AQUOS R2 compactとAQUOS zeroを比較してみた!違いはどこ?

今回は、AQUOS R2 compactとAQUOS zeroを比較してみました。

 

AQUOS R2 compactは2019年1月18日、AQUOS zeroは、2018年12月21日に発売されました。

どちらもSoftBankから発売されたばかりの人気機種になります。

 

AQUOS R2 compactAQUOS zeroの共通点は、シャープ製のハイスペックモデルでコンパクトサイズのスマホになります。

大きいサイズのスマホは、使いにくいという理由でコンパクトサイズのスマホを好む方が意外と多いですよね。

 

今回は、AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの違いどこなのか?どっちの機種がコスパが良いのか比較して調べてみました!

 

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroのスペック

 

AQUOS R2 compactAQUOS zero
本体価格
(税別)
76000円(税別)92444円(税別)
本体サイズ131×64×9.3mm154×73×8.8mm
質量135g146g
ボディカラースモーキーグリーン
ディープホワイト
ピュアブラック
アドバンスドブラック
対応OSAndroid 9 PieAndroid 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon™ 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
Qualcomm® Snapdragon™ 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
内臓メモリ
(ROM / RAM)
ROM 64GB/RAM 4GBROM 128GB(UFS Type)/RAM 6GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB対応非対応
バッテリー2500mAh3130mAh
ディスプレイ5.2インチ フリーフォームディスプレイ
ハイスピードIGZO 120Hz駆動
2280×1080ドット フルHD+
リッチカラーテクノロジーモバイル
6.2インチ
有機EL
1440×2992ドット WQHD+
リッチカラーテクノロジーモバイル
カメラメインカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
メインカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
USBUSB Type-CUSB Type-C
認証機能指紋認証
顔認証
指紋認証
顔認証
防水機能IPX5/IPX8IPX5/IPX8
ワンセグ・フルセグ非対応非対応
おサイフケータイ対応対応

 

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの違いを比較

 

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの違いは

 

  • 本体サイズ
  • 質量
  • ボディカラー
  • 内蔵メモリ
  • 外部メモリ
  • バッテリー
  • ディスプレイ

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの違いを比較していきます。

 

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの価格を比較

 

AQUOS R2 compact

76000円(税別)

 

AQUOS zero

92444円(税別)

 

↓↓SoftBankオンラインショップはこちらをクリック↓↓
 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの本体サイズ・質量・ボディカラーを比較

 

AQUOS R2 compact 131×64×9.3mm 135g
AQUOS zero 154×73×8.8mm 146g

 

本体サイズと質量は、AQUOS R2 compactの方が小さくコンパクトです。

その分、ディスプレイサイズも小さくなります。

ですが、AQUOS zeroは、6インチ以上で3000mAhを超えるスマホでは、最軽量になります。

ディスプレイサイズの大きさがどちらを選ぶか決め手の一つになりそうですね。

 

ボディカラーは、AQUOS R2 compactが、スモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラックの3色のラインナップになります。

それに対して、AQUOS zeroは、アドバンスドブラックの1色です。

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroのディスプレイを比較

 

AQUOS R2 compact 5.2インチ フリーフォームディスプレイ ハイスピードIGZO 120Hz駆動 2280×1080ドット フルHD+
AQUOS zero 6.2インチ 有機EL 1440×2992ドット WQHD+

 

ディスプレイは、AQUOS R2 compactがハイスピードIGZOでAQUOS zeroは、有機ELです。

AQUOSシリーズで有機ELが採用されたのは、AQUOS zeroが初めてです。

ハイスピードIGZOと有機ELどちらが優れているのか?

どちらの液晶もきれいですが、有機ELの方が優れています。

しかし、ハイスピードIGZOは、従来の情報量の60Hz駆動に比べ、2倍の情報量を表示します。

画面スクロールの時に残像を抑えてとても見やすくなっています。

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroの内蔵メモリ・外部メモリを比較

 

AQUOS R2 compact ROM 64GB/RAM 4GB microSDXC 最大512GB対応
AQUOS zero ROM 128GB(UFS Type)/RAM 6GB 外部メモリ 非対応

 

ハイスペックなだけあっては、RAM/ROMどちらも十分にありますね。

AQUOS zeroは、AQUOSシリーズ最大の容量です。外部メモリには、対応していませんが容量が大きいので問題ありません。

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroのバッテリーを比較

 

AQUOS R2 compact 2500mAh
AQUOS zero 3130mAh

 

AQUOS R2 compactのバッテリーの容量が2500mAhとちょっと小さいのが気になります。

ハイスピードIGZOは、省エネ性に優れているのでそれほど心配することはないでしょう。

必要に応じてモバイルバッテリーを持ち歩くのも良いかもしれません。

 

>>ソフトバンクオンラインショップでAQUOS R2 compactを購入する方はこちらをクリック<<

 

>>ソフトバンクオンラインショップでAQUOS zeroを購入する方はこちらをクリック<<

 

AQUOS R2 compactとAQUOS zeroを比較してみた!違いはどこ?まとめ

 

どちらの機種もコンパクトで使いやすそうですね。

 

コンパクトサイズだけどハイスペックで6インチの大画面のスマホが欲しい方は、AQUOS zero

デイスプレイの大きさにこだわりはなくハイスペックでとにかくコンパクトなスマホが欲しい方は、AQUOS R2 compact

 

どちらの機種もハイスペックモデルなので性能で選ぶのは、難しいです。

決めては、ディスプレイサイズにこだわりがあるのかないのかになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください