Palm Phoneのスペックと特徴とは?3.3インチの超コンパクトスマホが登場!

Palm Phoneのスペックと特徴とは?3.3インチの超コンパクトスマホが登場!

今回は、Palm Phoneのスペックと特徴をまとめました。

 

Palm Phoneが2019年4月24日に発売されました。

 

現在では、6インチ以上の大画面のスマホが主流になっていますよね。

ディスプレイが大型化する中、Palm Phoneは、なんと3.3インチの超コンパクトサイズのスマートフォンです。

クレジットカードほど大きさなので、持ち運びに便利ですね。

 

この記事では、Palm Phoneの

  • スペック
  • 特徴

を紹介していきます。

 

 

Palm Phoneスペック

 

 

本体サイズ50.6×96.6×7.4 mm
質量62.5g
ボディカラーチタン
対応OS(出荷時)Android8.1
CPUSnapdragon 435
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 32GB/RAM 3GB
外部ストレージ最大容量非対応
バッテリー800mAh
ディスプレイ3.3インチ
カメラメインカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
USB端子USB Type-C
認証機能顔認証
無線LAN規格802.11 b/g/n
SIMnano-SIM
防水・防塵性能IP68

 

 

Palm Phoneの特徴

 

 

Palm Phoneで気になるのは、

 

  • 性能
  • サイズ&ディスプレイ
  • カメラ
  • バッテリー
  • 防水機能

 

ではないでしょうか。

 

性能

 

 

CPUは、Snapdragon 435を搭載しています。性能は、一応、ミドルレンジクラスになります。

最新の機種は、Snapdragon 450を搭載しているので、それらと比べると性能は、少し劣りますね。エントリークラスよりちょっといいぐらいの性能と考えた方がいいでしょう。

LINEやメールなどがメインの方であれば問題ない性能です。

 

内部メモリは、ROM 32GB、RAM 3GBです。ちょっと物足りないかもしれませんね。

外部ストレージは非対応ので、写真などをスマホに直接、保存すると容量がいっぱいになって足りなくなるかもしれないので、注意してください。

 

サイズ&ディスプレイ

 

 

本体サイズは、50.6×96.6×7.4mm、ディスプレイサイズは、3.3インチと超コンパクトサイズのスマホです。

クレジットカードと同じぐらいの大きさです。クレジットカードを耳に当てればどんな感じなのかわかりますよ。

超コンパクトで持ち運びも便利ですが、小さすぎどこにしまったのかわからなくなることもあるかもしれませんね。

 

カメラ

 

 

メインカメラは、1200万画素のシングルカメラになります。インカメラは、800万画素です。

インカメラは、顔認証に対応しているので、ロックを解除するときにいちいちパスワードを入力しなくてもいいので便利ですね。

 

バッテリー

 

 

バッテリー容量は、800mAhです。最近では、大容量のバッテリーを搭載している機種が多いので、かなり小さく感じます。

サイズが小さいので、これぐらいのバッテリー容量でもすぐにバッテリー切れになることもないでしょう。

心配であればモバイルバッテリーを持ち歩いた方いいかもしれませんね。

 

通話時間は、最長3時間20分、待機時間は、3日以上なので、普段使いであれば問題なさそうですね。

 

Palm Phoneには、ライフモードを搭載しています。

ライフモードは、使いすぎを防止する機能で、画面がオフの状態になれば、着信やメールやラインの通知などをオフにできます。

ライフモードを上手く利用すればバッテリーの持ちも良くなりますね。

 

充電時間は、31分で50%、68分で100%です。

 

防水機能

 

 

防水防塵性能をIP68です。最高クラスの性能で、水やホコリからしっかりとPalm Phoneを守ってくれますよ。

SIMフリースマホで防水防塵性能を搭載してる機種って意外と少ないので嬉しいですよね。

 

Palm Phoneを取り扱っているのはどこ?本体価格は?

 

Palm Phoneは、アマゾンで購入することができます。

その他に、ビッグカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラ、+Style、Palm Phoneの正規代理店のFOXオンラインストアで購入可能です。

価格は、41482円(税別)です。

 

 

Palm Phoneを購入したらこちらもチェック!

 

SIMカードは、どの回線を選べばいいの?

 

Palm Phoneの本体とは別にSIMカードを購入しなければなりません。

 

SIMカードを選ぶときは、ちょっと注意が必要です。

回線は、docomo、au、SoftBankのLTE回線に対応しています。

ですが、au回線は、Band 1のみ対応で使えないようです。

なので、SIMカードを選ぶときは、docomoかSoftBank回線を選ぶようにしてください。

 

docomoは、2Bandの対応ですが、SoftBankは、プラチナバンドを含む3Bandに対応しています。

快適に利用してたしたいのであればSoftBank回線を選択してください。

 

おすすめのSoftBank回線の格安SIM

 

SoftBank回線でおすすめの格安SIMは



 

の3社です。

特に、mineoがおすすめです!

 

 

Palm Phoneは、こんな人におすすめ!!

 

Palm Phoneのスペックと特徴を紹介しました。

性能とバッテリーの容量を考えるとメインよりは、2台目のスマホといった感じでしょうか。

仕事の連絡用に利用するのもアリかもしれませんね。

 

また、超コンパクトサイズなので、トレーニングやスポーツをするときに邪魔になくておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください