moto e32sのスペックを評価レビュー!機能がそこそこ充実してコスパよし!

2022年7月15日にモトローラからmoto e32sが発売!

moto eファミリー最新のエントリーモデルです。

moto e32sの特徴
  • 本体価格は21800円
  • MediaTek Helio G37を搭載
  • 6.5インチの大型ディスプレイ
  • AIトリプルカメラシステム

この記事では、moto e32sのスペックを評価レビューしていきます。

また、お得に購入する方法を一緒に紹介していくのでmoto e32sを検討している人は参考にしてみてください。

moto e32sをお得に購入できるのは?

モトローラ公式オンライストアの本体価格は21800円。

そのほかにMVNOやAmazon、家電量販店で購入できます。

moto e32sを購入するならSIMセットにはなりますがMVNOがお得です。

特にMNPを検討している人はしっかりとチェックしてください。

moto e32sを取り扱いっているMVNOと本体価格

moto e32sを取り扱いっているMVNOは以下の6社。(2022年7月17日現在)

MVNO通常本体価格
IIJmio19800円
mineo19800円
イオンモバイル21780円
NUROモバイル19250円
NifMo20240円
QTモバイル21912円
ピカラモバイル19900円

moto e32sの最安値は、19250円のNUROモバイルです。

19250円〜21912円とそれほど大きな通常価格での差はありません。

MVNOといえばお得なキャンペーンを独自で開催しています。

取り扱いのあるMVNOで一番お得なキャンペーンを開催しているのがIIJmioになります。

期間限定だけどIIJmioならお得にmoto e32sを購入できる!

2022年8月31日まで期間限定でMNP特価でmoto e32sが購入できます。

MNPなら通常価格19800円⇒MNP特価1980円

⇒IIJmioでMNP特価でmoto e32sを購入する

MNP特価が適用される条件が

  • 2022年8月31日までキャンペーン期間内に購入
  • 他社からの乗り換え(MNP)
  • 対象機種と音声SIMのセット
  • 1契約者(mioID)あたり1台のみ

新規契約や1年以内に特別価格が適用、データ通信専用SIMの場合は対象外になります。

他社から乗り換えで初めてIIJmioを利用する人でMNP特価が適用される機種で音声SIMのセットならほとんどの人が対象になります。

つい最近、他社からの乗り換えでMNP特価を利用してOPPO Reno7 Aを購入しましたよ。

36800円が19800円でかなりお得でした。

さらに、

  • 月額基本料が6ヶ月間⇒440円割引
  • 初期費用が3300円⇒2200円
  • 通話定額オプション6カ月⇒410円割引

とさらにお得な夏のトリプルキャンペーンが開催中。

こちらも2022年8月31日までの期間限定なので検討中の人はお早めに。

moto e32sを最安値で購入する

moto e32sのスペック詳細

moto e32s
本体価格21800円
本体サイズ164.0×74.9×8.5mm
質量185g
ボディカラーストレートグレイ
ミスティシルバー
対応OSAndroid 12
CPUMediaTek Helio G37
5G非対応
内部ストレージ64GB
RAM4GB
外部ストレージmicroSD 最大1TBに対応
バッテリー5000mAh
ディスプレイ6.5インチ
液晶ディスプレイ
1600×720 HD+
リフレッシュレート 90Hz
アウトカメラトリプルカメラ
1600万画素
200万画素
200万画素
インカメラ800万画素
SIMカードサイズ/スロットnanoSIM×2
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IP52
イヤホンジャック
おサイフケータイ非対応
付属品カバー
SIM取り出しピン
ガイド類
LG(法令/安全/規制)
Motorola公式サイト参照

ジェスチャー機能は、LEDライト点灯と3本指でスクリーンショットに対応。

機能が少なく寂しいですね。

CPUはエントリーモデル向けで5Gには非対応

CPUは、MediaTek Helio G37を搭載、5Gには対応していません。

エントリーモデル向けで処理性能は低め。

メールやSNS、Web検索などの普段使いなら特に問題ありませんがゲームをプレイするには、向いていません。

スマホゲームをやりたいならmoto g52j 5Gmotorola edge 30 proを選びましょう。

ROMは64GB、RAMが4GBでエントリーモデルなら十分な容量です。

メインでガッツリと利用する場合は、やはり容量が足りないのでライトユーザー向けになります。

外部ストレージは、最大で1TBに対応。

64GBでは足りない人は利用するのもアリかと思います。

付属品は、カバーとSIM取り出しピンとガイドなどの説明書が付いています。

ACアダプターとUSBケーブルは付属していません。

ACアダプターとUSBケーブルが必要な場合は別途、購入する必要があります。

本体サイズは大きめだけどスリムタイプ ボディカラーは2色

本体サイズは、164.0×74.9×8.5mm/185gとモトローラにしては薄くて軽めのどちらかというとスリムタイプ。

しかし、これだけのサイズだと片手での操作は難しいです。

moto e32sを保護するためにスマホケースは装着しておきたいですね。

あなたにおすすめの関連記事

ボディカラーは

  • ストレートグレイ
  • ミスティシルバー

の2色のラインナップ。

モトローラっぽい感じがしますね。

認証機能は、指紋認証と顔認証に対応しています。

エントリーモデルだと価格の都合で指紋認証か顔認証のどちらかになりがちですが両方に対応しているのは助かります。

指紋センサーは側面にあります。違和感なくロックが解除できるので背面より使いやすいです。

バッテリー は5000mAhの大容量。

防水防塵 IP52やイヤホンジャックなどにも対応しています。

大型ディスプレイで90Hzのリフレッシュレートに対応

6.5インチの大型ディスプレイを搭載。

20:9 のアスペクト比とディスプレイ上部中央にパンチホールを採用しています。

エントリーモデルながらリフレッシュレートが最大で90Hzに対応。

スムーズに画面スクロールできます。

カメラ性能はそれほど高くない

AIトリプルカメラシステムを搭載。

カメラ構成は以下の通りです。

カメラ画素数
メインカメラ1600万画素
マクロカメラ200万画素
深度センサー200万画素

超広角カメラは搭載されていないので少し物足りないかもしれません。

ですが、AI機能でキレイな写真が撮れます。

カメラにこだわりがなければ十分な性能です。

カメラ機能

  • ポートレート写真
  • 動画
  • パノラマナイトビジョン
  • プロモード
  • マクロカメラ
  • フェイスビューティー
  • Google レンズ内蔵
  • タイムラプス

moto e32sのスペックを評価レビューまとめ

moto e32sのスペックを評価レビューしました。

エントリーモデルですが、

  • リフレッシュレート90Hz
  • 指紋認証と顔認証
  • 防水防塵 IP52
  • AIトリプルカメラシステム

などに対応しています。

21800円でこれだけの機能があるならコスパが良いと言ってもいいでしょう。

残念な部分は、5Gとおサイフケータイに非対応なところ。

どちらも欲しい機能ですが価格を考えると仕方がないのかなと思います。

そこそこの機能の格安スマホが欲しい人にはおすすめです。

⇒IIJmioでmoto e32sを最安値で購入する