AQUOS R2のスペックと特徴をまとめてみた!!

今回は、AQUOS R2のスペックと特徴をまとめてみました!!

 

2018年の夏モデルとしてAQUOS R2がdocomo、au、SoftBankの各キャリアから6月8日に発売されました。

AQUOS R2は、シャープのフラグシップのハイエンドモデルなので、かなり期待できますね。

AQUOS R2は、前モデルのAQUOS Rから性能がかなり進化しています。

どれくらい進化したかAQUOS R2のスペックが気になりますよね。

 

 

AQUOS R2 スペック

 

本体サイズ74x156x10mm
質量181g
ボディカラープレミアムブラック
プラチナホワイト
コーラルピンク
対応OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon 845
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア)
内臓メモリ(ROM / RAM)ROM 64GB/RAM 4GB
バッテリー3130mAh
ディスプレイ6.0インチ フリーフォームディスプレイ
ハイスピードIGZO
WQHD+ (1,440 × 3,040ドット)
リッチカラーテクノロジーモバイル
カメラインカメラ:1630万画素 CMOS 裏面照射積層型
メインカメラ:2,260万画素 CMOS 裏面照射積層型
ドラマティックワイドカメラ:1630万画素 CMOS 裏面照射積層型
耐水・防水機能IPX5/IPX8
外部接続USB Type-C
イヤホンマイク端子(3.5φ)

 

十分すぎるスペックですね。3Dゲームや高解像度の動画視聴など快適すぎるぐらいサクサクと動きますよ。

価格は、各キャリアによって異なりますがdocomoだと9万5904円(新規・一括)です。

 

取扱説明書はこちらから

docomo版のAQUOS R2の取扱説明書はこちらからダウンロード
au版のAQUOS R2の取扱説明書はこちらからダウンロード
Softbank版のAQUOS R2の取扱説明書はこちらからダウンロード

 

 

AQUOS R2の特徴

 

 

AQUOS R2の特徴は、ディスプレイとカメラです。

AQUOSシリーズなので、ディスプレイは、もちろんですがAQUOS R2は、カメラにも注目です。注目の特徴をまとめました。

 

ディスプレイ

 

AQUOS R2は、AQUOSシリーズで最大の液晶画面です。

本体サイズは、5.3インチの前モデルAQUOS Rとほぼ同じですがAQUOS R2は、6.0インチにアップしました。

画面は大きくなっても持ちやすいままです!!

SHARP独自のIGZOディスプレイは、滑らかでハイスピード表示でしかも省エネです。

また、HDRに対応、のぞき見ブロックなどの機能も充実してます。

 

カメラ

 

AQUOS R2は、デュアルカメラを採用しています。

これがちょっと変わっていて静止画用カメラと動画専用カメラの組み合わせなのです。

これの何がすごいかというと高画質の動画と静止画を同時に撮影することができるのです!!

動画専用カメラのすごいところは、最大135°の超広角カメラにディープフォーカスを組み合わせているので、被写体が動いてもピントの合った臨場感のある動画撮影ができます。

静止画専用カメラは、2260万画素の高画質写真が撮れます。これは、スマートフォンAQUOS史上最高クラスの高画質ですよ。

簡単にキレイな写真が撮れるAIオートや高速で正確なピント合わせができるハイスピードAF、撮りたい被写体にピントを合わせるマルチAFにも対応しています。

インカメラは、1630万画素の高画質で広角レンズを採用しています。広角レンズで90°の広い範囲を捉えるので自撮りも数人で撮ることができます。

また、背景をぼかして雰囲気のある写真を撮ることもできますよ。

 

AQUOS R2を購入したらこちらもチェック!

AQUOS R2におすすめのケース!!しっかり保護できるスマホケースまとめてみた
AQUOS R2におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルムをタイプ別にまとめてみた!!

 

 

AQUOS R2のスペックと特徴をまとめました。

AQUOS R2は、SHARPのフラッグシップモデルです。

ハイエンドモデルでCPUは、Snapdragon 845を搭載していて高スペックです。

高負荷な3Dゲームを楽しみたい方や高画質の動画や静止画を撮影した方にはおすすめの機種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください