OPPO AX7のスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、OPPO AX7のスペックをまとめてみました。

 

OPPOからAX7が2018年12月14日に発売されました。

発売予定しているMVNOはIIJmio(みおふぉん)と楽天モバイルになります。

楽天モバイルでは、12月14日から、IIJmio(みおふぉん)は、12月21日から取り扱いが開始されます。

 

OPPO AX7は、ミドルレンジモデルのスマホになります。

同じような価格帯には、2018年9月に発売されたOPPO R15 Neoがあります。

 

OPPO AX7の気になるスペックを紹介していきます。

 

 

OPPO AX7 スペック

 

 

本体サイズ75.4×155.9×8.1mm
質量168g
ボディカラーゴールド
ブルー
対応OSColorOS 5.2, based on Android 8.1
CPUSnapdragon 450
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB RAM 4GB
外部メモリ最大容量256GB
バッテリー4230mAh
ディスプレイ6.2インチ
TFT液晶
1520×720ピクセル
カメラメインカメラ:1300万画素+200万画素
インカメラ:1600万画素
インターフェイスmicro USB
認証機能指紋認証
付属品ACアダプター
マイクロUSBケーブル
安全ガイド
クイックガイド
SIMカードツール
保護フィルム(貼付済み)
スマホケース

 

おサイフケータイ・防水・防塵、ワンセグは非対応です。

 

OSは、OPPO独自のAndroid8.1をベースにしたColorOS 5.2です。

実用的な機能が搭載されていて使い勝手が良いですよ!

 

本体価格は、29880円(税込)です。

 

OPPO AX7取り扱っている楽天モバイルやIIJmio(みおふぉん)で購入するときは、キャンペーンを利用することでお得に購入することができますよ。

また、MVNO以外では、Amazonや家電量販店で購入可能です。

 

 

OPPO AX7の特徴

 

 

OPPO AX7の中で気になるのは、デザイン、ディスプレイ、カメラ、バッテリーです。

これらの特徴をまとめてみました。

 

デザイン&ディスプレイ

 

 

ボディカラーは高級感のあるゴールドとブルーの2色です。3Dヒートカーブシート&グレーティングパターンを採用しているので、とても綺麗です。

ディスプレイは、水滴型ノッチを採用した6.2インチの縦長ディスプレイです。画面占有率は88.4%です。

傷がつきにくい強化ガラスです。実用性を美しさと兼ね備えています。

 

反射コーティングが採用されてます。画面全体の明るさが35%向上していてどの角度から見ても画面が綺麗に見えます。

 

カメラ

 

 

メインカメラは、1300万画素+200万画素のディアルカメラを搭載しています。

A.I.ポートレートモードで、自然に背景のぼかした写真が撮れたり、撮影した写真の人物を被写体として強調してくれます。

 

1600万画素のインカメラを搭載しています。プロのメイクアップアーティストの意見を参考に開発されたA.I.ビューティーモードに対応しています。

また、広角と大口径の組み合わせで、背景のディテールも印象的に描くことができます

 

バッテリー

 

4230mAhの大容量バッテリーを搭載しています。他のAndroidスマホと比べるとバッテリーの持ち時間が長いですよ。

AIのバッテリー管理システムで使っていないアプリ停止させるなど電力を節約してくれます。

 

OPPO AX7を取り扱っているMVNOは?

 

OPPO AX7を取り扱っているのは、

 

 

上記のMVNOになります。

 

あなたにおすすめ!OPPO AX7の関連記事
OPPO AX7ケースおすすめまとめ!!しっかり保護できるスマホケースは?
OPPO AX7 おすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルムをタイプ別にまとめてみた!!

 

OPPO AX7は、こんな人におすすめ!!

 

OPPO AX7は、スペックもそれなりによくコスパが良い機種ですね。

しかし、おサイフケータイ・防水・防塵、ワンセグが非対応なのが、ちょっと残念ですね。

 

使いやすさをコンセプトにしたスマホですが、機能も充実しているので使いやすくなっています。

普段使いなら快適に使うことができるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください