AQUOS sense7のスペックを評価レビュー!お得に購入できるどこのMVNO?

2022年11月25日にAQUOS sense7 SIMフリーモデルが発売!

5Gに対応したミドルレンジモデルです。

フラットデザインで見た目もよくなってカメラの性能が大幅にアップ。

バッテリー持ちもよく、顔認証がマスク対応などバランスのよい機種に仕上がってます。

AQUOS senseシリーズは人気モデルでAQUOS sense7に機種変更しようかなと検討している人もいるかもしれませんね。

この記事では、AQUOS sense7のスペックを評価レビューと最安値で購入できるMVNOを紹介していきます。

⇒AQUOS sense7をお得に購入する

AQUOS sense7を購入するならどこがおすすめ?

AQUOS sense7を取り扱っているMVNOは11月25日現在で5社。

思ったより少なめですね。

人気シリーズなのでもしかしたら、取り扱いを始めるMVNOが増えていくかもしれません。

MVNO通常本体価格
IIJmio49800円
OCNモバイルONE48200円
mineo50952円
イオンモバイル54780円
NifMo49830円
MVNO名をタップすると公式サイトが表示されます

4万円台なのがIIJmioとOCNモバイルONE、NifMoの3社。

最安値は、48200円のOCNモバイルONEです。

通常価格で購入するならOCNモバイルONEがよいですね。

⇒OCNモバイルONE公式サイトはこちら

AQUOS sense7を購入するならIIJmioがおすすめ!

最安値はOCNモバイルONEなのに、AQUOS sense7を購入するのは、なぜIIJmioがおすすめなのか?

IIJmioが開催しているキャンペーンの対象機種でMNP限定特価で購入が可能だからです。

音声SIM/音声eSIMのギガプランとセットで申し込むと

49800円⇒32800円

で購入できるようになります。

2023年1月31日までの期間限定

⇒IIJmio公式サイトでAQUOS sense7を最安値で購入する

AQUOS sense7のスペック詳細

AQUOS sense7 SIMフリーモデル
本体サイズ152×70×8.0mm
質量158g
ボディカラーライトカッパー
ブルー
ブラック
対応OSAndroid 12
CPUSnapdragon 695 5G 
5G対応
内部ストレージ128GB
内部メモリ6GB
外部ストレージ最大1TB
バッテリー4570mAh
ディスプレイ6.1インチ
FHD+ 2432×1080
IGZO OLED
アウトカメラデュアルカメラ
5030万画素
800万画素
インカメラ800万画素
SIMカードサイズ/スロットnanoSIM/eSIM
認証機能指紋認証
顔認証(マスク対応)
USBポートUSB Type-C
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
イヤホンジャック
おサイフケータイ対応
付属品
AQUOS sense7のよいところ
  • コンパクトサイズで持ちやすい
  • フラットなデザインでカッコいい
  • カメラがハイエンドモデル並の性能
  • マスク対応の顔認証
  • 指紋センサーが側面に設置されて使いやすい
  • イヤホンジャックあり
  • バッテリー持ちが良い
AQUOS sense7のイマイチなところ
  • 負荷の高い3Dゲームをプレイするのは厳しい
  • 望遠レンズがなくなった
  • 動画撮影にはあまり向いていない
  • スピーカーがモノラル音質が良くない
  • ワイヤレス充電に対応していない

Snapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジモデル

CPUは、5Gに対応したSnapdragon 695 5Gを搭載。

AQUOS sense7以外にSnapdragon 695 5Gを搭載しているのは

などの2022年に発売された人気モデルになります。

処理性能は、SNSやWeb検索などの普段使いはもちろん負荷の高い3Dゲーム以外のスマホゲームなら快適に操作できます。

内部メモリは6GB、内部ストレージは128GBとミドルレンジモデルでは十分な容量です。

外部ストレージは、最大で1TBまで対応しているのでほとんどの人は容量不足になることはないでしょう。

コンパクトサイズで持ちやすい ボディカラーは3色のラインナップ

152×70×8.0mm/158gと片手でも操作できるコンパクトサイズ。

フラットなデザインで持ちやすく手にフィットします。

ボディカラーは

  • ライトカッパー
  • ブルー
  • ブラック

3色のラインナップ。

アルミボディで見た目が良いです。

防水防塵は、IPX5・IPX8/IP6Xに対応。お風呂の中でも使用可能。

また、MIL-STD-810Gをクリアしているので耐衝撃性に優れてます。

衝撃に強いですが万が一に備えてケースは、着けて使ったほうがいいですよ。

あなたにおすすめの関連記事

認証機能は、顔認証と指紋認証に対応。

顔認証は、マスクをしたままでも認証ができるので使い勝手がとても良くなりました。

指紋センサーは、側面に独立して設置。

電源ボタンに内蔵されているタイプに慣れていると最初は少し使いづらいかもしれません。

画面内認証に比べれば使いやすく精度とスピードともに十分です。

状況によって使い分ければスムーズにロックが解除できますね。

6.1インチのIGZO OLEDディスプレイを採用

ディプレイサイズは、6.1インチでIGZO OLEDを採用。

  • リッチカラーテクノロジー
  • モバイルアウトドアビュー
  • リラックスビュー
  • タッチチューニング
  • ピーク輝度1300nit

などの機能があります。

あなたにおすすめの関連記事

リフレッシュレートは可変駆動で最大60Hzに対応。

高リフレッシュレートを体験したことがあると、60Hzでは物足りないと感じるかもしれません。

120Hzとは言わないまでも90Hzぐらいには対応して欲しかったですね。

標準カメラはAQUOSシリーズ最大の5030万画素

引用元:シャープ公式サイト

AQUOS sense7は、デュアルカメラを搭載。

標準カメラと広角カメラで、望遠カメラはなくなっています。

カメラ構成は以下の通りです。

アウトカメラ画素数
標準カメラ5030万画素
広角カメラ800万画素
インカメラ画素数
800万画素

AQUOS sense7で大きく変わったのがカメラではないでしょうか。

デュアルカメラに変更されたスペックダウンした?と思った人もいるのでは。

標準カメラは、ハイエンドモデルに迫る1/1.55インチ大型センサーでAQUOSシリーズ史上最大の5030万画素。

ナイトモードは、AQUOS R7と同じ技術を搭載されています。

ミドルレンジモデルの中では、トップクラスのカメラ性能になっています。

4570mAhの大容量でバッテリー持ちがよい

引用元:シャープ公式サイト

コンパクトサイズながら4570mAhの大容量バッテリーを搭載。

1日中外出していてもモバイルバッテリーを持ち歩く必要がありません。

使い方によっては、2〜3日ぐらいはバッテリーが持つのではないでしょうか。

インテリジェントチャージ設定の『最大充電量を変更』をONすることで3年後のバッテリー性能は90%を維持。

長くAQUOS sense7を使いたい人は、設定の変更をしておきたいですね。

AQUOS sense7のスペックを評価レビューまとめ

AQUOS sense7のスペックを評価レビューしてみました。

大きく変わったのがカメラです。

1/1.55インチ大型センサーを搭載してハイエンドモデル並の性能になりました。

AQUOS sense7は

  • カメラにこだわりたい
  • 片手で操作できるスマホが欲しい
  • モバイルバッテリーを持たずに外出したい

のような人におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください