OPPO R15 Neoのスペックと特徴 ゲーム加速モードでゲームに集中できる!

OPPO R15 Neoのスペックと特徴 ゲーム加速モードでゲームに集中できる!

今回は、OPPO R15 Neoのスペックと特徴を紹介しています。

 

OPPO R15 Neoの3GB/64GBモデルが9月7日、4GB/64GBモデルが、8月31日に発売されました。

 

OPPO R15 Neoの大きな特徴は、

  • 4230mAhの大容量バッテリー
  • ゲーム加速モード
  • 6.2インチの大画面

です。

 

スペックは、ミドルレンジモデルでそれほど高くありませんが、スマホゲームをよくやる方におすすめの機種になっています。

ただし、高負荷な3Dゲームをプレイするのにはスペックが足らないので向いていません。

高負荷な3Dゲームをプレイしたい場合は、R17 ProReno 10x Zoomなどの機種がおすすめです。

 

Advertisement
 

OPPO R15 Neo スペック

 

 

本体サイズ75.6×156.2×8.2mm
質量168g
ボディカラーダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク
対応OSColorOS 5.1(ベースはAndroid8.1)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 450
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB RAM 3/4GB
インターフェイスmicroUSB
バッテリー4230mAh
ディスプレイ6.2インチ
ピクセル解像度1520×720
TFT液晶
カメラインカメラ:800万画素
メインカメラ:1300万画素+200万画素
同梱内容充電器
マイクロUSBケーブル
SIMカードツール
クイックガイド
ケース
重要情報、保証カード付冊子

 

Advertisement
 

OPPO R15 Neoの特徴

 

4230mAhの大容量バッテリー

 

 

OPPO R15 Neoのバッテリーは、4230mAhです。Androidスマホの中でも、大容量バッテリーのスマホになります。

バッテリーの持ち時間は、とても長いですよ。

  • 動画視聴なら約14時間
  • ゲームプレイなら約11時間

の駆動することが可能です。

 

6.2インチの大画面ディスプレイ

 

ディスプレイは、6.2インチ大画面です。比率19:9のフルスクリーンを搭載しています。

狭ベゼルとノッチデザインすることで、画面占有率は、88.8%。スマホゲームを十分に楽しめます。

 

ボディーカラーは2色

 

 

ボディーカラーは、

  • ダイアモンドブルー
  • ダイアモンドピンク

の2色です。ダイヤモンドの煌きをイメージ。

何層もコーティングされているので、見る角度によって色合いが変化します。

 

ゲーム加速モード

 

 

ゲーム加速モードは、ゲームを始めると、CPUが、自動的にパフォーマンスを高めて稼働します。

ゲーム中にフリーズしたり、カクついて満足に楽しめないという状況を回避します。

ゲームの最中に着信やメッセージを受信して画面が切り替わるの嫌ですよね。

ゲーム加速モードでは、画面が切り替わらず常に一番前にと表示されるため、ゲームを邪魔されません。思っ切りゲームを楽しむことができますよ。

 

OPPO R15 Neoを取扱っているMVNOは?

 

OPPO R15 Neoを取扱っているMVNOは、

です。*みおふぉんは2019年8月31日現在、在庫切れです。

 

上記のMVNO以外では、

  • amazon.co.jp
  • ビックカメラグループ
  • ノジマ
  • ヨドバシカメラ

でOPPO R15 Neoを購入することができます。

 

 

自分で、SIMを選びたいので本体は、Amazonで購入したいという人もいるかもしれませんね。

そんな人は、こちらからどうぞ!!

 

 

 

OPPO R15 Neoのスペックと特徴 ゲーム加速モードでゲームに集中できる!まとめ

 

ミドルレンジクラスのスマホで着信やメッセージに邪魔されずに、長時間ゲームを楽しみたい人におすすめです。

くれぐれもゲームのやりすぎには、注意してくださいね。