Wiko Tommy3 Plusのスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、Wiko Tommy3 Plusのスペックと特徴をまとめました。

 

Wiko Tommy3 Plusが2019年1月末に発売予定です。

予約は始まっていて、2019年1月18日から受け付けております。

 

Wikoって聞きなれないメーカーですよね。ウイコウと読みます。

2018年に発売されたgooのスマホのg08のメーカーといえば分かるかたもいるかもしれませんね。

 

Wikoは、フランスのマルセイユに本社があるスマホメーカーです。フランスでのシェアは2位で西欧全体でもトップ5に入る人気メーカーです。

今回、発売されるTommy3 Plusは、Wikoが日本国内で発売する第3弾の注目の機種になります。

 

 

Wiko Tommy3 Plusスペック

 

 

 

本体サイズ71.3×147.6×8.6mm
質量150g
ボディカラーミラー
ブラック
ブリーン
チェリー・レッド
対応OSAndroid8.1
CPUMT6739WW
クアッドコア1.5GHz
内臓メモリ(ROM / RAM)16GB/2GB
外部メモリ最大容量microSDXC 最大128GB
バッテリー2900mAh
ディスプレイ5.45インチ
IPS液晶
1440x720 HD+
カメラメインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
microUSB
認証機能顔認証
SIMmicroSIM×2

 

 

Wiko Tommy3 Plusの本体価格

 

気になるWiko Tommy3 Plusの本体価格は、14800円(税抜)です。

Amazonでは、2月1日の入荷予定になっています。

 

created by Rinker
Wiko
¥14,940 (2020/02/25 20:30:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
Wiko
¥14,800 (2020/02/25 20:30:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

created by Rinker
Wiko
¥15,980 (2020/02/25 20:30:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

Wiko Tommy3 Plusの特徴

 

 

Wiko Tommy3 Plusの特徴や性能をまとめました。

 

性能

 

CPUは、台湾メディアテック製SoCのMT6739WWを搭載しています。

多くの機種は、 クアルコム製を搭載しているのであまり馴染みがないかもしれませんね。

14800円(税抜)を見ればわかりますが、エントリーモデルの性能です。ネット検索やTwitterなどのSNS、メール、電話ぐらいであれば問題なく使うことができます。

負荷の高い3Dゲームなどをやりたい方には、向いていません。

 

内臓メモリ(ROM / RAM)は、16GB/2GBともの足りませんね。足りないと感じるので、あれば外部メモリーの利用をおすすめします。

価格を考えれば十分な性能や機能は、備わっているのではないでしょうか。

 

デザイン&ディスプレイ

 

フランスでは、オシャレなデザインで人気のWiko Tommy3 Plusです。

 

アスペクト比18:9の5.45インチの縦長ディスプレイになります。

コンパクトデザインなので片手でも持ちやすく操作しやすいのではないでしょうか。

 

ボディカラーは、ミラー、ブラック、ブリーン、チェリー・レッドの4色のラインアップです。

ブリーンってなに?グリーンの間違い?と思った方もいるかもしれませんね。

ブリーンは、茶色がかった緑色と言う意味だそです。語源は、brown+greenらしいです。

 

カメラ

 

メインカメラは、1300万画素のシングルカメラにになります。

光の取り込みは、大きなf/2.0レンズ口径と5Pレンズによって、暗い環境で最適化されています。

 

インカメラは、500万画素で自動HDRとソフトライトフラッシュを装備しています。

そのほかの機能は、ライブポートレートぼかしやフェイスビューティー、タイムラプスなどが搭載されています。

 

その他機能

 

そのほかの気になる機能は、SIMカードを2枚装着ができます。DSDSに対応しています。

トリプルスロットなので同時待ち受けしながらmicroSDカードを使用することができます。

 

生体認証は、顔認証に対応しています。ロック解除が素早くできますね。しかし、指紋認証は、非対応です。

 
あなたにおすすめ!Wiko Tommy3 Plusの関連記事

Wiko Tommy3 Plusにおすすめケース!!お手頃な手帳型スマホケースを厳選!
Wiko Tommy3 Plusおすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルムをタイプ別にまとめてみた!!

 

Wiko Tommy3 Plusのスペックと特徴をまとめてみた!!まとめ

 

Wiko Tommy3 Plusのスペックと特徴を紹介しました。

あまり聞きなれませんがフランス国内では、2位のシェアを誇ります。フランスでは、アップルより人気があります。

 

今回発売されたTommy3 Plusは、エントリーモデルになります。

2018年の年末に発売されたZenFone Live(L1)の価格が16800円(税込)でビックリしましたがそれよりも安い14800円(税込)です。

MVNOがキャンペーン価格で販売することがあればかなりお得に購入できるかもしれません。

 

エントリーモデルの格安スマホに乗り換えようと考えている方は、WikoのTommy3 Plusも候補の1つとして検討しても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください