ケーブル内蔵モバイルバッテリーおすすめ5選!AndroidとiPhoneどちらにも対応!

モバイルバッテリーを持ってる人は、多いですよね。

外出中など、コンセントのない場所でもモバイルバッテリーがあればスマホの充電ができるので便利です。

モバイルバッテリーでスマホを充電するときに必要なのが充電ケーブルです。

持ち歩くときには、必ず1つは持っていかないといけません。

 

スマホ1台だけなら充電ケーブルが1本ですみますが、スマホとタブレットを持っている人は、両方のケーブルを持ちあるかいないといけないので煩わしいですよね。

カバンの中がケーブルでごちやごちゃになった経験がある人、現在進行形でごちゃごちゃになっている人といると思います。

 

ケーブルの煩わしさを解消できるのが、ケーブル内蔵モバイルバッテリーです。

 

文字通り、ケーブルが内蔵されているので、ケーブルを持ち歩く必要がないので、スッキリします。

 

今回は、AndroidでもiPhoneでも使用できるおすすめのケーブル内蔵モバイルバッテリーを紹介していきます。

 

 

ケーブル内蔵モバイルバッテリーおすすめ4選!

 

ケーブル内蔵モバイルバッテリーは、モバイルバッテリーの本体にケーブルが収納されています。

デバイスごとにケーブルを持ち歩かなくても良く、ケーブルを持ってくるを忘れたということが無くなります。

 

ケーブル内蔵モバイルバッテリーを選ぶときに注意することは、ケーブルの種類です。

AndroidとiPhoneでは、ケーブルの種類が違います。あとは、普通のモバイルバッテリーを選ぶ要領で、自分にあったものを選択するだけです。

 

2019年年2月1日以降は、モバイルバッテリーにPSEマーク認証されていないと販売できなくなりました。

モバイルバッテリーを購入するときは、PSEマークがあることを確認してから購入してください。

 

では、PSEマーク認証されたケーブル内蔵モバイルバッテリーを紹介していきます。

 

Luxtude 軽量で薄型のモバイルバッテリー

 

 

薄型で重さは、130gと軽量ののバイルバッテリーです。これだけ軽いと持ち運びに便利ですね。

容量は、5000mAhでiPhoneであれば問題のない容量ですね。

MFi認証を取得したiPhone用ケーブルを本体に内蔵しています。

 

特徴
  • 薄型で軽量
  • 5000mAh
  • 約130g

 

スリムで薄型のケーブル内蔵モバイルバッテリー

 

 

スリムで薄型のケーブル内蔵モバイルバッテリーです。本体サイズは、iPhone6/6sとほぼ同じサイズでバッテリーの容量は、10000mAhです。

ライトニングコネクタとmicroUSBコネクタを内蔵しています。

2台同時充電に対応しています。なんと、別途ケーブルを用意すれば4台同時充電も可能です。

さらに、4つのLEDインジケーター搭載しているので、バッテリーの充電状態と残量がわかりやすくいつでも確認できます。

 

特徴
  • スリムで薄型
  • 10000mAh
  • 4つのLEDインジケーター搭載

 

cheero コンパクトサイズなのに大容量のケーブル内蔵モバイルバッテリー

 

 

コンパクトサイズなのに大容量のケーブル内蔵モバイルバッテリーです。10050mAhの大容量でiPhone 8なら約3.5回充電することができますよ。

接続されたデバイスを自動で認識するAUTO-IC機能搭載しています。デバイスごとに最適な電流(最大3A)で充電してくれます。

 

特徴
  • コンパクトサイズ
  • 10050mAh
  • AUTO-IC機能

 

3種類のケーブル内蔵されたモバイルバッテリー

 

【PSE認証済 3種のケーブル内蔵】モバイルバッテリー iPhone Type-C ケーブル内蔵 大容量 10000mAh 軽量 薄型 充電器 コード内蔵 急速充電 2.4A 4台同時充電 iPhoneX iPhone8 iPhone7 iPhone6 アイフォン タイプC

 

3種類のケーブル内蔵されたモバイルバッテリーです。バッテリーの容量は、10000mAhの大容量ですが約13mmの薄型で重さは、約170gと軽く持ち運びに便利です。

カラーバリエーションは、

  • ブルー
  • ピンク
  • ホワイト
  • ブラック

の4色があります。好きなカラーを選べるのは、嬉しいですね。

 

特徴
  • 3種類のケーブル内蔵
  • 薄型で軽量
  • 10000mAh

 

ケーブル内蔵モバイルバッテリーおすすめ5選!AndroidとiPhoneどちらにも対応!まとめ

 

ケーブル内蔵モバイルバッテリーを紹介しました。

今回は、AndroidとiPhoneの両方に対応したタイプのケーブル内蔵モバイルバッテリーを紹介しました。

用途に合わせて選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください