ARROWS M05におすすめのガラスフィルム5選!

ARROWS M05におすすめのガラスフィルム5選!

今回は、ARROWS M05におすすめのガラスフィルムを紹介していきます。

 

2019年12月18日に富士通からARROWS M05が発売!

シニアや初心者が使いやすいエントリーモデルのスマホです。

 

 

機種変更や乗り換えでスマホをARROWS M05に新しくしたら欲しくなるのがガラスフィルムです。

ガラスフィルムを貼ってディスプレイを保護していないとキズが付いたり、落として割れたりします。

ARROWS M05が耐衝撃性に優れているからといって割れないわけではありません。

スマホのディスプレイをしっかりと守るためにもガラスフィルムは必要です。

 

また、ガラスフィルムは、ディスプレイを守るだけでなく、

 

  • 簡単に貼れる
  • 操作がスムーズ
  • 指紋防止
  • 飛散防止
  • 透明度が高い

 

など、いろいろな機能を持っています。

ARROWS M05専用のガラスフィルムを選ぶときは、スマホを守るだけでなくどんな機能が必要なのかも考えてください。

 

 

ARROWS M05におすすめのガラスフィルム

 

 

本体サイズ 149×72×8.8mm

ディスプレイサイズ 5.8インチ

メインカメラ デュアルカメラ

 

前モデルのARROWS M04とは、本体サイズとディスプレイサイズがが違います。

ARROWS M05専用のガラスフィルムを選んでください。

また、ARROWS M05は、楽天モバイルから発売されているARROWS RXとディスプレイサイズやノッチの形状が同じなのでガラスフィルムは、互換性があります。

こちらも購入時の参考にしてください。

 

Aerku 国産ガラスを使用したガラスフィルム

 

 

国産ガラスを使用したガラスフィルムです。

万が一割れても安全な破片が飛び散らない飛散防止加工がされています。

ガラスフィルムの表面には

  • ハードコート加工
  • オイルコーティング加工
  • スムースタッチ加工

などの特殊加工がされています。

タッチ感がよく指ざわりがスムーズで指紋や汚れの付着を防ぎます。

自動吸着タイプなので気泡が入りにくく簡単に貼ることができます。

 

特徴
  • 国産ガラスを使用
  • 飛散防止加工
  • 自動吸着タイプ

 

 

WANKOO ケースに干渉しないガラスフィルム

 

 

ケースに干渉しないガラスフィルムです。

2.5Dラウンドエッジ加工で指触りがよく、エッジからの割れを防ぎます。

特殊加工がされているので指紋や汚れが付いても簡単に拭き取ることができます。また、サラサラな指触りで操作がスムーズです。

自動吸着タイプで気泡が入りにくく貼り付けが簡単。

2枚セットでお得。

 

特徴
  • ケースに干渉しない
  • 2.5Dラウンドエッジ加工
  • 特殊加工

 

 

QULLOO 透明度の高いガラスフィルム

 

 

透明度の高いガラスフィルムです。貼り付けても違和感がありません。

表面硬度9Hなのでキズが付きにくくなっています。また、飛散防止加工がされているので万が一割れても破片が飛び散らないので安全です。

自動吸着タイプなので気泡が入りにくく貼り付けが簡単。

2枚セットでお得です。

 

特徴
  • 透明度が高い
  • 表面硬度9H
  • 飛散防止加工

 

 

cxybgfv 表面硬度9Hのガラスフィルム

 

 

キズの付きにくい表面硬度9Hのガラスフィルムです。

飛散防止加工がされているので、万が一割れての破片が飛び散らず安全です。

2.5Dラウンドエッジ加工がされているので手触りがよくエッジからの割れを防ぎます。

自己吸着タイプで気泡が貼りにくく貼付けが簡単です。

 

特徴
  • 表面硬度9H
  • 飛散防止加工
  • 自己吸着タイプ

 

 

NUPO 2.5Dラウンドエッジ加工されたガラスフィルム

 

 

2.5Dラウンドエッジ加工されたガラスフィルムです。スマホと一体感があり、浮きや剥がれの防止にもなります。

表面硬度9Hで日常生活の範囲ではキズがつきにくくなっています。

様々な特殊加工がされているので指紋や汚れに強く、操作がスムーズです。

2枚セットでお得。

 

特徴
  • 2.5Dラウンドエッジ加工
  • 表面硬度9H
  • 様々な特殊加工

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください