Qoo10でスマホケースとフィルムを探す

Libero S10のスペックと特徴!低価格だけど防水機能とデュアルカメラを搭載

Libero S10のスペックと特徴!低価格だけど防水機能/デュアルカメラを搭載

今回は、Libero S10のスペックと特徴を紹介していきます。

 

Libero S10が2019年11月8日に発売!

Y!mobileで取り扱い開始されます。

 

Libero S10は、エントリーモデルで初心者向けのモデルになります。

2万円台の価格ですが防水防塵など機能が充実していてコスパが良いのが特徴。

 

Libero S10はこんな機種
  • エントリーモデル
  • デュアルカメラ
  • コスパがよく充実した機能

 

 

Libero S10のスペック

 

まずは、 Libero S10の基本的なスペックを確認しましょう。

 

本体サイズ73.2×152.2×8.4mm
質量165g
ボディカラーホワイト
ネイビー
対応OS(出荷時)Android 9
CPUSnapdragon 450
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ最大容量microSDXC最大512GB対応
バッテリー3100mAh
ディスプレイ5.7インチ
TFT液晶
2160×1080ドット
フルHD+
カメラメインカメラ:1300万画素+200万画素
インカメラ:500万画素
USB端子USB Type-C
認証機能指紋認証
Wi-Fi ワイヤレスLAN802.11 b/g/n
防水/防塵IPX7/IP5X
おサイフケータイ非対応
付属品

 

 

Libero S10の特徴

 

 

ここからは、Libero S10のスペックと特徴を紹介していきます。

 

初心者やライトユーザーのおすすめのエントリーモデルく

 

 

Snapdragon450、RAM3GBを搭載したエントリーモデルです。

処理性能はそれほど高くありませんがメールやLINE、web検索、動画視聴などであれば特に問題ありません。

 

内部ストレージは、32GBの容量です。少し物足りないかもしれません。

ですが、外部ストレージがmicroSDXC最で大512GBに対応しているのでこちらを利用すれば容量不足は解消できるでしょう。

 

カラーバリエーションは2色

 

 

カラーバリエーションは、ホワイトとネイビーの2色。

控えめな感じです。

 

デュアルカメラを搭載

 

 

メインカメラは、1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。

背景をぼかした写真が取れるポートレートモードやビューティーモードを搭載しています。

 

充実した機能

 

 

エントリーモデルですが機能は充実しています。

  • 濡れた手でも操作可能
  • 手袋モード
  • 簡単モード
  • 片手モード

など、便利な機能を搭載しています。

 

また、防水/防塵機能や背面指紋センサーにも対応しているので快適にスマホを使うことができます。

おサイフケータイは非対応なのがちょっと残念な部分です。

 

Libero S10の本体価格は?

 

Libero S10を取り扱っているのはY!mobileです。

本体価格は、機種変更で21672円(一括)

乗り換えや新規契約なら14544円(一括)に割引されます。

 

期間限定でLibero S10の購入者を対象に最大1000円相当のPeyPeyもらえちゃうキャンペーンを開催しています。

  • 購入期間:発売日〜2020年2月29日まで
  • 申込期間:発売日〜2020年3月8日まで

 

→Y!mobileでLibero S10を購入する

 

Libero S10を購入したらこちらもチェック!事
Libero S10におすすめのケースとガラスフィルムまとめ

 

Libero S10のスペックと特徴!低価格だけど防水機能/デュアルカメラを搭載まとめ

 

Libero S10は、エントリーモデルでスマホ初心者やライトユーザー向けです。

低価格ですが機能は充実していてコスパの良い機種になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください