Qoo10でスマホケースとフィルムを探す

MVNOでmoto g8 plus格安SIMセットの取り扱いが開始!トリプルカメラを搭載してコスパの良いスマホ!

今回は、moto g8 plusのスペックと特徴を紹介していきます。

 

moto g8 plusが2020年3月16日にMOTOROLAから発売!

最新のmoto gシリーズは、トリプルカメラを搭載しています。

カメラにこだわりがある方も期待していい機種ではないでしょうか。

 

moto g8 plusの特徴
  • トリプルカメラ
  • ミドルレンジモデル
  • 6.3インチの大型ディスプレイ

 

 

moto g8 plusがMVNOで取り扱いが開始!

 

OCNモバイルONE

 

ついに、moto g8 plusがMVNOで発売されました。

取り扱っているMVNOは、

  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル

の2社です。人気のある機種なので、もしかしたら他のMVNOからの発売もあるかもしれませんね。

OCNモバイルONEは、期間限定で発売記念特価、BIGLOBEモバイルではお得なキャンペーンやってます。

 

⇒OCNモバイルONEでmoto g8 plusをチェック!

⇒BIGLOBEモバイルでmoto g8 plusをチェック!

 

moto g8 plusスペック

 

まずは、 moto g8 plusの基本的なスペックを確認しましょう。

 

本体サイズ75.8×158.4×8.27mm
質量188g
ボディカラーコズミックブルー
ポイズンベリー
対応OS(出荷時)Android 9
CPUSnapdragon 665
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM:64GB/RAM:4GB
外部メモリ最大容量microSDXC最大512GB
バッテリー4000mAh
ディスプレイ6.3インチ
2280×1080 フルHD+
IPS液晶
カメラメインカメラ:4800万画素+500万画素+1600万画素
インカメラ:2500万画素
USB端子USB TYPE-C
認証機能指紋認証
Wi-Fi ワイヤレスLANIEEE802.11 a/b/g/n/ac
防水/防塵
おサイフケータイ
付属品USB充電器
USBケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(法令/安全/規制)

 

 

moto g8 plusの特徴

 

 

ここからは、moto g8 plusのスペックと特徴を紹介していきます。

 

標準的なミドルレンジモデル

 

 

CPUは、Snapdragon 665を搭載。

普段遣いはもちろん、ほとんどのスマホゲームをスムーズにプレイできるので特に不満を感じることはありません。

しかし、ガッツリと負荷の高い3Dゲームをやるヘビーユーザーには物足りないスペックでしょう。

 

内部メモリは、ROM64GB/RAM4GBの容量です。

ハイスペックモデルと比較すると見劣りしますが、標準的なミドルスペックの容量で特に困ることはありません。

ROMの容量で足りない場合は最大512GBに対応している外部ストレージを利用すれば容量不足は解消できます。

 

ちょっと気になるのは、出荷時のOSが最新のAndroid 10ではなくAndroid 9.0を搭載しているところです。

Android 10に早めにアップデートしてほしいところです。

 

6.3インチの大型ディスプレイを搭載

 

 

ディスプレイサイズは、6.3インチ。

アスペクト比19:9のMax Visionディスプレイを搭載。

水滴型ノッチを採用しているので、画面占有率が高くスッキリとしています。

 

カラーバリエーションは2色

 

 

カラーバリーエーションは

  • コズミックブルー
  • ポイズンベリー

の2色です。

ブルー系とレッド系でちょっと派手な印象です。

落ち着いた雰囲気のディープインディゴがラインナップにあったほうが良かったかもしれませんね。

 

トリプルカメラを搭載

 


カメラは、前モデルのmoto g7 plusに比べてパワーアップ!

メインカメラは、

  • メイン:4800万画素
  • 深度センサー:500万画素
  • 動画+広角118°:1600万画素

の構成のトリプルカメラを搭載しています。

MOTOROLAは、カメラ性能が良いのでトリプルカメラになってさらに期待できるのではないでしょうか。

 

インカメラは、2500万画素のシングルカメラを搭載。

こだわりがある方でも納得のいくセルフィーが撮れそうです。

 

便利なMotoエクスペリエンスが全部入り

 

 

moto gシリーズの便利なMotoエクスペリエンスといえば

  • Motoディスプレイ
  • Motoアクション

の2つです。

もちろんmoto g8 plusはすべての便利機能を搭載しています。

 

対応している動作がこちら

Motoディスプレイ

  • 近づくと通知表示:対応
  • 親切ディスプレイ:対応
  • ピークディスプレイ:対応

 

Motoアクション

  • カメラ起動:対応
  • LEDライト点灯:対応
  • ワンボタンナビ:対応
  • 片手操作切換:対応
  • 持ち上げて着信音停止:対応
  • 伏せて置いて無音化:対応
  • メディアコントロール:対応
  • 3本指でスクリーンショット:対応
  • スクリーンショットエディター:対応

 

moto g8 plusの本体価格は?

 

MOTOROLA公式オンラインストアでの価格は、

38800円(税込)

 

⇒MOTOROLA公式オンラインストアはこちら

 

公式オンラインストアでは発売予定日は2020年3月16日になっていますがAmazonでは2020年3月6日時点では、2020年4月30日の発売予定になっています。

Amazonで購入を検討している方は注意してください。

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥35,273 (2020/05/30 01:38:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥35,273 (2020/05/30 01:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

トリプルカメラを搭載したmoto g8 plusのスペックと特徴!コスパの良いミドルレンジモデルまとめ

 

moto g8 plusのスペックと特徴を紹介しました。

最大の特徴は定評のあるカメラがトリプルカメラになったことです。

カメラにこだわりがある方も納得できるのではないでしょうか。

性能は、標準的なミドルスペックなのでヘビーユーザーでない限りは快適に利用できます。

コスパが良い機種なのでミドルレンジモデルを検討している方には、候補の1つになる機種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください