Moto G6 Plusのスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、Moto G6 Plusのスペックと特徴を紹介していきます。

 

2018年の夏モデルとして、モトローラから、Moto G6 Plusが6月8日に発売されました。

Moto G6 Plusは、SIMフリー専用の機種になります。

 

ミドルハイスペックモデルで、Moto G6シリーズでは、最上位の機種になります。

独自機能のMotoエクスペリエンスを搭載してとても便利です。

早速ですが、Moto G6 Plusのスペックを紹介していきます。

 

 

Moto G6 Plus SIMフリー スペック

 

本体サイズ75.5×159.9×8.1mm
質量165g
ボディカラーディープインディゴ
対応OSAndroid8.0
CPUQualcomm® Snapdragon™ 630
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB/RAM 4GB
バッテリー3200mAh
ディスプレイ5.93インチ、 2160×1080(FHD+、407ppi)
CORNING® GORILLA® GLASS
カメラインカメラ:1600万画素 f/2.2
メインカメラ:1200万画素 f/1.7 + 500万画素 f/2.2
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、環境照度センサー
インターフェイスUSB Type-C
付属品USB充電器
USBケーブル
ヘッドセット
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(安全/規制/法令/保証について)

 

Moto G6 Plusは、ミドルハイスペックになのでゲームや動画もスムーズに楽しむことができますよ。

価格は、モトローラの公式オンラインサイトで、41907円(税込)になります。

MVNOからは、Moto G6 Plusとの格安SIMセット販売もされています。

取り扱っているMVNOによっては、お得なキャンペーンをやっていて、割引があり、お得に購入することもできるかもしれません。
>>モトローラ公式オンラインサイトはこちらをクリック!

 

 

Moto G6 Plusの特徴

 

Moto G6 Plusの特徴は、カメラとMotoエクスペリエンス、デュアルSIMデュアルスタンバイになります。

 

カメラ

 

インカメラは、1600万画素でLEDフラッシュ付きなので自撮りをキレイに撮ることができます。

メインカメラは、アウトカメラが1200万画素(F1.7)+500万画素(F2.2)のデュアルカメラになっています。

低光量に強くおもむきある1枚を撮ることができます。また、モノを認識して情報とつながるスマートカメラです。

 

Motoエクスペリエンス

 

Moto G6 Plusは、Motoエクスペリエンスを採用しています。

独自機能のMotoエクスペリエンスは、手首をひねる、持ち上げる、振り下ろすなど、ユーザーのアクションでスマホのカメラ起動や着信音停止など、多彩な操作を日常の動作で行うことができます。

 

デュアルSIMデュアルスタンバイ

 

回線同時待ち受け可能なDSDSを採用しています。

タップするだけで、どちらのSIMカードを使うかを選べます。microSDスロットは別についています。

 

Moto G6 Plusを取り扱っているMVNOは?

 

Moto G6 Plusを取り扱っているのは、

 

 

上記のMVNOになります。

 

Moto G6 Plusを購入したらこちらもチェック!

moto g6 plusにおすすめのスマホケース5選!!しっかり保護できるケースまとめてみた!!
moto g6 plusに おすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルムをタイプ別にまとめてみた!!

 

Moto G6 Plusのスペックと特徴をまとめてみた!!まとめ

 

Moto G6 Plusのスペックと特徴をまとめました。ミドルハイスペックですがお手頃の価格です。

スマホゲームや動画視聴もサクサクいけますよ。

また、販売店によっては、値引きもあるのでお得に購入することができるかもしれません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください