AQUOS zero2のスペックと特徴まとめ!SIMフリーモデルが発売!

AQUOS zero2のスペックと特徴まとめ!ゲーマーにおすすめのハイエンドモデル!

今回は、AQUOS zero2のスペックと特徴を紹介していきます。

 

AQUOS zero2は、ゲームを快適にプレイできる性能や機能を備えているのでしっかりと楽しめる機種です。

今回も前モデルAQUOS zeroと同様に世界最軽量を謳っています。

 

画面サイズ6インチ以上で、電池容量が3,000mAhを超える(公称値)防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて世界最軽量約141g。2020年1月20日現在、シャープ(株)調べ。

引用元:https://jp.sharp/k-tai/mvno/

 

また、SHARPは、eスポーツイベント『RAGE』のトップスポンサーになっています。今後は、ゲームに力を入れていくようですね。

 

前モデルのAQUOS zeroの取り扱いは、SoftbankのみでしたがAQUOS zero2は

  • docomo
  • au
  • Softbank

の3キャリアが取り扱います。

さらに、3月13日にはSIMフリーモデルが発売されて選択肢が増えました。

 

AQUOS zero2の特徴
  • ゲームを楽しいめるハイスペックモデル
  • 世界最軽量
  • 4倍速ディスプレイ

 

AQUOS zero2 SH-M13 SIMフリーモデルが発売!

 

AQUOS zero2 SH-M13 SIMフリーモデルが2020年3月13日に発売されました。

 

取り扱いのあるMVNOは

の2社です。

 

IIJmio(みおふぉん)84800円(一括)3550円(24回払い)
OCNモバイルONE72700円(一括)ー円(24回払い)

 

各社独自のキャンペーンを開催中でお得にAQUOS zero2を購入することができます。

お得に購入できるキャンペーンは、各社の公式サイトでチェックしてください。

 

IIJmio(みおふぉん)の公式サイトでAQUOS zero2をチェックする!

OCNモバイルONEの公式サイトでAQUOS zero2をチェックする!

 

AQUOS zero2のキャリアでの本体価格は?

 

AQUOS zero2の気になる価格は以下のとおりです。

docomo87912円(一括)2442円(36回払い)
au97200円(一括)2700円(36回払い)
Softbank95040円(一括)1980円(48回払い)

 

⇒ドコモオンラインショップはこちらから

⇒auオンラインショップはこちらから

⇒Softbankオンラインショップはこちらから

 

AQUOS zero2スペック

 

AQUOS zero2の基本的なスペックになります。

 

本体サイズ74x158x8.8mm
質量141g
ボディカラーアストロブラック
ミスティホワイト
対応OS(出荷時)Android 10
CPUSnapdragon 855
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 256GB/RAM 8GB
外部メモリ最大容量ーGB
バッテリー3130mAh
ディスプレイ6.4インチ
フルHD+ 2340×1080ドット
有機ELデュスプレイ
カメラメインカメラ:1220万画素(標準)+2010万画素(広角)
インカメラ:800万画素
USB端子USB Type-C
認証機能顔認証
画面内指紋認証
Wi-Fi ワイヤレスLANIEEE802.11a/b/g/n/ac
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ対応
付属品(au)SIM取り出しツール(試供品)
3.5mmイヤホン変換アダプタ(試供品)
コーションシート

 

AQUOS zero2で気になるところは?

 

AQUOS zero2では

  • バッテリー容量が少なめ
  • ワンセグ・フルセグに非対応
  • 外部ストレージ非対応
  • イヤホンジャック非搭載
  • 前モデルから解像度が下がっている

が気になるところではでしょうか。

 

コンパクトサイズのスマホなのでバッテリー容量は、これぐらいが妥当でなないかと思いますが、大容量バッテリーの機種が多いので気になる部分です。

外出時は、モバイルバッテリーを持ち歩くのが無難です。

 

ワンセグ・フルセグと外部ストレージ、イヤホンジャックが非対応です。

有線のイヤホンが使えないとゲームのプレイ中に音がずれるのを懸念される方もいるかもしれません。

ワンセグ・フルセグは、そこまで必要性はありませんし、ROMは、256GBと大容量なのでそれほど心配することもないでしょう。

 

AQUOS zero2の特徴

 

 

ここからは、AQUOS zero2のスペックと特徴を紹介していきます。

 

サクサク動くハイスペックモデル

 

 

CPUは、Snapdragon 855、RAMは8GBを搭載しているので処理性能に優れています。

AQUOS zero2は、ゲームに特化していてゲーミングスマホにも負けない性能です。

また、UFS 3.0を採用しています。今のところは、AQUOS zero2を含め採用している機種は限られているようです。

UFS 3.0は、アプリの起動が高速化。UFS 2.1に比べて2倍の読み込みの速さです。

ストレスなく快適にスマホを操作できます。

 

大画面なのにコンパクト!世界最軽量で頑丈なボディ

 

 

コンパクトサイズながら6.4インチの大画面を搭載しています。

AQUOS zeroの解像度は、WQHD+(1440 × 2992ドット)でしたが、AQUOS zero2では、FHD+(2340×1080ドット)に下がっています。

ゲームに支障が出るのでは?と思ってる方もいるかもしれませんが目に見えて画像が粗いと言うわけではありません。

また、ゲームに特化した機能を搭載しているので気になることもないでしょう。

 

AQUOS zero2の重さは141gで世界最軽量です。世界最軽量を謳っていた前モデルのAQUOS zeroと比べて5g軽くなっています。

軽量で高強度なマグネシウム合金フレームを採用。さらに基盤を小型化しています。

AQUOS zeroより本体サイズが大きくなっているので大幅な軽量化に成功したといえるでしょう。

また、長時間、ゲームをして持っている手が疲れないのも大きなポイントです。

 

カラーバリエーションは

  • アストロブラック
  • ミスティホワイト

の2色。選びやすいカラーですね。

 

ゲームに特化した機能を搭載

 

 

AQUOS zero2はゲームに特化した機能を搭載。

  • 4倍速で残像感を軽減
  • 240Hz駆動でタッチ反応が優れている
  • 充電しながらでもプレイできる放熱性

これらの機能を搭載していてどれもゲームを快適にプレイするためには必要です。

 

スマホゲームは、なんといってもタッチの反応が重要です。

ミスはしていないのにタッチの反応が遅いと負けてしまうこともあります。これではちょっと悔しいですよね。

通常は、60Hz駆動ですがAQUOS zero2は、2倍の120Hz駆動です。

さらに、表示更新に連動して間に黒画面を挿入することで実質、4倍の240Hz駆動を実現しています。

また、ゲームをプレイして気になるのがスマホ本体が発熱することです。

AQUOS zero2は、2つの充電ICを搭載したパラレル充電を採用。発熱源を分散したスマホが熱くなるのを抑えます。

 

 

AQUOS zero2のスペックと特徴まとめ!ゲーマーにおすすめのハイエンドモデル!まとめ

 

AQUOS zero2のスペックと特徴を紹介していきました。

ゲームに特化した機能が搭載されたハイスペックモデルでゲーマーにおすすめ機種です。

 

また、高性能なコンパクトサイズのスマホが欲しいも候補の1つとして検討してみてはどうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください