motorola edge20 fusionのスペックを評価!5G対応のミドルレンジモデル

モトローラから2021年10月22日にmotorola edge20 fusionが発売!

価格はモトローラ公式オンラインストアで43800円です。

モトローラ公式オンラインストア以外では、

  • ECサイト
  • 家電量販店
  • MVNO

がmotorola edge20 fusionを取り扱っています。

motorola edge20 fusionを取り扱っているのMVNOは?

ECサイトと家電量販店、MVNOの中でmotorola edge20 fusionを最安値で購入できるのはMVNOです。

motorola edge20 fusionをお得に購入できるMVNOは3社。

MVNO特徴
IIJmio(みおふぉん)格安SIMとスマホのセットが充実している
OCN モバイル ONE音声対応SIMセットなら機種が安く購入できる
NifMoプロバイダーの@niftyが運営
MVNO名をタップすると公式サイトが表示されます

イオンモバイルとFiimoは取り扱い予定ですが発売日は未定です。

MVNO各社の新プランを比較する

【2021年】格安SIM新プランが安いMVNOは?厳選したおすすめ8社を徹底比較!

本体価格はMVNO各社で違う

motorola edge20 fusionの公式価格は、43800円です。

ですが、MVNOの場合は各社が価格設定しているため価格に違いがあります。

格安SIMとセットの場合

MVNO通常価格(税込)
IIJmio(みおふぉん)35800円
OCN モバイル ONE25569円
NifMo42680円
MVNO名をタップすると公式サイトが表示されます

3社を比べると本体価格が一番安いのがOCNモバイルONEです。

IIJmio(みおふぉん)もOCNモバイルONEほどではありませんがお得感があります。

OCNモバイルONEの
最新キャンペーンをチェック!

OCNモバイルONEの最新キャンペーン!セール開催中はスマホが最安値で購入できる

OCNモバイルONEならmotorola edge20 fusionを最安値で購入できる

OCNモバイルONEは通常価格でも十分に安いですがある条件をクリアするとさらに値引きされます。

MNP(他社からの乗り換え)で14300円OFF

対象オプション同時加入で2200円OFF

最大で15000円が割引です。

  • MNP(他社からの乗り換え)対象オプション同時加入なら9069円
  • MNP(他社からの乗り換え)だけでもOK 11269円

どちらでも公式価格の半額以下で購入できます。

motorola edge20 fusion
最安値で購入

motorola edge20 fusionのスペック

公式価格43800円
本体サイズ166x76x8.25mm
質量185g
ボディカラーエレキグラファイト
対応OSAndroid 11
CPUMediaTek Dimensity 800U
5GSub-6に対応
内部ストレージ128GB
RAM6GB
外部ストレージmicroSD 最大512GBに対応
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.7インチ
2400×1080 FHD+
OLED
リフレッシュレート 最大90Hz
アウトカメラトリプルカメラ
10800万画素
800万画素
200万画素
インカメラ3200万画素
SIMカードサイズ/スロットnanoSIM×2
DSDS(5G+4G)
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IP52
イヤホンジャックΦ3.5㎜ヘッドセットジャック
おサイフケータイ非対応
付属品TurboPower 30Wチャージャー
USB Type-C ケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
ガイド類
LG(法令/安全/規制)
公式価格はモトローラ公式オンラインストアの価格です

おサイフケータイは非対応。

防水/防塵は、IP52とかなり心許ないです。

Motoアクション(My UX)は、全部で13種類。

motorola edge20 fusionは、10種類に対応しています。

Motoアクション(My UX)対応
親切ディスプレイ
ピークディスプレイ
クイックキャプチャー(カメラ起動)
LEDライト点灯
持ち上げてロック解除
パワータッチ
持ち上げて消音
下向きでマナーモード
3本指でスクリーンショット
スワイプで分割
ゲームタイム
メディアコントロール
オーディオ効果

motorola edge20 fusionの特徴

motorola edge20 fusionはこんな機種
  • ミドルレンジモデル
  • 10800万画素を搭載したトリプルカメラ
  • 大容量バッテリー

同じ日に発売されたmotorola edge20のスペックはこちら

motorola edge20のスペックを評価!モトローラ史上、最薄で最軽量のスマホ

motorola edge20 fusionとmotorola edge20の違いはこちら

MediaTek Dimensity 800Uを搭載したミドルレンジモデル

motorola edge20 fusionは、5Gに対応したミドルレンジモデル。

CPUはMediaTek Dimensity 800Uを搭載していて、Snapdragon 765Gに近い性能です。

Snapdragon 765Gは、Pixel 5a(5G)OPPO Reno5 Aなどが搭載しています。

MediaTek Dimensity 800UとRAMは6GBでは、高負荷な3Dゲームはちょっと厳しいかもしれません。

ですが、普段遣いや普通のスマホゲームなら快適に操作ができます。

内部ストレージは、128GBの容量です。

最大512GBに対応した外部ストレージを利用すればよほぼ容量不足になることはないでしょう。

本体サイズは大きめ ボディカラーは1色のみ

本体サイズは166x76x8.25mm、重さは185g。

motorola edge20に比べると大きく重さがあります。

ボディカラーは、エレキグラファイトの1色のみ。

motorola edge20のフロストオニキスよりもやや黒っぽい感じのカラーですね。

6.7インチの大型ディスプレイを搭載

6.7インチの有機ELディスプレイを搭載。

リフレッシュレートは、最大で90Hzに対応しています。

90Hzならストレス無くスムーズにスクロールできます。

その他にDCI-P3とHDR10+にも対応しています。

10800万画素を搭載したトリプルカメラ

motorola edge20 fusionはトリプルカメラを搭載。

アウトカメラ
メイン (f/1.9)10800万画素
超広角 118°/マクロ (f/2.2)800万画素
深度センサー(f/2.4)200万画素

インカメラは、クアッドピクセルテクノロジーを採用した3200万画素のシングルカメラです。

カメラの主な機能は

  • デュアル撮影
  • 低光量対応AI自撮り
  • スポットカラー
  • プロモード
  • ナイトビジョン
  • ポートレートモード

などがあります。

motorola edge20 fusionのスペックを評価!5G対応のミドルレンジモデルまとめ

motorola edge20 fusionのスペックと特徴を評価してみました。

特徴は10800万画素のメインカメラぐらいしかありませんがバランスがとれたコスパのよいスマホです。

motorola edge20 fusionを購入するならOCNモバイルONEがおすすめです。

MNP(他社からの乗り換え)と対象オプション同時加入で最大16500円の割引になり、1万円を切る価格で購入できます。

MNP(他社からの乗り換え)の14300円OFFだけでもOKなので検討中の人はお早目にどうぞ。

⇒OCNモバイルONEの公式サイトはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください