AQUOS R2 compactのスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、AQUOS R2 compactのスペックと特徴をまとめました。

 

SHARPからAQUOS R2 compactが2019年1月18日に発売!

SoftBankとSIMフリーモデルをMVNO各社が取り扱っています。

 

>>ソフトバンクオンラインショップはこちらをクリック<<

 

AQUOS R2 compactは、すでに発売されているフラッグシップモデルのAQUOS R2をコンパクトにしたハイスペックモデルになります。

コンパクトサイズのスマホといえば最近では、同じSoftBankから発売されたAQUOS ZEROです。

片手で扱いやすいコンパクトなモデルはいろいろあります。

ハイスペックで操作しやすいので人気が出るのでは、ないでしょうか。

 

 

AQUOS R2 compactスペック

 

Softbankオンラインショップは
こちらをクリック
↓↓

 

本体サイズ64x131x9.3mm
質量135g
ボディカラースモーキーグリーン
ディープホワイト
ピュアブラック
対応OSAndroid 9 Pie
CPUSnapdragon 845
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB/RAM 4GB
外部メモリ最大容量microSDXC 最大512GB対応
バッテリー2500mAh
ディスプレイ5.2インチ
ハイスピードIGZO
2280×1080ドット フルHD+
カメラメインカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
インターフェイスUSB Type-C
認証機能指紋認証
顔認証

 

そのほかに

  • おサイフケータイ
  • 防水(お風呂対応)IPX5/IPX8
  • ハイレゾ

 

などに対応しています。

フルセグ/ワンセグは、非対応です。

 

便利機能一覧

 

 

便利機能は、充実していて、リラックスビューやリラックスオートなどのめに優しい機能やのぞき見を防止するのぞき見ブロックなどうれしい機能が揃っています。

 

UI

  • 指紋センサー(ジェスチャー操作)
  • ロックフォトシャッフル(ロック画面を表示するたびに画像が自動的に切り替わる)
  • 自動画面点灯
  • Bright Keep(持っている間は画面OFFにならない)
  • スクロールオート(表示中のサイトなどの画面を上下方向に自動スクロール)

 

ツール

  • コンテンツマネージャー(本体メモリやmicroSDカードのコンテンツを管理するアプリ)
  • Clip Now(画面の縁をなぞり、スクリーンショットを撮る)
  • からだメイト(歩数計)
  • SHSHOW
  • セルフチェック(故障診断)

 

その他

  •  のぞき見ブロック
  • かんたんモード(快適のための機能を集約)
  • リラックスビュー(目に優しい画質モード)
  • リラックスオート(自動で目に優しい表示)
  • インテリジェントチャージ(電池に負担の少ない充電)
  • グローブモード(手袋をしたまま操作)
  • 多言語対応(英語、中国語[簡体字]、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、ポルトガル語などAndroid標準でサポートしている全言語にも対応。)
  • インテリジェントチャージ
  • AQUOS Frosted Cover対応

 

 

AQUOS R2 compactの特徴

 

 

AQUOS R2 compactの気になる特徴や性能をまとめました。

 

性能

 

 

AQUOS R2 compactのCPUは、Snapdragon 845を搭載して素早く起動します。

処理能力は、AQUOS R compactと比べると1.5倍アップしています。

内部メモリは、ROM 64GB RAM 4GBなので、Androidスマホの中でもハイエンドモデルと同等の容量になっています。

また、ROMは、AQUOS R compactの2倍の容量になっています。

 

端末内部のCPUの温度が上昇するのを防ぐために放熱設計がしっかりしています。

負荷の大聞き3Dゲームなども快適にプレイすることがでいます。

 

ちょっと気になる部分は、バッテリーの容量が2500mAhと小さめなことです。

 

デザイン&ディスプレイ

 

 

AQUOS R2 compactは、ベゼルレスで手のひらに収まる大画面なのにコンパクトなデザインです。

EDGEST fitを採用することによってコンパクトサイズでの大画面を実現しました。

 

背面は、PC-アクリル樹脂ハイブリッド材を使用して色に奥深さと光沢感ある仕上げになっています。

また、側面には、アルムフレーム採用していえ高級感があります。

 

ディスプレイは、リッチカラーテクノロジーモバイルを搭載した5.2インチのハイスピードIGZOディスプレイです。

120Hz駆動なので、多くの情報を表示できるので20Hz駆動画面スクロールの時の残像を抑えてよりなめらかに表示することができます。

 

ディスプレイの最大の特徴は、上と下の両方にノッチを採用したダブルノッチデザインです。

下のノッチ部分は、指紋センサーになっています。

指紋センサーを使ったジェスチャー操作をONにすることで、ホーム、アプリ切り替え、戻るの操作ができます。

 

ちなみに本体サイズは、iPhone8(4.7インチ)よりも小さいですがディスプレイサイズは、AQUOS R2 compact(5.2インチ)の方が大きいです。

 

カメラ

 

 

現在のスマホは、デュアルカメラが主流になっていますが、メインカメラは、2260万画素のシングルカメラです。

広角22mm相当のカメラレンズで、広角や接写が高画質で細部まで鮮明に簡単に撮ることができます。

 

手ブレ補正は、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を採用しています。

写真は、もちろん動画撮影の時にもしっかりと手ブレ補正できます。

また、AIオートを搭載しています。

9つの被写体やシーンに対応して自動でぴったりのモードを選択して被写体に合わせた最高の写真が簡単に撮ることができます。

 

800万画素のインカメラは、広角レンズで、背景をしっかりと入れて撮ることができます。

AQUOS beautyは、背景をぼかし撮影ができ、さらには、ファインダーで美肌/小顔/色合い/明るさ/目の大きさを確認しながら調整ができます。

納得の自撮りができますよ。

 

AQUOS R2 compactのSoftBank版とSIMフリー版の違いは?

 

AQUOS R2 compactのSoftBank版とSIMフリー版には、違いがあるのか比べてみました。

 

SoftBank版とSIMフリー版の違いは、ボディカラーと充電時間、本体価格です。

 

SoftBank版のボディカラーは、スモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラックの3色です。

SIMフリー版は、ディープホワイト、ピュアブラックの2色です。スモーキーグリーンは、ソフトバンク版の限定カラーになりますね。

 

充電時間は、ソフトバンク版は、約135分、SIMフリー版は、約160分になります。充電時間の違いは、充電アダプターに違いあります。

SIMフリー版は、同梱のACアダプタを使っていて、SoftBank版は、SoftBank SELECTION製 USB Type-C 急速充電ACアダプタ(SB-AC20-TCPD)を使用した結果になっています。

 

 

AQUOS R2 compactの価格は?

 

AQUOS R2 compactの本体価格は、SoftBankオンラインショップで76000円(税込)です。

 

ソフトバンクオンラインショップで
AQUOS R2 compactをチェックする
↓↓

 

AQUOS R2 compactは、こんな人におすすめ!!

 

SoftBankもしくは、キャリアで契約していてハイスペックで、コンパクトなスマホが欲しい人でおすすめです。

高負荷な3Dゲームをやる方や動画をよく見る方は、いいかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください