USB type-cケーブルの失敗しない選び方の4つのポイントとは?

今では、スマホのケーブルと当たり前になっているのがUSB Type-Cケーブルです。

スマホを充電するときに、ケーブルの向きを気しなくても接続できませんか?できているならそのスマホは、USB Type-Cケーブルですよ。

2015年までのAndroidスマホは、microUSBが主流でした。今でも、機種によって、microUSBが使われれいる場合があります。最近の機種で言えば、MOTO E5OPPO R15 neoなんかがmicroUSBケーブルですね。

 

 

USB Type-Cケーブルも普及していきて性能がよくなって種類もいろいろと増えてきました。種類が増えてくると問題のなってくるのが、どれを選んでいいかとわからなくなることです。

 

今回は、USB Type-Cケーブルの失敗しない選び方を解説していきます。また、USB Type-Cケーブルのおすすめのメーカーをチェックしたいと思います。

 

 

USB Type-Cケーブルの失敗しない選び方

 

 

USB Type-Cケーブルを選ぶ時には、特徴をしっかりと把握していないといけません。適当に選んでしまうととんでもない製品に当たってしましいますよ。品質の良くないものも出回っているらしいのです。

では、特徴も踏まえてUSB Type-Cケーブルの失敗しない選び方を紹介していきます。

 

一番使う可能性のケーブルを選ぶ

 

多分ですが、両方がUSB Type-Cケーブルのタイプで、使い道がある人って少ないと思います。スマホは、USB Type-C、充電器やパソコンなどは、USB Type-Aという人がもっとも多いのではないでしょうか。

 

状況によって一番使う可能性のケーブルを選択するようにしなければなりません。

 

USB Type-Cケーブルを選ぶ時に多くの人は、片側がUSB Type-Cで、反対は、USB Type-Aを選択するようになるはずです。スマホに付属しているケーブルも端子が、USB Type-Cの場合は、このタイプのケーブルが付属しています。

 

USB 3.0に対応したケーブルを選ぶ

 

データ転送は、速い方がいいですよね。USB 3.0に対応したケーブルを選ぶようにしてください。さらにデータ転送が速いものを希望する場合には、USB 3.1やUSB3.1 Gen2に対応したケーブルを選んでください。全てのUSB Type-CケーブルがUSB 3.0に対応しているわけでは、ありません。USB 2.0にしか対応していないものありますので注意が必要です。

ただし、転送する機器も高速転送に対応していないと転送速度は、速くなりません。例えばスマホとパソコンを接続した場合、スマホとパソコン両方でUSB 3.0に対応していないとデータ転送がUSB 3.0の速度に対応しません。

 

急速充電に対応したケーブルを選ぶ

 

急速充電に対応しているスマホの多くなってきましたよね。急速充電でよく見かけるのがQuick Chargeです。急速充電をするためには、急速充電に対応したケーブルが必要になります。対応していないケーブルでは、急速充電できません。

Androidスマホの急速充電の場合は、Quick Chargeが搭載れていることが多いので、Quick Chargeに対応した、USB Type-Cケーブルを選ぶようにしましょう。

 

安すぎるUSB Type-Cケーブルを選ばない

 

今では、ダイソーなどの100均でもUSB Type-Cケーブルを購入することができます。安い方が嬉しかもしれませんが、あまりにも安すぎるものには、気をつけましょう。充電できない、傷がついた、硬くて刺さらないなどの、レビューもあります。安いケーブルが全てダメかというとそうでは、ありませんが、安すぎるものは、選ばない方が賢明でしょう。

USB Type-Cケーブルの目安の金額は、5〜600円以上であればある程度は、安心して使える価格帯のケーブルになります。これくらいの金額を目安に選ぶことをおすすめします。

 

 

変換アダプターで今使っているケーブルを利用できる

 

 

今使っているMicro USBケーブルに被せるだけでUSB-C対応のケーブルになります。端子がUSB Type-Cのスマホに接続することができますよ。形状が変わるだけで性能は、そのままです。元のケーブルがUSB 2.0なのであれば高速データ通信には、対応しませんので注意が必要です。

 

まとめ

 

USB Type-Cケーブルを選ぶ時には、

 

  • 一番使う可能性のケーブルを選ぶ
  • USB 3.0に対応したケーブルを選ぶ
  • 急速充電に対応したケーブルを選ぶ
  • 安すぎるUSB Type-Cケーブルを選ばない

 

これら4つのポイントに注意して選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください