HUAWEI P40 Pro 5Gにおすすめのケースを5選!

HUAWEIから2020年6月12日にP40 Pro 5Gが発売!

 

P40 Pro 5Gは

  • 6.58インチ大画面ディスプレイ
  • Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ

の2つが大きな特徴があります。

迫力のある映像が楽しめたり、プロ並みの写真が簡単に撮れたりと楽しめます。

 

ディスプレイやカメラ部分が大きくなると注意しなければいけないのがキズや割れです。

そのために必要なのがスマホケース保護フィルムです。

 

今回は、HUAWEI P40 Pro 5Gにおすすめのスマホケースを紹介してきます。

 

HUAWEI P40 Pro 5Gにおすすめの保護フィルムの関連記事

 

 

HUAWEI P40 Pro 5Gにおすすめケース

 

本体サイズ:62.6×158.2×8.95mm

ディスプレイサイズ:6.58インチ

カメラ:クアッドカメラ

 

HUAWEI P40 Pro 5Gのケースを選ぶポイントは、

  • フチがディスプレイよりも高い、もしくは全面が覆われている
  • カメラ部分のフチが高くなっている
  • 衝撃に強い使用した素材を使用
  • 衝撃に強い構造
  • 持ちやすく滑りにくい
  • 落下防止用のストラップやリングが取り付けできる

などがあります。

HUAWEI P40 Pro 5Gをキズや割れから守るためには、3つ以上当てはまるケースを選びましょう。

 

Freesun スマホにフィットするソフトケース

 

 

スマホにフィットするソフトケースです。

ケースを装着してままでボタンなどの各種操作がスムーズ。

TPU素材と炭素繊維素材を組み合わせています。

耐久性や耐衝撃性に優れていてしっかりとスマホを守ります。

また、柔軟性があるのでケースの脱着が簡単。

12ヶ月の安心保証付きです。

 

特徴
  • スマホにフィット
  • TPU素材と炭素繊維素材
  • 12ヶ月保証

 

 

Meiyoumei スマホリングとストラップ付きのハードケース

 

 

スマホリングとストラップ付きのハードケースです。落下防止対策はバッチリ!

角度調整できるスタンドと車載ホルダーとしても使えます。

3つのパーツで構成され素材は、薄型で軽量なポリカーボネートです。

カメラ部分は少し高くなっているのでカメラレンズをキズから守ります。

カラーは、

  • ゴールド
  • ブラック
  • ブルー
  • レッド
  • ローズゴールド

の5色から選ぶことができます。

 

特徴
  • スマホリングとストラップ付き
  • ポリカーボネート素材
  • カラーは5色

 

LASTE 薄型で軽量なハードケース

 

 

薄型で軽量なハードケースです。素材は、ポリカーボネートを使用しています。

ケースの表面には、ざらざらとした指触りのサンディングプロセスを採用。

滑り止めや指紋の付着を防止しします。

スマホにフィットするので各種ボタンの操作がスムーズ。保護フィルムと干渉しません。

割れやキズなどの初期不良に対応。

 

特徴
  • 薄型で軽量
  • ポリカーボネート
  • サンディングプロセス

 

 

PITAKA アラミド繊維を使用した背面ケース

 

 

飛行機や宇宙船など使用されているアラミド繊維を使用した背面ケースです。

厚さ0.85mm、重さ14gと薄型で軽量。耐衝撃性に優れています。

かなりのお値段ですがしっかりとHUAWEI P40 Pro 5Gを守りたい方におすすめ!

メタルプレートが内蔵されているので車載ホルダーとしても使えて見た目も損なわれません。

3層コーティングを採用しているので指触りがよく滑りにくく、指紋の付着を防ぎます。

 

特徴
  • アラミド繊維
  • 薄型で軽量
  • 車載ホルダーと利用可能

 

 

ADRIKO シンプルデザインの手帳型ケース

 

 

シンプルデザインの手帳型ケースです。

マグネット内蔵なのでベルトがなくスッキリとしています。また、カバーの開閉が簡単。

カメラ部分は、少し高くなっているのでカメラレンズをキズから守ります。

便利なカードポケットとスタンド機能付き。

カラーは

  • ブラウン
  • ブラック
  • ブルー
  • レッド

の4色から選べます。

 

特徴
  • シンプルデザイン
  • マグネット内蔵
  • カードポケットとスタンド機能付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください