DIGNO Jのスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、DIGNO Jのスペックと特徴をまとめました。

 

2018年の夏モデルとしてSoftBankからDIGNO Jが7月6日に発売されました。メーカーは、京セラになります。

DIGNO Jは、7月下旬以降に発売予定のシンプルスマホ4と同じように初心者向けの機種になります。

DIGNO Jのスペックと初心者に使いやすい機能の特徴を紹介していきますね。

 

 

DIGNO J スペック

 

本体サイズ72×145×8.4mm
質量130g
ボディカラーアクアブルー
チャコールブラック
パールホワイト
対応OSAndroid8.1
CPUSnapdragon 430 (オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 32GB/RAM 3GB
バッテリー2600mAh
ディスプレイ5.0インチ FHD TFT 液晶
カメラインカメラ:500万画素CMOSカメラ
耐水・防水機能IPX5/IPX7
防塵IP5X
耐衝撃MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳ

 

そのほかには、

 

  • 世界対応ケータイ
  • GPS
  • 赤外線通信
  • 緊急速報メール
  • ジュニアスマホ

 

などに対応しています。

 

スペックは最近の機種の中では、低めです。3Dゲームなどをプレイするには、問題があるかもしれませんが、普通に使うには、特に問題ありません。

 

DIGNO Jの取扱説明書はこちらから

https://www.softbank.jp/mobile/support/product/digno-j/download/

 

DIGNO Jの価格は、30720円(一括)です。代金は、分割も可能で月々の割引もあるそうです。

自分にあったプランを選んでお得に利用してください!!

 

SoftBankオンラインショップは
こちらをクリック
↓↓
 

DIGNO Jの特徴

 

 

DIGNO Jの特徴は、初めてでも使いやすい機能がです。

そして防水機能や耐衝撃性能を備えた耐久性のあるスマホです。

子供に持たせる初めてスマホは、DIGNO Jがおすすめですよ。

 

使いやすい機能

 

 

初めてスマホを使う人もで簡単に操作できるように、かんたんビギナーホームを搭載しています。

よく使う機能のアイコンを大きくして必要な情報だけをホーム画面に配置してあります。

 

ケータイの文字入力に慣れているとスマホでの入での文字入力は、迷ってしまうかもしれません。

そんな時には、ケータイ入力で使いやすく馴染みのあるケータイのボタンキーを表示します。

 

ケータイからのスマホに機種変更した場合に大切な連絡先や残しておきたい画像って誰でもありますよね。

スマホ初心者だとどうやってデータを移したらいいかわかりません。DIGNO Jは、赤外線通信を使ってかんたんにデータ移行できます。

 

また、スマホはじめてガイドアプリがあるので電話を取る、カメラで写真を撮るなど、アプリを使用して練習することがでます。

これなら不安も解消できますね。

 

耐久性のあるスマホ

 

 

DIGNO Jは、ディスプレイにハイブリットシールドを採用しています。ものが当たったり、落としたりしても割れにくい構造です。

さらには、水濡れやチリやホコリにも強いのです!!なので、汚れてしまったら水で軽く洗い流すこともできますよ。

バッテリーの電池持ち3日間以上です。出張や旅行などの長時間の外出でも安心です。

 

>>ソフトバンクオンラインショップでDIGNO Jをチェックする<<

 

DIGNO Jを購入したらこちらもチェック!

DIGNO Jおすすめケース!!しっかり保護できるスマホケースとは?
DIGNO Jにおすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム5選!!タイプ別にまとめてみた!!

 

まとめ

 

DIGNO Jのスペックと特徴をまとめました。DIGNO Jは、スペックは、低めです。

スマホ初心者でゲームなどをやらない方向けの機種ですね。

耐久性は、高く、ジュニアスマホにも対応しているので子供に持たせるためのスマホとしては、良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください