Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットを購入するならnuroモバイルがおすすめ!

Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットを購入するならnuroモバイルがおすすめ!

今回は、nuroモバイルで取り扱いが開始されたWiko Tommy3 Plusの格安SIMセットを紹介していきます。

エントリーモデルなので、初心者におすすめの機種ですよ。

 

この記事では、

 

  • Wiko Tommy3 Plusのスペックや特徴
  • Wiko Tommy3 Plusの本体価格
  • nuroモバイルの特徴
  • nuroモバイルの利用料金・サービス

 

がわかります。

 

Wiko Tommy3 Plusって何?

 

Wikoって聞いたことありますか?

Tommy3 Plusを発売しているメーカーです。gooスマホのg8を製造しているメーカーと言えばわかる方もいるかもしれませんね。

 

Wikoは、フランスのスマホメーカーです。日本では、あまり馴染みがないと思いますがフランスでは、シャア2位で人気があります。

Wiko Tommy3 Plusは、日本に参入して3機種目です。エントリーモデルでは、注目の機種です。

 

Wiko Tommy3 Plusのスペック

 

Wiko Tommy3 Plusは、2019年1月25日に発売されました。

 

本体サイズ147.6×71.3×8.4mm
質量150g
ボディカラーブラック
ミラー
チェリーレッド
ブリーン
対応OSAndroid 8.1
CPUMT6739WW Quad Core4×1.5GHz
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 16GB/RAM 2GB
外部メモリmicroSDXC 最大128GB対応
バッテリー2900mAh
ディスプレイ5.45インチ
HD+ 1440×720ドット
IPS液晶
カメラメインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
Wi-Fi802.11 b/g/n
SIMデュアルSIM
microSIM nanoSIMアダプター付き
付属品マイクロUSBケーブル
ACアダプター
バッテリー

 

 

Wiko Tommy3 Plusの特徴

 

Wiko Tommy3 Plusの特徴

 

何度も言いますが、Wiko Tommy3 Plusは、エントリーモデルです。なので、スペックは、低めです。

web検索やメール、LINE、SNSなどであれば問題なく利用できます。ゲームは、パズルゲームなどの比較的負荷が軽いゲームであればなんとかプレイできるでしょう。

高負荷な3Dスマホゲームがやりたい方は、Wiko Tommy3 Plusではなく、ミドルレンジモデル以上の機種を選んでください。

 

CPU

2017年2月に発売された前モデルのTommyに比べると性能は、良くなっています。

しかし、最新のエントリーモデルと動作を比べるとちょっと劣ります。

 

ディスプレイ

ディスプレイのサイズは、5.45インチで比率18:9とワイドディスプレイで縦長になっています。

持ちやすく、片手でも操作ができます。

前モデルとサイズは、ほぼ一緒ですが、ディスプレイが大きくなっています。

 

内部メモリ

やはり物足りません。ですが、音楽などを保存するときは、最大128GBまで対応している外部メモリを利用すれば問題ありません。

 

SIM

デュアルSIMです。microSIMに対応していて1つは、nanoSIMアダプター付きです。

microSDカードは、別途でスロットがあります。DSDS時にmicroSDカードを同時使用が可能です。

また、4G+4Gの『デュアルSIM・デュアルVoLTE』DSDVにも対応します。

 

バッテリー

バッテリーは、取り外しができるので、自分で取り替えることができます。

バッテリー容量は、2900mAhと最新のスマホに比べたら小さめですが、外出時に予備のバッテリーを持ち歩けば充電切れを気にする必要がありません。

 

Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットはnuroモバイルがおすすめ!

 

nuroモバイルでは、Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットを取り扱っています。

料金プランは、シンプルでわかりやすく、nuroモバイルならではのサービスもありますよ。

 

nuroモバイルの特徴

 

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営をしているMVNOです。

ソニーグループなので、安心です。

 

nuroモバイルの回線は、2回線です。

  • docomo
  • SoftBank

の回線に対応しています。docomo回線のプランの方が料金は、少し安いです。

 

プランは、シンプルでわかりやすくなっています。お試しプランであれば、データ容量が0.2GBで300円〜利用できて料金が格安です。

 

Wiko Tommy3 Plusの本体価格は?

 

nuroモバイルでのWiko Tommy3 Plusの本体価格は、

  • 一括:15660円(税込)
  • 分割支払い:1ヶ月目 703円(税込)2〜24ヶ月目 700円(税込)

分割払いの総額は、16803円(税込)になるので一括払いの方が分割手数料がかからない分お得です。

 

ちなみにAmazonでもWiko Tommy3 Plusを購入することができます。

価格は、15980円(税込)です。nuroモバイルの方が少し安いですね。

 

created by Rinker
Wiko
¥14,890 (2020/12/02 07:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

nuroモバイルの利用料金

 

nuroモバイルの料金プランは、docomo回線とSoftBank回線で価格が変わります。docomo回線の方が少し安いのです。

nuroモバイルでもdocomo回線をおすすめしていますよ。

 

docomo回線料金プラン

 

プラン名容量データ専用データ+SIM音声通話付き
お試しプラン(D)0.2GB300円450円1000円
Sプラン(D)2GB700円850円1400円
Mプラン(D)7GB1500円1650円2200円
Lプラン(D)13GB1000円1400円3400円

 

SoftBank回線プラン

 

プラン名容量データ専用データ+SIM音声通話付き
お試しプラン(S)0.2GB500円1200円
Sプラン(S)2GB980円1200円
Mプラン(S)7GB2300円3000円
Lプラン(S)13GB2980円3680円

 

SoftBank回線は、データ+SIMには、対応していません。

プランは、変更可能で、手続きをした翌日から適用されます。

 

>>nuroモバイル公式サイトでTommy3 Plusをチェックする!

 

そのほかの費用

 

スマホ本体代と利用料金の他に

 

登録事務手数料3000円
最低利用期間内解約金12000円〜0円
音声通話料20円/30秒
SIM切替手数料3000円
SIMカード準備料ドコモ回線:394円
ソフトバンク回線:384円
SIM有償交換手数料3000円
SIM損害金3000円
SMS送信料3円~/通
国際SMS50円~/通
MNP転出手数料3000円

 

必要に応じて上記の費用がかかります。

 

音声通話プランを利用している場合は、最低利用期間内解約金がかかります。

サービスが開始されてからかかります。開始月は、12000円でそこから毎月1000円ずつが減額されます。

 

例えば、11ヶ月利用して解約した場合の最低利用期間内解約金は、1000円です。12ヶ月利用すれば最低利用期間が満了になります。

12か月以上利用して解約する場合は、最低利用期間内解約金は、かかりません。

 

音声通話プランでお試しプランを利用している方は、最低利用期間内解約金がかかりません。

 

nuroモバイルのサービス

 

nuroモバイルのサービスは、いろいろあります。その中でも『データ前借り』というちょっと変わったサービスで快適に利用することができますよ。

 

データ前借り

 

データ前借り

 

データ容量が足りなくなった場合は、データ容量を追加で購入するのが一般的ですよ。

データ前借りは、翌月分からデータ容量が前借りできます。このサービスは、nuroモバイルだけのちょっと変わったサービスです。

データ前借りをすれば追加利用金ナシで、データ容量を補充することができます。

 

前借りできるデータ容量は、10MB以上から、1MB単位で最大2GBまでです。お試しプランは、データ前借りは、できませんので注意してください。

 

nuroモバイルでんわ

 

nuroモバイルでんわ

 

nuroモバイルでんわは、音声通話付きプランの方が対象のサービスです。

nuroモバイルでんわを利用することで通常の20円/30秒から10円/30秒に通話料金を半額に割引されます。

nuroモバイルでんわアプリを利用して電話をすればサービスが適用されます。なおで、申し込みは不要です。

 

よく電話をかける方は、10分かけ放題オプションを利用することがおすすめです。

月額料金800円で10分以内の通話なら何度かけても無料です。

10分かけ放題を利用するためには、nuroモバイルでんわアプリを利用するか電話番号の先頭に「0037-692」の付加が必要になります。

 

nuroモバイル端末補償

 

端末補償

 

スマホが水没や破損などした場合は、新しいスマホを購入し直さないといけないと思っていませんか?

そうなるとかなりの負担になりますよね。

nuroモバイル端末補償は、少ない負担で新しい端末に交換することができます。

負担額は、1回目が5000円、2回目が8000円です。36ヶ月までなら、水濡れ、破損、自然故障に対応しています。

 

>>nuroモバイル公式サイトでTommy3 Plusをチェックする!

 

 

Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットを購入するならnuroモバイルがおすすめ!まとめ

 

nuroモバイルならWiko Tommy3 Plusをお得ですね。独自のサービスがあって快適に利用できます。

Wiko Tommy3 Plus格安SIMセットを購入するならnuroモバイルがおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください