LG K50のスペックと特徴とは?エントリーモデルでお手頃価格のスマホ!

LG K50のスペックと特徴とは?発売記念購入者キャンペーン開催中!

今回は、LG K50のスペックと特徴を紹介していきます。

LGエレクトロニクスからLG K50が2019年7月5日に発売されました。

エントリーモデルでお手頃価格のスマートフォンです。スマホ初心者、ライトユーザー向けの機種になります。

LG K50のスペック

本体サイズ77x161x8.7mm
質量172g
ボディカラースペースブルー
プラチナシルバー
対応OS(出荷時)Android 9
CPUMediaTek MT6762
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ最大容量microSDXC最大512GB対応
バッテリー3500mAh
ディスプレイ6.26インチ
TFT液晶
HD+ 1520X720ドット
カメラメインカメラ:1300万画素+200万画素
インカメラ:1300万画素
USB端子
認証機能指紋認証
Wi-Fi ワイヤレスLANIEEE802.11 a/b/g/n/ac
防水/防塵非対応
おサイフケータイ非対応

LG K50の特徴

LG K50の特徴

  • 性能
  • デザイン&ディスプレイ
  • カメラ
  • バッテリー

をまとめました。

性能

CPUは、MediaTek MT6762を搭載しています。MediaTekは、台湾の半導体メーカーです。

MT6762の処理能力は、Snapdragon 450と同じぐらいです。

Snapdragon 450は、arrows Uが搭載しています。

普段遣いであれば特に問題ないスペックです。

デザイン&ディスプレイ

本体サイズは、77x161x8.7mmと少し大きめですね。

カラーバリエーションは、スペースブルーとプラチナシルバーの2色。

ボディは、高級感のあるメタリックです。また、2.5Dラウンドエッジで手になじみ持ちやすいデザインになっています。

ディスプレイサイズは、6.26インチの大画面です。水滴型ノッチを採用しています。

アスペクト比19:9の縦長画面なので情報量が多く見やすいです。

また、ミニビューは、画面全体を縮小や移動ができるので、大画面でも片手で快適に操作できます。

カメラ

メインカメラは、1300万画素+200万画素のデュアルカメラです。

背景をぼかしたポートレート撮影は、メインカメラとインカメラの両方で撮影できます。

AIが撮影シーンに合わせて最適なモードを選択してくれます。簡単に最高の写真を撮ることができます。

バッテリー

バッテリーは、3500mAhの大容量です。最長で4日間のバッテリーが持ちます。

バックグラウンドで稼働しているアプリの消費電力を抑えます。

YouTubeで音だけ楽しみたいことがありませんか?

動画をそのまま流しているとバッテリーの消費がはやいですよね。

そんなときは、エコプレイを利用すれば、画面を暗くしてバッテリーを節約してくれます。

LG K50を取り扱っているキャリアと本体価格は?

LG K50を取り扱っているのは、Softbankです。

docomoやauでは、取り扱いがありません。

LG K50の本体価格は?

LG K50のスペックと特徴とは?エントリーモデルでお手頃価格のスマホ!

LG K50のスペックと特徴を紹介しました。大容量バッテリー、大画面が特徴のスマホです。

エントリーモデルなので、スマホ初心者やライトユーザーにおすすめです。

また、大容量でバッテリーの持ちが良いスマホがほしい方は、LG K50を候補の1つとして検討してもいいのでは、ないでしょうか。