

望遠カメラの代わりにテレマクロカメラを搭載しています。

望遠レンズで接写ができるでマクロカメラに比べて被写体に近づく必要がありません。

接写でいろいろなものを撮っていると写真が楽しくなります。

まとめ

Xiaomi 11Tを簡単に紹介すると

  • ハイエンドモデル並のMediaTek Dimensity 1200-Ultraを搭載
  • 10800万画素を搭載したトリプルカメラ
  • カラーは3色

お手頃価格の高コスパなスマホです。

OCNモバイルONEなら格安SIMとセットでお得に購入できます。

検討中の人は売り切れる前にどうぞ

⇒OCN モバイル ONEの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください